2008年12月29日

ヘルシオのあたため機能のこと。

こんにちは。sallyです。
 
シャープのウォーターオーブン「ヘルシオ」は、使ってみた人や食べてみた人でないと、どんな使い方をして、どんな料理ができるのかがわからないのでは・・・と思って、今まで3回に分けて、実際に体験してきた様子などをレポートしてみましたが、たぶん多くの人がまだわからないことの一つに、あたため機能があると思います。
 
初代のヘルシオは、新技術「ウォーターヒート技術」というもののよさをぜひ伝えたいという思いや、普通のオーブンレンジとは違うということをアピールしたくて、レンジ機能を搭載していなかったそうですが、「ヘルシオ」と「電子レンジ」を2台置く場所はないのでぜひレンジ機能も搭載してほしいという希望が多く、2代目からは「ウォーターオーブン」機能に加えて、普通のレンジ機能もつくようになっています。
 
いわゆる「調理」ではなく、買ってきたものや、さめてしまったものを「あたためる」機能が、ヘルシオに実は4つあって、それを使い分けることでさらに便利においしく食べることができるんです。
 
★レンジあたため
短時間でごはんなどをあたためる機能。おなじみですね。
 
★さっくりあたため
ヘルシオならではのウォーターヒート技術を使って、天ぷらやフライ、焼き魚などをさっくりとした食感であたためます。こうしたさっくりあたためをしたい場合も自動メニューから選べるので、難しい設定をする必要はなし。
 
★スポットスチームあたため
スチームを集中噴射し、少量の食品のあたためを、すばやく行います。缶詰も缶のままでOKだし、豚まん(肉まん)などもしっとり&スピーディーにあたためます。
 
★しっとりあたため
しゅうまいや茶わん蒸しのあたために、たっぷりとスチームを使って行います。
 
それと、もう1つ。シャープの担当者のお話をうかがいつつ、メニューブックをめくっていたら、「ゆで卵&冷凍ごはん&レトルトカレー」なんていう項目があって、びっくり!
 
「なんです? この一人暮らしにおすすめセットみたいなやつは!」と思わず叫んだら、「ウォーターヒート技術は、直接ヒーターで熱を加えて焼くわけでもないし、レンジあたためでもないので、冷凍ごはんをふっくら温めながら、ゆで卵を作り、レトルトのカレーをあたためるという作業が1つの天板で同時にできるんですよ。もしかするとヘルシオの特徴がいちばんわかりやすい例かもしれませんねぇ」とのこと。
 
curry_healsio.jpg 
 
だって、こんなふうにしていいんですよ。天板(角皿)の上に調理網をのせて、そこに卵、レトルトカレーのパック、ラップをはずしたごはん(ラップは調理網の上に敷いておく)を並べて、18分。
 
スピードが大事という向きには、18分は長いと感じるかもしれないけれど、小鍋でゆで卵を作りつつ、その鍋に途中でレトルトカレーを投入してあたため、一方レンジでは冷凍ごはんをあたためる…という作業をすることを考えると、そんなに時間的には変わらないかもしれません。
 
ちなみに、上の3つを解凍&調理したい場合は、自動メニューの「ゆで・蒸し・煮物」の中から「レトルト食品」を選び、しっかりコースでスタートをすればいいそうです(詳細はレシピブックに載っています)。
 
 
 
 

「ヘルシオ」の調理体験記〜Vol.3

こんにちは。sallyです。
 
シャープウォーターオーブン「ヘルシオ」(AX-X1)での酢豚づくりに続き、1度に主菜・副菜など2つの異なるメニューができてしまうという「セットメニュー」の中から、「鶏のごまだれ焼き&和風焼き野菜」も体験してきましたので、ご紹介します。
 
最初に出来上がりの盛り付け例を見せてしまいましょう。
 
healsio_10.jpg
 
いわゆる照り焼きに白ゴマをまぶして風味を加えた鶏肉と、しょうゆベースのたれに漬け込んだレンコン、里芋、タケノコなどの根菜とオクラを焼いたもの。火の通り具合など、いっぺんに焼いてしまった場合はどうなるのだろうと思ったのですが、ジューシーな鶏肉と、適度に歯ごたえの残る野菜は、誰にでも好まれるような仕上がりになっていました。

