2009年08月24日

今度の霧ヶ峰は「ムーブアイNAVI」

kirigamine2009_mooveye_navi.jpg
 
こんにちは。sallyです。
 
先日、ダイキンさんが光速ストリーマ搭載のエアコン「うるるとさらら」を発表し、“エアコンでのウイルス対策”というニーズに合わせた方向性を打ち出しましたが、今日、三菱さんからもいつもよりずっと早い、エアコンの新製品のリリースが届きました。
 
三菱のエアコンといえば、なんといってもセンサー技術。昨年、センサー搭載10周年の集大成ともいえるエアコン「ムーブアイFit」を出して、部屋の温度、人の居場所、人の動きに加え、空間の認識機能まで検知できるセンサーを搭載。ムダなエネルギーを使わない「本体の省エネ技術」に加えて、「使い方によってさらに省エネになる」エアコンを発表しました。
 
11年目となる今年の新製品は、完成されたセンサー技術をいかに活用するか…という点に注力。「センサーで分析した熱画像からこれから先に起こりうる省エネ・快適さを予測して、使う人に対して適切なアドバイスができるようになった賢いエアコン」(広報のM氏の弁)です。
 

センサーが検知したことを、まずはお知らせし、その後でナビゲート。その名も「霧ヶ峰 ムーブアイNAVI」とのこと。ちなみに、お知らせ&ナビゲートの内容は、リモコンに表示されるようです。

「カーテン・ドアが開いてませんか」と知らせ、「閉めると省エネできます」とナビゲート。外気温を検知して「外の温度が下がっています」と知らせ、「運転停止がおすすめです」とナビゲートするのだそうです。

 
kirigamine2009_mooveye_navi_2.jpg
 
 
そのほか、帯電微粒子による「ピュアミスト」で、保湿効果&ウイルス抑制をする…という新しい機能も搭載されています。省エネ運転による累積金額を「エコ貯金」としてリモコンで金額表示するというのも、ダイキンの「エコポイント」同様、楽しい仕掛けだと思います。
 
明日、冷蔵庫その他の新製品の視察会があるので、実機を見るのが楽しみ♪ ちなみにこの「霧ヶ峰ムーブアイNAVI」の発売は、10月23日です。
 


 

posted by sally at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | エアコンのこと