2016年12月01日

デロンギのマルチダイナミックヒーターWi-Fiモデルが快適で便利!

1.jpg
こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

寝室兼書斎では長年、デロンギのオイルヒーターを愛用してきましたが、一昨年の冬から、オイルヒーターの進化版ともいえる「マルチダイナミックヒーター」に切り替えています。

オイルヒーターのいいところは、エアコンのように風を吹き出さずに輻射熱で暖め、石油ファンヒーターのように燃焼系でもないため、「空気を汚さない(=換気の必要がない)、ホコリが舞い上がらない、空気が乾燥しない、音が静か、比較的低めの温度なので触ってもすぐに火傷をする心配がない」など。ただし、暖まるのに時間がかかったり、使い方によっては電気代がかかったりという弱点もあります。なるべくドアの開閉をしないで、コンパクトな空間で長時間使うのに向いているのですね。

そんなオイルヒーターの弱点を限りなく克服し、使い勝手をよくしたのが「マルチダイナミックヒーター」なのです。速暖性が高まったうえに、0.5度刻みで温度制御ができるなど、一度使うと手放せない感じです。

2.jpg


15歳と5か月になる長老の黒ラブ・大和が夜は同じ部屋で寝ているので、寒がりの大和のためにもマルチダイナミックヒーターは必需品なのです。

そのマルチダイナミックヒーターがさらに進化して、Apple TVを使うことでWi-FiでiOS端末(iPhone、iPad、iPod touch)でのリモート操作が可能になりました。

IMG_5145.jpg

専用のアプリをダウンロードすると、電源のオンオフやモード設定、温度設定などが簡単にできます。リビングにいる間に、寝室を暖めておきたいというときにも、手元のiPhoneで操作できるので便利です。初代モデルのマルチダイナミックヒーターではタイマー設定などが少々面倒でしたが、iPhoneを使えるようになって格段に使いやすくなりました。

appleのホームアプリとも連動していて、室温の確認や、ヒーターの動作状況をチェックすることができたりします。

IMG_5146.jpg
※クリックすると画像がおおきくなります

私はそこまでの必要性を感じていませんが、地図アプリと連携させることで、自宅の近くに帰ってくると自動で電源オンになる…というようなことまでできてしまいます。

IMG_5354.jpg

私はホームアプリで「ベッドルームにデロンギのヒーターを置いている」と設定してあるので、こんなふうに確認できます。

で、さらにおもしろいのは、siriと連携しているので、音声での操作も可能なんです。

IMG_5355.jpg IMG_5356.jpg

このことに気がついたときには、本当に「やったー!」と思ってしまいました。

少しずつIoTが日常に浸透していくのだなと感慨深い感じです。

Wi-Fi対応のものでなくとも、寝室や年配の方のお部屋、赤ちゃんが過ごす部屋などでは、マルチダイナミックヒーターおすすめです。ちょっと高いですが、それだけの価値があるなと思います。


2016年11月30日

電子雑誌「デジモノステーション2017年1月号」〜年末までに買って間違いない自慢の家電ランキング

kaden.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

電子雑誌「デジモノステーション2017年1月号」の巻頭企画、「自慢の家電ランキング」に登場しています。家電のプロ15人のうち、紙面ではトリを務めております。

以下、ディレクターの滝田勝紀さんからのコメントを掲載しますね。

------
<特集>
家電のプロ15人が
ガチで使っているモノだけ見せびらかします

年末までに買って間違いない
自慢の家電ランキング

近年、魅力的なシロモノ家電が続々と登場しています。でも、その数が多すぎて、実際どれを買ったらいいか、どの家電が自分に合うのかって分からないですよね? 今回本誌ではそんな皆様の悩みにお答えするために考えました。

現在それらに最も詳しいのは誰でしょう? 日々家電製品の取材を行い、検証しているこちらの15人の家電のプロたちです。今回は彼ら/彼女たちが、日々実際に使っている家電品を公開してもらい、どうしてその家電を使い続けているのか? その魅力をメーカーの顔色を伺うことなくランキング形式で語ってもらいました。

題して『自慢の家電ランキング』! 年齢性別編集部をまたいで、さまざまな家電のプロたちが使い続けているということは、それは買って間違いのないもの。これぞどこよりも正直な“真の買って間違いない家電カタログ”です!