 
 
続きを読む

2008年12月28日

「ヘルシオ」の調理体験記〜Vol.2

こんにちは。sallyです。
 
排気ダクト内蔵で上部の空間は10センチでOK、左右には5センチの空間が必要だけれど、背面を壁につけて設置できるようになったことまで説明して終了した「ヘルシオ」(AX-X1)の話の続きです。まずは酢豚から…と言っておきながら、酢豚の話に到達しないままで、すみませんでした!
 
healsio_2.jpg
 
こちらは、調味料で下味をつけた後、片栗粉をまぶした豚肉です。下味&片栗粉の作業は、ビニール袋内で行うと手軽だし後片付けも簡単。天板(角皿)には調理網をのせて豚肉を置いています。角皿に肉の脂分などが下に落ちるのでアルミホイルを敷いておくといいとのこと。
 
healsio_1.jpg
 
こちらは、もう1枚の天板。アルミホイルを敷いた上に、玉ねぎ1個分をくし切りにしたものを並べ、隣には耐熱容器を。で、この中には、調味料、片栗粉のほか、パプリカ、ピーマン、干しシイタケ、タケノコの水煮など、豚肉と玉ねぎ以外の材料がすべて入っています。
 
ここまでで、準備は完了。さっきの豚肉の天板を上段に、玉ねぎ+耐熱容器のほうを下段にセットしたら、自動メニューの「酢豚」を選び、さらに「1〜2人分」「3〜4人分」の中から、合うものを選んでスタートボタンを押します。


 

続きを読む

2008年12月27日

「ヘルシオ」の調理体験記〜Vol.1

ax-x1-r.jpg
こんにちは。sallyです。
 
水で焼くオーブン、ウォーターオーブン、過熱水蒸気を使ったオーブン…さまざまな言い方はあるけれど、シャープの「ヘルシオ」が2004年に登場してから早くも5世代目を迎えています。家電量販店のキッチン家電コーナーでも週末になると実演をしているのを何度も見かけていますが、店頭という理由もあってか、焼き芋だったり、とうもろこしだったりと、なかなかちゃんとした料理を作っている様子や、その味を確かめる機会がないのが残念でした。
 
確かに脂分や塩分が抜け落ちてヘルシーな料理が作れるらしいけれど、調理時間はどれくらいかかるものなのか? 店頭で質問してみても「すべてオート調理ですから、時間の心配はありません」。…いや、そういうことじゃなくて、調理時間がどれくらいなものなのかを知りたいということで聞いたのに…なんていうこともしばしば。
 
それに、「ヘルシー料理≠あんまりおいしくない」というイメージがなきにしもあらず(ごめんなさい)。どんなに健康的でもおいしくなければいやですもんね。それに2つのメニューを同時調理できるセットメニューって、どうやって作るの? 自分の作りたい料理や分量に合わせて、応用がきくものなの? 
 
などなど、疑問点は数知れず。そうした折に、「一度、ヘルシオの調理体験をしてみませんか」とシャープの方からお誘いいただき、念願かなって「ヘルシオで調理して、試食する」という機会に恵まれました。
 
さて、この日に作ったのは、「酢豚」「鶏のごまだれ焼き&和風焼き野菜」。2台のヘルシオを使っての同時進行で行いました。
 続きを読む

2008年12月26日

帰省土産にデジタルフォトフレーム〜写真をプリントしないで楽しむ〜

こんにちは。sallyです。
 
23日の天皇誕生日のこと、仲良しの友人(だけど、うーんと年下です)と久しぶりに会い、ランチのひとときを楽しみました。そのときに、彼女がこんなことを言っていたんです。
 
「Sallyさん、この間、父に贈り物をしたのですがこんなに喜ばれたものはないっていうくらい感激されたんですよ。なんだと思います? デジタルフォトフレームなんです!」
 
