2016年08月20日

【Byronで毎日更新中!】機能が圧倒的なこだわりの家電20選

byron.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

美意識とセンスと、極端なまでに偏ったクリティークのコラム・マガジン…というキャッチフレーズの「Byron」(バイロン)というウェブマガジンをご存じですか?

8月のスペシャルコンテンツとして、「機能が圧倒的なこだわりの家電」を20製品ピックアップし、毎日1つずつご紹介しています。編集部からの取材依頼のポイントが「圧倒的な機能」ということでしたので、それを踏まえて、なおかつデザインなども美しいものを選んでいます。

空調関連から掃除機、キッチン家電、美容家電からほぐし家電まで、幅広く網羅してご紹介しています。短いコラムの中に、私が愛をこめて語ったエッセンスが詰まっていますので、ぜひ読んでいただけたらと思います。



こちらがトップページになりますが、今日までに掲載された個々の家電製品は以下にようになりますので、ぜひお読みくださいませ!

★第1弾

1.jpg


アトリエにも設置している富士通ゼネラルのエアコン「ノクリアX」です。




★第2弾

2.jpg

しなやかなコードを引き出すときから気分が上がる! 三菱電機のサイクロンクリーナー「風神」。


★第3弾

3.jpg


こちらはテスコムの真空ミキサーの新モデル「極鮮」。プロ仕様で大き目ですが、本当に魅力的です。


★第4弾

4.jpg


ソニーの超短焦点プロジェクター。イメージ写真もアトリエで撮影しています。


★第5弾

5.jpg


マツコの知らない世界でもご紹介したフジ医療器のフットマッサージャー「モミーナプロ プラス」。これもアトリエにあります。もう、本当に痛いんです。でも効きます。すごいんです。

引き続き、15アイテムがアップされていきますので、「Byron(バイロン)を毎日チェックしてみてくださいね。



2016年08月15日

あきらめていた汚れがみるみる落ちて楽しい!〜シャープの超音波ウォッシャー

c.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

9月15日にシャープから発売される「超音波ウォッシャー」を一足お先に使ってみました。これは毎秒約38,000回の超音波振動が、水を含んだ繊維の隙間に真空の泡を発生させ、泡が弾けるときに生じる強力なパワーで汚れを弾き飛ばすというもの。

たとえばワイシャツの衿汚れや、コートやジャケットなどについてしまったファンデーションや袖口の汚れ、帽子の汗じみや黄ばみなど、「あきらめていた汚れ」を落としてしまう『プラス1』の洗濯ツールなのです。

で、さっそく夫のワイシャツの衿汚れに使ってみました。

a.jpg


おわかりになりますか? 黒ずみ+黄ばみが横一線になっていて気になります。

衿の部分を水によく濡らして、超音波ウォッシャーの先を汚れの上においてなぞっていくだけで、おもしろいくらいにするするときれいになっていきます。真ん中の特に黒ずみが気になるところには液体洗剤を少し塗布してから何回かなぞったところ、ご覧のとおりに真っ白になりました。

b.jpg

わかりにくいという方は、それぞれの画像をクリックして拡大して確認してみてくださいね。

d.jpg

これが本体。先端の金属パーツを布地に当てて使います。水気をはじくように細かな泡がシュワシュワと出てるのがわかって、使うのが楽しいです。

USB充電で5時間で満充電、使用時間が30分なので、家庭で使うには十分かと思います。外出先でも使えるように、水を浸して布地を湿らせるのに役立つ、ケースとパフも付属していますが、私のイメージでは持ち歩いて使うものではなくて、洗濯機のそばに置いておいて、いつもの洗濯の予洗いに使ったり、全体を水洗いせずに部分洗いするときなどに使うもののように思いました。

今回の超音波ウォッシャーはパッケージにも力が入っていて、二重の扉のようになっています。

f.jpg

これが普通に箱を正面から見たところ。

e.jpg

こんなふうに開いて、中の本体が見えるようになっています。そして左の面には、メッセージが書かれています。

g.jpg

※クリックしてみてくださいね

こういう二重扉の採用やメッセージを書くようなことは、今までになかったとのこと。力の入れようがわかります。

ここで、たぶん皆さんが頭に思い浮かべるのが、昨年の春にアクアから発売された世界で一番小さな洗濯機「コトン」のことではないでしょうか。形状も似ていますが、汚れを落とす仕組みやコンセプトが全く異なるものだと私は思います。

・コトンは携帯して出張などの際に宿泊先でちょっとしたシミや汗汚れに使う「携帯式のミニ洗濯機」
・超音波ウォッシャーは、先ほども書いたように洗濯にこだわりを持つ人が、いつもの洗濯にプラスして使うと、とても便利な洗濯ツール。

……なのではないでしょうか。コトンは布地の裏側からたたいて、汚れをペーパータオルなどに移してきれいにする方式なので、比較的新しい汚れ向きかなと思います。もちろん、「衿汚れに洗剤をよく染み込ませる=予洗い」にも使えますが、超音波ウォッシャーのほうが、より洗濯上級者向けという感じ。コトンがサラリーマンや洋服を扱うスタイリストさん向けなら、超音波ウォッシャーは洗濯好きの主婦に喜ばれるのかなと。目に見えて汚れが落ちていくのは本当に楽しいですよ。

すでにシャープのサイトでは超音波ウォッシャーのウェブページが出来ているようです。


posted by sally at 17:10| 洗濯機のこと

2016年08月03日

【技術営業LEADERS連載】お盆の帰省に役立つ家電とは?

