2009年10月07日

齋藤茂太さんの本「『あなたに会うと元気になる』といわれる人の共通点」

anatato.jpg
 
こんにちは。sallyです。


久しぶりに本のレビューです。電車の待ち時間に駅構内の書店でふと手に取ったのが、齋藤茂太さんの著作「あなたと会うと元気になる」といわれる人の共通点 (ぶんか社文庫 さ 1-6)
 
精神科医であり、医学博士だったモタさんの著作は、これまでにも何冊か読んでいて、そのたびに生きる力のようなものをもらっていますが、この本の特徴は、「元気な人」になるのではなくて、「人を元気にさせる人」というところです。私は、結構悩んだりもするほうですが、人前ではたぶん「元気な人」の部類に入ると思うし、この間なんて、「sallyさんは、見かけはふわりとしているけれど、肉食系か草食系かって言ったら、絶対肉食系っていう人だよね。エネルギッシュだし、前に進んで行く人だし」と言われたくらい。
 
だけど、必死に前に進もうとしていると、何か忘れていやしないかと思うときもあるわけで。自分が元気になるだけではなくて、「あなたと会うと元気になる」と言われる人を目指したいものだと思って、読んでみたのですが…。
 
「そう、そのとおり!」「すぐに心がけてみよう」と思う言葉の数々になんと励まされたことか。電車の中で読んでいて思わずにこにこしてしまった私でした。
 
たとえば、こんな具合。「心に誰かがよぎったとき、とりあえず連絡してみよう」の項の最後の2行。
 

ふと気になるとき、忙しいからと素通りしない人であってほしい。ひと言「元気にやってる?」と声をかけてほしい。「あなたをふと思い出したから」と。
 
で、さっそく実行しってみています。会いたいなあと思ったときに連絡しないと「いつか」がずっと先になってしまうから(私から急に連絡が入ったら、「この本のせいね」と思ってください)。
 
 
そのほかにも「忙しい人ほど、心にゆとりが生まれるわけ」とか「『いいなあ』と思ったところに居場所がある」とか。本に書き込みをしないようにしているのに、今回ばかりは心に残ったところを赤で囲んで、何度も読み返しています。
 
そうそう。この本「ぶんか社文庫」から出ているんですが、字が大きめで読みやすいのもうれしいです。
 
anatato_2.JPG
 
 
posted by sally at 12:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 読んだ本のこと

2009年10月06日

新型インフルエンザで注目される空気清浄機の選び方とは?

title20091006.jpg
 
こんにちは。sallyです。
 
日経トレンディネット「空気清浄機」特集を執筆しました。いつもは1つの記事が10ページ近くになってしまって読む人も辛いかと思われるので、今回は3回に分けて記事をアップさせる方式をとっています。
 
その第1弾が【イオン放出系】シャープ「プラズマクラスター」VSパナソニック「ナノイー」相変わらずですが、編集者のつけるタイトルは扇情的ですね(やれやれ)。
 
私自身は、すでにここでも紹介しているように、富士通ゼネラルの「PLAZION」を愛用していますが、その理由は犬を室内で飼っていることなどから“脱臭機能”を最優先させたかったから。それに加えて、除菌機能の説明を聞いて、「そういう機能も便利かなあ」と。
 
今回の記事でも、メーカーさんが発表した実証結果や、ウイルスの分解・除去や、カビ菌などの除菌の仕組みを説明をしていますが、これはあくまで、いろいろな情報をまとめて整理する役割だと考えています。
 
新型に限らず、ウイルスなどの分解・除去を空気清浄機に頼るのは危険だし、うがい・手洗いといった当たり前のことの実践や、日頃から食生活などに気を配って“抵抗力のある体”づくりをすることが基本なのだと思っています。でも、小さなお子さんやお年寄りがいるご家庭や、受験生などがいる場合にはできる限りの安心な環境を用意しておきたいと思うことでしょう。
 
そうした人のためにも、いわゆる“除菌機能”だけでない(どれが効く…みたいなことではなくて)、製品のバリエーションだったり、静音性だったり、付加価値だったりといったものについて、少しでもお伝えできるようにしたいなと思っています。「これが一番!」ではなくて「あなたにとってのベストなもの」が見つかるお手伝いができるように努めたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。
 
 
 

2009年10月05日

富士通ゼネラル「PLAZION」で、上着についたタバコや汗のニオイもすっきり!