最近、人気だとは聞いていたけれど、そんなに感激された理由は何? 詳しく聞いてみたところ…
 
  • 今までデジカメで撮った画像のプリントを娘に頼んでいたが、そのたびに申し訳ない思いになっていた。
  • その理由は、「パソコンを立ち上げて画像を取り込む。プリンターのあるところまでパソコンを持っていき、何やら操作した挙句に、やっと写真が出来上がる」という一連の作業がとても大変なものに見えていたから。
  • かといって、カメラ屋さんなど、印刷をしてくれるところにもっていっても、たくさん撮った画像の中から印刷したいものを選んでお願いするというのは、とても面倒。
  • ・・・しかも、デジカメの液晶画面で見るものよりも、プリントしたもののほうが画質が悪く見えて、気に入らない。


などなどの理由で、デジカメで撮った画像をあらためて見直して楽しみたい、みんなにも見せたいと思っても、なかなかその手立てがなくて、つまらないなあと思っていたとのこと。彼女はまだ30歳くらいなので、お父様も還暦前後なのではと思われますが、デジタルカメラでの撮影にはようやく慣れたものの、プリントというのが大きなハードルになっていたもようです。
 
では、どうしてそんなにデジタルフォトフレームが気に入ったのでしょう?

 
 
続きを読む

2008年12月25日

エアコンの上手な使い方、知っていますか?

nocria_1.JPG
こんにちは。sallyです。


エアコンについての取材で富士通ゼネラルの技術者の方にお会いしました。富士通ゼネラルのエアコンといえば「魔法使いサリー」のサリーちゃんでおなじみの『ノクリア』ですが、つけてすぐに暖まるスピード暖房や高い省エネ性など“暖房もエアコンで”と考えているご家庭には、特に魅力的な機種だと思います。


今年2月に発表された2008年タイプでは、室内機の高さがわずか25センチで、カーテンレールの上にも設置できるという点に驚きの声があがりました。ここにきてようやく省エネかつコンパクトというものが、各メーカーから出てきていますが、「これはいい」と思っても、それまでエアコンがあった場所には設置できないというものも多かったのが現実でした。省エネ性&快適性に優れたものを、どんな部屋にも設置できるのは本当にうれしいことだと思います。


で、今日の本題の「正しいエアコンの使い方」


話の中で、「エアコンで部屋が暖まるとすぐにスイッチを切ってしまう人が多い」ということが出て、「いや、実はうちの奥さんも『もったいないから消しますよ』と言ってすぐに消して、ちょっと部屋が寒くなってくると、またスイッチを入れるんですけど、これじゃあ、なんのためのインバーターエアコンだかわかりゃしない」…と技術部のT氏。


ここで、「インバーターエアコンってなんだっけ?」という方のために簡単に解説すると…


暖房で20℃に温度設定した場合、インバータ制御のないエアコンでは、室温が20℃以上になると電源が一度オフになり、また20℃以下になると再び電源がオンになるというように、20℃を境にオン、オフを繰り返す動作をしています。そのため、設定温度に対する室温の上下幅が大きく無駄な電力を消費してしまいます。一方、インバータエアコンではオン、オフを繰り返すことなく、オンの状態のままで一定の温度に保つことができるんです


 

続きを読む
posted by sally at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | エアコンのこと

2008年12月21日

エネループバイクは走り始めでもふらつかない両輪駆動

eneloopbike_6.jpg
 
こんにちは。sallyです。
 
昨日に引き続きエネループバイクのことを再び。創エネ、畜エネ、省エネのエネループバイクですが、私が今回「へー」と思ったのは、道路交通法の改正によってモーターのアシスト力が高まったこともだけでなく、両輪駆動だということ。
 
といっても、自転車に詳しい方でなければいま一つピンとこないかもしれませんね。実は、普通の自転車は後輪駆動方式で、こいだ力はあくまで後ろにかかるだけです。前輪は駆動力がない状態で、回転しているだけなんです。
 
 ほら、だから前ブレーキだけをかけて止まると危ないと言われるでしょう? それに、特にこぎ始めは、ハンドル側(つまり前輪)がなんとなく左右にぶれて、ふらふらしたりしませんか?
 
