2009年08月26日

ウイルス退治、あなたはバルサン派?それともゴキブリホイホイ派?

こんにちは。sallyです。

夜になると涼風が吹いて何だか秋の気配。窓を少し開けたまま寝てしまったせいか、起きたらノドが痛くて「もしかしてインフルエンザ!?」とドキリとしました。でも熱はないし、うがいをしたら痛みもひいたので大丈夫のよう。ただここのところ、かなり疲れがたまっているので気をつけなければと思います。免疫力が落ちているとウイルスにやられてしまいやすいですものね。

…ということで、とにかく気になる新型インフルエンザ。家電でもエコポイントがらみのテレビや冷蔵庫やエアコンなどをさておいて、一番の注目株が空気清浄機のようです。

プラズマクラスターイオン、ナノイー、ウイルスウォッシャーなどを空中に放出するタイプのものが、何かと注目されがちですが、そうでない空気清浄機だってあります。

…何だか威力がないみたい、と思う人もいるかもしれませんが、何かを放出しなくても、しっかり吸い込んでフィルター等でしっかりやっつけるという方式もあるわけです。

つまり、放出タイプの空気清浄機はバルサン方式、しっかり吸い込んでフィルター等でやっつけるのはゴキブリホイホイ方式の空気清浄機といえます(昨日の展示会で教えてもらって、なるほどと思いました)。

放出タイプは効き目があるかもしれないけれど、その中で暮らすには抵抗があるという人もいることでしょう。

そういう人にはしっかり吸い込んでやっつけるタイプのほうが安心ですよね。

だからいろいろな選択肢があるのはありがたいことなのだと、あらためて思いました。