〜15人の家電のプロたち〜

家電コーディネーター
戸井田園子さん

アスキー家電部
盛田 諒さん

ライター・家電プロレビュアー
石井和美さん

IT&家電ジャーナリスト
安蔵靖志さん

女優・タレント(元SDN48)・家電アドバイザー
奈津子さん

家電王
中村 剛さん

家電ライター
倉本 春さん

ドヤ家電老師
小口 覺さん

白物家電ライター
田中真紀子さん

カデンプラス主幹
近藤克己さん

価格.comマガジン編集部
高橋美幸さん

デジタル&家電ライター
コヤマタカヒロさん

家電Watch編集部
西村夢音さん

本誌ディレクター
滝田勝紀

家電コンシェルジュ
神原サリーさん

---------
私が自慢した家電5つはさて何でしょう?

お読みになりたい方は、下記からぜひ!
d'マガジンで読めます。

発売から4日目でdマガ男性weeklyで自慢の家電ランキング特集が1位(総合で3位)になったそうですよ。



2016年11月25日

【テレビ出演のお知らせ】明日11月26日、TBS「王様のブランチ」の新コーナーに出演します!

ousama.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

明日、11月26日(土)に放送のTBS「王様のブランチ」に出演します! 明日から始まる新コーナーの第1回、リポーターは齋藤明里ちゃんと高柳愛実ちゃんのお二人と一緒にビックカメラ新宿西口(小田急ハルク)店や、ハウススタジオでロケをしてきました。ご紹介するのはこの季節にぴったりの「加湿器」です。

インテリアとしても美しく、加湿能力にも優れているおすすめの5選(そのほかにもいろいろ)紹介していますので、お時間のある方はぜひ。たぶん午後の部の放送になるようです。



1.jpg
ご一緒したのは、こちらのお二人です! 可愛い〜

【家電Watch連載コラム】新生「東芝ライフスタイル」が新CMに込めた思いを石渡社長に聞く

2.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

11月から東芝の白物家電の新CMが始まったのを御存じですか? これまで東芝ライフスタイル社のCMキャラクターは優香さんと大泉洋さんのお二人でしたが、今回刷新されて、女優の満島ひかりさんが登場しています。

6月末に東芝の白物家電事業を扱う、東芝ライフスタイル社が中国・マイディアグループ(美的集団)の傘下に入ってから約5カ月。東芝の洗濯機や冷蔵庫、掃除機などの白物家電はどうなってしまうの?と不安に感じている人も多いと思います。

今回、新CMの放映が始まり、ブランドコミュニケーション戦略として「PINT!」が掲げられたのをきっかけに、3年ぶりに社長の石渡敏郎氏にインタビューをしました。


1.jpg


満島ひかりさんが演じる女性のバッグボーンのこと、新CMの演出を手掛けた方のこと、中国の美的集団のこと、これからのことまで多岐にわたってお話しをうかがいました。


記事内にリンクを貼っている、3分半のロングムービーもぜひご覧いただけたら幸いです。

そして、もう1つ、石渡社長が最後のほうに、「サリーさんがブログに書いていた、2001年発売のIH調理器の復刻版を出したいと思っています」ということを言っていますが、これは、私が今年の1月9日に書いたブログを指しています。


20001年発売のIH調理器は3つあるのですが、南部鉄器を使ったものまで15年前にすでに作っていたのですね。1月19日の記事に出てくるデザイナーの松本さんとは、その後、お目にかかる機会があり、その時にも復刻版の話で盛り上がりました。1つの記事が思わぬ波紋を呼んでいるようで、この先の展開がとても楽しみです。

石渡社長へのインタビュー、力作ですので読んでくださいませね。


4-c81bd-thumbnail2.jpg


posted by sally at 12:12| 家電Watchの執筆記事

2016年11月24日

【BUBU MITSUOKAに登場&コラム掲載】レトロモダンなビュートに恋をした

2016-11-24.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

ご縁があって、家電が専門なのに自動車関連のウェブサイトに登場させていただきました。富山に工場を持つ「光岡自動車」のBUBU MITSUOKAのサイト内の「ナレッジ!」という連載企画の第3回です。

今回、私が取材と試乗&コラムを執筆したのは、クラシカルなデザインの「ビュート」。1950〜60年代に英国で一世を風靡したジャガーのマーク2を模した「パイクカー」なのですが、その中身は日産のマーチだというから驚きです。外観はもちろんのこと、内装も購入者のオーダーに合わせて設えるため、1日に1台のペースで丁寧にてづくりされています。

そんなビュートの魅力を私なりに分析し、家電に引き寄せて、コラムにしました。そのタイトルは「レトロモダンなビュートに恋をした」。

さらに衝撃の告白をするなら、私は車の免許をもっていません。それなのに今回のようなお仕事をいただけたこと、本当にありがたく思っています。だからこそ、私にしか書けなかった世界観で語れたのかなと。心をこめて書いた記事をぜひお読みくださいませね。



IMG_0562.JPG

2016-11-24 (1).jpg