エネループバイク後輪はペダルをこぐ人力による駆動前輪はモーターによる駆動という「両輪駆動方式」なので、前後のタイヤがそれぞれ路面をしっかりととらえるため、走行時の安定感が高く、スムーズに走りだせるのだそうです。
 
特に前かごにたくさん荷物を積んでいるときなど、ふらふらしがちですが、こいだ瞬間からスーッとなめらかに走りだせるというのはうれしいなと思います。このこともぜひお伝えしておきたくて、2日エネループバイクの話題になりました。
 
 
 
 
posted by sally at 12:36| Comment(2) | TrackBack(2) | 省エネとエコロジー

2008年12月20日

“創エネ、畜エネ、省エネ”のエネループバイク

eneloopbike_1.jpg
 
こんにちは。sallyです。
 
12月1日に開催された、三洋電機「電動ハイブリッド自転車 エネループバイク」の発表会に出席しました。発売は2月上旬ということですが、12月1日付で施行された道路交通法施行規則の改正に合わせてこの日の発表となったようです。
 
改正された内容とは「電動自転車のアシスト比率を従来の1:1から最大1:2まで可能にする」というもの。つまり、人の力1に対して、モーターの力を2にしてもOKということで、これまでよりもモーターが助けてくれるパワーが大きくなったため、坂道などでもより快適に、負荷が少ない状態でこぐことができるのです。
 
eneloopbike_5.jpg
 
ほらね、表で比べるとわかりやすいでしょう? 
 
エネループバイクでは、この新基準に対応したパワーアップモードを搭載しているため、脚力が弱くてこぎ出しがスムーズにいかなかたり、自転車を運転しているときにふらふらしてしまう人でも安定感のある走りができるとのことです。
 
eneloopbike_4.jpg
 
デザインはごくごく普通の感じ。今、乗っている自転車からスムーズに乗り換えできるようなデザインです。
 続きを読む
posted by sally at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 省エネとエコロジー

2008年12月19日

キアヌ・リーブスも注目の「太陽光発電」

cinema.jpg
 
こんにちは。sallyです。
 
LGエレクトロニクスの携帯電話L-01Aとの共同プロモーションを展開している「地球が静止する日」の記者会見に出席したことを先日お知らせしましたが、ある記者から「地球を大切にするためにどんな省エネ活動を心がけていますか?」という質問がされました。
 
この映画のテーマは『人類による地球破壊』。なるほど、もっともな質問です。
 
キアヌ・リーブス「リサイクルはもちろんだけれど、ソーラーパネルを使っているよ。ジャングルの保存も大切だね」というようコメントをしていました。そうか、キアヌ・リーブスの家では太陽光発電をしているのかと何だか感激した私。そういえば…夏に三菱電機オール電化関連の発表会に出席したときに、業界最大の出力185Wの太陽電池モジュールのことについて、担当者の方からお話をうかがったことを思い出しました。
 
 
 mitsubishi_solar_1.jpg
 これは何かというと、太陽の光を取り込む「太陽電池モジュール」。屋根の上にこのパネルを設置して、太陽の光をできるだけ多く取り込めるような工夫がされているそうです。

 
ところで、なぜ太陽光発電が注目されているかというと、太陽光発電システムは、発電の際に地球温暖化や酸性雨の原因となるCO2などを出さないクリーンエネルギーだから。 発電した電気が余った場合は電力会社に売り、電気が不足した場合には、これまで通り電力会社から買うことができるので、電力の安定供給を確保しつつ、発電した電気を無駄なく活用することができるシステムになっています。
 
 続きを読む
posted by sally at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 省エネとエコロジー

2008年12月18日

「地球が静止する日」×LGの携帯「L-01A」

LG_1.jpg
 
こんにちは。sallyです。
 
昨日、グランドハイアットで開かれた「地球が静止する日」の出演者たちの記者会見に出席してきました。キアヌ・リーブス、ジェニファー・コネリー、天才子役と評判のジェイデン・スミス、そして監督のスコット・デリクソンという顔ぶれで、私もわくわく。上の写真は、会見が始まる前の会場です(うっすらイスが見えるでしょう?)。
 