3.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

昨年から連載ページを持たせていただいている地域店向けの業界専門誌「技術営業LEADERS」(リック発行)。2016年8月号からページデザインが刷新されて、より伝わりやすくなったのではと思います。

1.jpg

ブルーをベースにとても明るいページになりました。

この連載の名前は「神原サリーの提案ネタは雑談から生まれる」というもの。地域店(街の電器屋さん)は、近所の人が集まる場所でもあります。そんなとき、季節など話題になりそうな切り口から、お客様とのコミュニケーションを深め、それが家電購入へとつながるようにイメージしてページを作っています。

4.jpg

8月号では、「お盆は実家に帰省するの」というお客様からの一言があったときに、話題を広げられるような提案ネタをご紹介しました。

2.jpg

車で帰省する場合なら、ぜひとも積み込んで活躍させたいのが、ケルヒャーの高圧洗浄機。外壁もコンクリートのたたきも、ベランダや網戸も、“大人の水遊び”気分できれいにすれば、ご両親に大喜びされること請け合いです。もちろん、車だってきれいになりますしね。

そのほか、LED電球に交換してあげるご提案や、お土産にするのにいい「親孝行家電」など。

5.jpg

思い出をプリントアウトするために、コンパクトな写真専用のプリンターがあれば盛り上がることでしょう。古いアルバムをデジタルデータとして蘇らせることができるOmoidoriというアルバム用のスキャナも便利です。

・・・そんなふうに毎号、私ならではの視点で雑談に役立つ「提案ネタ」を披露していますので、ご興味のある方は、ご購読くださいませね。地域店だけではなくて、量販店の店頭施策にも役だつと思います。





2016年08月02日

【家電Watchレビュー掲載】フィンランド発のLEDライト付き水耕栽培器「プラントゥイ」

38.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

7月に家電Watchにレビュー記事を書いたのをお知らせするのを忘れていました!


広尾のアトリエの玄関に置いている、このプラントゥイは、フィンランドで生まれた水耕栽培器。LEDライトがついていて、コンピュータ制御で光の照射や水の管理などもしてくれる、未来的な家電です。

写真はルッコラとターツァイを育てている様子で、少しずつ摘み取って食べられるのもうれしいポイントなのです。詳細はリンク先のレビュー記事を読んでいただくとして、このプラントゥイは、8月5日〜31日に開催される「インテリア×家電ライフ 2016・Tokyo Bedside Story」でも7階のコンセプトブースに展示されます。

インテリアとしても美しく、グリーンに心が癒されるプラントゥイは寝室にもぴったり。LEDライトはけっこう明るいのですが、1日8時間は「夜」として消灯できるので、自分が寝る時間に合わせて「夜」を設定しておけば、明るくて眠れないという心配はありません。実際はどんなものかしら・・・と思われる方、ぜひ大塚家具の新宿ショールームにお運びくださいませね。7日の日曜日には、私のトークイベントも11時〜、14時〜、17時〜の3回開催されます!!!!!


ちなみに、ルッコラとターツァイの後、アトリエでは、食用花のビオラを育てています。ルッコラに比べて、生長のテンポがゆっくりですが、少しずつ大きくなる様子を見るのが楽しみ。この先、花が咲くのが待ち遠しくもあります。


1.jpg


2.jpg







posted by sally at 18:57| 家電Watchの執筆記事

2016年08月01日

【AllAbout掲載コラム】あえて夏だからこそ使いたい“あっつ〜い”家電

1_s.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

半年ぶりくらいにAllAboutにコラムを執筆しました。全然、原稿が書けていないのに、いつも気にかけてくださっている担当編集者の方と雑談しているときに、「夏だからって、冷たいものばかり食べていては体によくないし、おまかせでOKの調理家電を使うといいことばかりなのよ」という話をしていたら、「それ、いいですねー。ぜひ書いてくださいよ」ということで、形になった内容です。


3_s.jpg

冒頭の写真のヘルシオ ホットクックのほか、タイガーのIHスーププロセッサーや、象印マホービンの圧力IHなべ 煮込み自慢など、食材や調味料をセットしたら、あとはほったらかしでOKの調理家電なら、キッチンにこもっていなくていいので、準備も楽々、ガスのように火を使わないので、放射熱が出ないのもいいところです。

5_s.jpg
そのほか、胃腸が冷えがちで疲れもたまりやすい夏におすすめなのが、「豚しゃぶ」なんです。ビタミンB1を豊富に含んでいるので、疲労回復にぴったり。しかも食材を準備するだけで、あとは食卓で調理できるのが鍋料理の魅力。

卓上のガスコンロでなく、IHクッキングヒーターを使えば、熱さもやわらぎ、室温を高めるのを抑えることができます。豚しゃぶに合うのが、今が旬のレタス。サッとお湯にくぐらせて食べると本当においしくて1玉ペロリと食べられてしまうくらい。〆には、日本蕎麦が合います。

アイリスオーヤマのIH式 焼肉プレート&鍋がいいのは、専用の浅鍋と焼肉プレートがついているところ。専用のものをつかったほうが、やっぱり熱効率もよく、お湯が早く沸いてストレスなく鍋料理が楽しめます。


6_s.jpg
「あつい家電」は調理家電だけではありません! スチームクリーナーを使えば、床のベタベタ汚れもすっきりとして、洗剤なしで除菌も。
ケルヒャーのスチームクリーナー SC1クラシックは、コンパクトサイズで使いやすいのでおすすめです。

そのほか、ダニ対策のためにも、汗でしめったふとんをさっぱりと乾燥させる布団乾燥機もこの時期、使いたいものの1つ。三菱のフトンクリニックは、その名のとおり、本格的なふとんのケアができる1台です。

7_s.jpg

ということで、詳しくは、AllAboutの記事をぜひお読みくださいませね!


posted by sally at 18:37| All Aboutの執筆記事