でも、どうしてこの私がキアヌ・リーブスの記者会見に参加できたかというと、実は、この「地球が静止する日」の中で使われている携帯電話LG社のもので、12月末にドコモから発売予定のL-01Aとはモバイル・パートナーとして、映画とのコラボレーション企画を実施。共同プロモーションを行っています。…というわけで、LGエレクトロニクス側のご招待で、今回の記者会見に出席させていただきました。 

image001.jpg


今回のL-01Aの最大の特徴は、タッチパネルで感覚的に操作ができることはもちろん、前回発売されたプラダフォン同様、強化ガラスを使って耐久性を高めている点にあります。その分、若干重い感じはするけれど、美しく堅牢な強化ガラスは、今回の映画のイメージにもぴったり。最近は携帯電話を頻繁に機種変更しないで、1台を長く使う傾向にあることや、スライド式&タッチパネルのためにむき出しの液晶を守るために強化ガラスを使っているとの説明に納得しました。
 

 

続きを読む

2008年12月16日

さくらやの紙袋、かわいい!

sakuraya-bag.jpg
 
こんばんは。sallyです。
 
先日、家電量販店でパンフレットを集めると重いので…ということを話題にしたときに、女性にも人気だという「さくらや」の紙袋のことを書きましたが、今日、私も越谷レイクタウン店にて実物をもらうことができて、うれしくなりました!
 
今日は家電関連1つ、違う分野の専門誌のものが2つ、合計3つの取材があったので(今回のは受けるほうではなく、私が取材をする立場)、インプットされるものが多すぎていっぱいいっぱいだったのですが、せっかく足を運んだ越谷レイクタウン。確か、ノジマさくらやがあったはずだと思って、帰りがけにどちらにも立ち寄ってきました。
 
さくらやでは、プリンタ用の紙ラベルを購入したところ、最初はビニールの袋に入れようとしたのだけれど、「すみません! こちらの紙袋がかわいいと聞いたので、紙袋に入れてもらえますか?」とお願いしたら「おお! そうですか、それではこちらをどうぞ」と入れなおしてくれました。我がままに笑顔で対応してくださった販売員の方に感謝です。
 
この紙袋のデザインは、さくらやの新しいキャラクター「サクレツ君」をモチーフにしたものなのですね。茶色のベースにピンクの柄がいい感じです。私のお財布には、さくらやのポイントカードも仲間入りしました(うーん、これで、ほぼすべての家電量販店のカードがそろった感じです…まっ、どこでも気がときに買い物OKということです。仕事柄、どこか本当にいろいろな家電量販店に出かけるので1つに決めて効率よくというのは無理ですね。。。)
 

2008年12月15日

寒さ本番、カイロの出番ですね!

eneloopkairo.jpg
 
こんにちは。sallyです。
 
12月の半ばになって「師走」という言葉が身にしみて感じられるようになりました。朝晩の冷え込みも増してきて、冬本番を感じさせられます。
 
この時期、コートのポケットなどに忍ばせておきたい心強い味方がカイロ! 使い捨てカイロの便利さも否定できませんが、繰り返し使える「エコ」なカイロと言えばやっぱりエネループカイロですよね。
 
9月初旬に開かれたエネループ商品群の発表会にも参加したので、今年初登場の「エネループが使えるカイロ」のことは知っていたのですが、ここのところ連日話題にしているエコプロダクツ2008三洋電機のブースでも、販売企画課のF氏にいろいろとお話をうかがってきました。
 
「エネループカイロなのに、電池のエネループが使えないことや、カイロの片面しか温まらないことに対して多くのご意見をいただいていました。それを解消したのが、今年お目見えしたエネループカイロです」とF氏。
 
単三のエネループ電池を2本入れて使うこの新しいエネループカイロは、四角いフォルムながら、手になじむし確かに両面ほどよい暖かさで「これはいい!」と実感できます。そんな話をしている脇から、私と同年代と思しき男性が「今までのやつには心が響かなかったけれど、今回のはいいなと思って買いに行ったら売り切れなんだよ。もっとたくさん作ってほしいね」と。
 
予想以上の売れ行きで特に男性に人気なのが特徴だそうで、お店によっては品切れになっているところもあるのだとか。でも、「ちゃんと探せばあるところにはあるはずなんで…。ただし、季節商品なので人気が出たからと言って増産というわけにはいかないのが辛いところです。」と先のF氏の弁。
 
でね、今回、発表会のときには気がつかなかったいいところを発見したんです。この新しいエネループカイロは、購入当初から単三のエネループが2本セットされていて、すぐに使えるんですが、使用後に充電したいときには、手持ちのエネループの充電器で充電する必要があるのかな…と思ったら、ちゃーんと充電用のアダプターがついているんですね!
 
もちろん、エネループの充電セットを別に準備しておいたほうが、予備の電池を充電しておくこともできるし、他の用途で使うときにも便利だけれど、「今回、エネループを買うのが初めて」という人なら、冬場はエネループカイロとして使い、カイロの必要がない季節には、エネループカイロの中に電池を入れて充電することで、単三電池の充電器として使うこともできるというわけ。
 
「わー、便利ですねぇ、よく考えてありますねぇ」と感激していたら、F氏からは、「よく気づかれましたね! 弊社としては大きな声で推奨できないんですが、あくまでもカイロですし。でも、そうした使い方もできるというのも本当でして。だから、以前のものよりも1000円高い4900円という価格でもご満足いただけるかなあと思うんですよ」とのコメント。
 
ちなみに私は昨年購入した、ピンクのエネループカイロを今年も愛用しています♪ (落としにくいようにバーバパパのマスコットを、ストラップがわりにつけてます)
 
eneloopkairo_2007.jpg
posted by sally at 22:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 省エネとエコロジー

2008年12月14日

「モーターの日立」が作り出した仕上がり感がよくて省エネのドラム式洗濯乾燥機

hitachi_3.jpg
こんにちは。sallyです。
 
突然ですがあなたは外干し派ですか? それとも部屋干し派?

それとも乾燥機を使っている?
 
あ、今日の話題は洗濯機のことです。洗濯機を選ぶときの一番のポイントは、干し方にあるのではと思っています。だって、断然、外干し派という人なら、いくら予算があろうが、洗面所が広くて置き場所に困らなかろうが、タテ型の全自動タイプでOKだと思うんです。天気の悪い日や、急ぎの洗濯ものがあるときのために、乾燥機能がついているほうが便利だし、価格は高めだけれどインバータータイプのものを選んだほうが運転音や振動も少ないので快適に洗濯ができますよ…というアドバイスはしてあげるけれど。
 
でも、「昼間は仕事に出ているので外干しは無理。狭い室内に洗濯物をつりさげておくのはうっとうしいので、乾燥機能を重視したい」という人には、ドラム式洗濯乾燥機をおすすめしたいなと思います。
 
で、数あるドラム式洗濯乾燥機の中から選ぶときのポイントは何だろうというと、やっぱり洗濯から乾燥までを電気を使って行うわけですから、省エネ性に優れたものがやっぱりいいですよね。電気代もそうだし、水道代にも響いてくる…
 
そうした観点からみていくとき、これまでは、パナソニック(ナショナル)東芝から出している「ヒートポンプ式」の乾燥方式を採用しているものが消費電力の点でとても優秀だったのですが、この秋、日立から発売された「ヒートリサイクル風アイロン ビッグドラム」は、ヒートポンプ式じゃないのに、ほぼ同じくらい省エネ性に優れていて、あの「風アイロン」でシワを伸ばしてくれるから、仕上がりもきれいだと聞いて、興味津津だった私。あいにく発表会に出席できなかったため、エコプロダクツ2008で詳しい説明をうかがうことができてよかったです。

 
 
 続きを読む
posted by sally at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 洗濯機のこと

2008年12月13日

「家電のエコ」について考える

3R_kaden.jpg
こんばんは。sallyです。
 
「エコプロダクツ2008」は、本当にものすごい人出で、世の中のエコへの関心の高さにあらためて驚かされました。「蛍の光」の音楽が流れるまでじっくり粘って会場にいた甲斐があったというか…本当にたくさんのことを知り、たくさんのことを考えるよい機会を与えられてよかったなあと思います。私の質問攻めに丁寧にご対応くださった方々、名刺交換させていただいたたくさんの方々に感謝しています。
 
さて、エコプロダクツ2008で得た、あれやこれやは追々ご紹介していきますが、まずは一番興味深かった経済産業省のブースのことから。
 
経済産業省とか家電リサイクル法などと聞くと、何となくお堅いイメージがあって「エアコン、ブラウン管テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機を新しく購入する際には、これまで使っていた製品を引き取ってもらうときに、リサイクル料金を払わなければいけない」っていうあれね…という程度の認識しかない人が多いのではないかしらと思います(※来年4月1日から薄型テレビ衣類乾燥機も対象品目に加わります)。
 
「家電リサイクル法」そのものについては、またあらためて説明の機会をつくることにしますが、経済産業省のブースでは家電リサイクル法の説明だけでなく、家電リサイクルシステムの中で、より資源の有効活用ができるような取り組みについて細かく展示されていて、なるほどなあと思いました。
 
というのは、私の中では、「家電のエコ=省エネ」だと理解しているし、まずはそこから広めていかないことには、なかなか家電とエコとを結びつけて、エコな家電だから購入するというところまでもっていくのは難しいのではないかと常々考えているから。電気を使う量が少ないのだからCO2の排出量も少ない、だからエコ。しかも電気代が安くなってお財布にもやさしくてうれしい…そんな流れで家電とエコを結びつけるのが自然ですものね。
 
でも、「エコな家電=環境に配慮した家電」と置き換えて考えると、省エネ以外の部分についても一度目を向けて考えてみたいなと思っていたところなんです。たとえば、リサイクルしやすい素材で作られているとか、プラスチックだったら再生プラスチックを使用しているとか、あとは壊れにくくて長持ちする…なんていうのも無駄に買い物をしなくて済むという意味でもエコですよね。
 
そうした、省エネ以外の部分でも環境に配慮して作られた家電が今、とても増えているのだそうです。びっくりしたのは、家電業界独自のリサイクルマークが作られていて、「プラスチック部品に金属が埋め込まれていることを示すマーク」とか、「コンプレッサーの冷媒封入パイプの向きを示すマーク」とかが、普段私たちが使っているときには見えない場所についているということ。これは、リサイクル作業時に、解体をスムーズにするためにつけられているものなんだとか。
 
使う人には直接関係のないところでも、実は着々とエコへの取り組みが進んでいたのですね。
 
  
canon_eco.jpg


ちなみに、包装材を減らすというのもエコへの大きな取り組みで、環境産業省でも推奨しています。たとえば、キヤノンのブースで紹介していた「デジカメの箱がこんなにコンパクトになりました」というのが、まさにその代表例。 
 
デジカメそのものの大きさはそんなに変わっていないけれど、説明書をぐっと簡略化して、詳細は付属のCDをダウンロードする…という方法によって情報をデジタル化することで、資源の節約に貢献しています(取扱説明書がコンパクトな1冊にまとめられたことは、エコというだけでなくて、使いやすさとしても優れているかも。だって、分厚い説明書だとどこに何が書いてあるかわかりにくいし、読みづらいですものね)。 
 
 

posted by sally at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 省エネとエコロジー

2008年12月11日

今日から3日間「エコプロダクツ2008」!

eco2008.jpg
 
こんにちは。sallyです。
 
今日から3日間、東京ビッグサイト「エコプロダクツ2008」が開催されます。今回が10回目の開催になるとのこと。私も明日は終日、ビッグサイトで過ごす予定。エコに関する製品や技術の展示だけでなく、暮らし方の提案などもされているらしいので、とても楽しみにしています。東京駅の丸の内南口からは10分間隔で無料送迎バスも運行されるので、ビッグサイトまで行きやすいのもうれしいですね。
 
そうそう、冒頭の画像ですが、エコプロダクツ2008のサイトから「来場者事前登録」ができるのですが、携帯サイトから行うと、キャラクターのかえるくん(エコぴょんっていうんですって)の待ち受け画面がダウンロードできたり、スタンプラリーに参加できたりという特典があるんです。
 
何を隠そう、この私は大のかえる好き! それでさっそく携帯サイトで事前登録をし(入場がスムーズになるバーコードリーダーが発行されます)、エコぴょんを待ち受けにしてみました。私のデスクに置いてあるピクルスのかえるのぬいぐるみと一緒にパチリと記念撮影をしたというわけ。この待ち受け画面、静止画像じゃなくて、首をふったり、ウインクしたりとなかなか凝っているのでかわいくて癒されます♪
 
明日は、おもに家電メーカーさんの展示コーナーを回る予定ですが、午後1時からは、会議棟7Fの国際会議場で開催されるシンポジウム「女性が考えるエネルギーの未来」にも参加してきます。
 
エコプロダクツのレポートは、今週末にでもアップしますのでお楽しみに。
 
エコプロダクツ2008 公式サイト  http://eco-pro.com/
 
posted by sally at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 省エネとエコロジー

2008年12月10日

パンフレットは重くてかさばるので…

deodeo.JPG
 
こんにちは。sallyです。
 
先日、来年1月末に発売される雑誌で「女子家電」の特集ページを組みたいとのことで、取材を受けました。「女子家電」という切り口もなかなかユニークだし、どんな誌面構成になるのだろうと楽しみにしていたら、担当編集者やライターさん、デザイナーさん、カメラマンさんの総勢4人でいらっしゃって、楽しい時間となりました。
 
で、編集担当者のSさんがいうには、今回の特集の準備をするにあたって、家電量販店に行ってたくさんのパンフレットをもらってきたとのこと。
 
「いろいろなメーカーさんのを集めるとあっという間にものすごい量になって、かさばるし重いしで帰りが大変でした!」
 
わかります、その気持ち。私もいつも山ほどのパンフレットに四苦八苦していますから(そのために私のバッグはかなり大きいんですけどね。仕事の資料その他荷物が本当に多いので)。
 
今回の取材の中でも「家電量販店に行くのを毛嫌いしている女性が多いかもしれないけれど、たとえネットで買うとしても、家電量販店をショールームのように利用して、買おうとしている家電に触れてみたり、使い勝手はどうなのかを確かめてみたり、販売員さんにいろいろと話を聞いてみたりすることは、とても重要。だって一度買い物をしたら、8年から10年もの間使うんですものね。後悔しない買い物をしたいでしょう?」という話をしたのですが、パンフレットがかさばって持ち帰りにくいというのは、なんとかならないものかとちょっと思ったりします。
 
何か買い物をした場合は、レジのところで「パンフレットも一緒にお入れしましょうか?」なんて声をかけてくれるときもあるのだけれど、そうじゃなくても、パンフを抱えて重そうにしていたら、「袋にお入れしましょうか?」と通りすがりの店員さんが声をかけてくれたら、どんなにうれしいでしょうか。
 
でね、ふと思い出したのが、昨年、出張で広島の「デオデオ本店」に行ったとき、パンフレットコーナーが上の写真のようになっていたこと。パンフレットが入っているラックの最上段には、パンフレットを入れてお持ち帰りくださいというメッセージとともに、大きな封筒が用意されていたんです。デオデオのイメージキャラクターは所さんなので、封筒の左下には所さんの大きな顔写真がプリントされているのもご愛敬。
 
そういえば、MJ(日経流通新聞)に、「家電量販店の『さくらや』の紙袋がとてもかわいらしいものに刷新されて、女性が持つのに抵抗のないものになった。あとは店内の更なる刷新で女性客を呼び寄せてほしい」というようなコラムが掲載されていましたが、デオデオのパンフレット用の封筒しかり、さくらやの紙袋しかり…。2年間にわたって「IT&家電ビジネス」「女性視点の売り場づくり」という連載記事を執筆していたこともあり、女性やシニアのお客さんを増やすための第一歩は、こんなところにあるのではないかなとあらためて思いました。