PLAZION_20091002.JPG
 
こんにちは。sallyです。
 
先日、ご紹介した富士通ゼネラルのプラズマイオンUV脱臭機「PLAZION」(プラズィオン)ですが、本体内でのUVランプを使ったUV除菌+1ccあたり4万個のイオンを放出させるプラズマ除菌という除菌力はもちろんのこと、脱臭能力に優れているのが魅力です。なんといっても、「脱臭機」という名前がついているのですから。
 
それでね、この間、外出中にタバコのニオイが上着についてしまって(お店の禁煙ルームと喫煙ルームの境目に座っていたからのよう)気になったので、上の写真のように、プラズィオンの真上にジャケットを吊るして、本体の吹き出し口のルーバーを真上に向けて、しばらくしてみたら、気になったニオイがすっきり! 部屋のニオイだけでなく“染みついたニオイ”までとってくれるというところに感激しました。
 
これまで、スプレー式のものを使ったりもしていましたが、いずれはクリーニングに出すにしても、衣類にその成分が蓄積されていくというのは、なんだかすっきりしないものです。
 
PLAZION_logo_W.jpg 
 
 
「プラズィオン」の脱臭というのは、

 
  1. 本体に組み込まれた金属触媒が、油のニオイ、タバコのニオイ、焼き肉のニオイなどを強力に分解
  2. さらに、除菌のところでも説明したUVユニットが金属触媒の表面に酸素ラジカルを発生させて、ニオイの分子を分解
  3. 3つ目の脱臭パワーとして、微弱のオゾンを放出して服やカーテン、ソファなどに染みついたニオイまで脱臭(部屋干しの洗濯物のニオイにも効果的)
 
そうそう、この間の「ミニミニホットプレートで焼き肉」のときも、そばに「PLAZION」プラズィオンがあったので、部屋にニオイがこもらず、カーテンにニオイがつくこともなく、快適でした♪


 
 
 
PLAZION_3.jpg

2009年10月04日

ミニミニホットプレートでちょこっと焼き肉、便利です♪

mini_hotplate.JPG
 
こんにちは。sallyです。
 
昨夜、わが家の夕飯のメニューは、エビとアボカドのサラダや、ホタテのお刺身や野菜をたっぷり入れた中華風スープなど、脈絡はないものの、食べたい料理が並んでにぎやかでした。そのほかに、家人が近くの市場で「良さそうな肉だったから」と買ってきてくれたカルビなどもあったのですが、ホットプレートを出すのは、大げさだし、片づけも面倒だよねぇ…と。
 
かといってフライパンで焼いてしまっては、おいしくないし、食べる分だけ目の前で食べたいもの。
 
と、そこで思い出したのが、いつもホットケーキ用に使っている、ミニホットプレート。かれこれ、15年くらい昔に結婚式の引き出物でいただいたもの。ホットケーキが1枚焼ける程度の小さいものなので、しまう場所もとらないし、便利に使っていたのですが、焼き肉はしたことがありません。
 
温度が低いのではないかなあと心配したのですが、上の写真のように少量の肉を焼く分にはまったく問題なし。みんなでワイワイ焼き肉…というシーンには向かないかもしれないけれど、他におかずがあって、「ちょっとだけ肉を食べたい」というときや、夫婦(もちろんカップルでも)2人だけという場合、もしくは一人暮らしの人などもこれなら手軽でしかも本格的。
 
22時過ぎに仕事から帰宅した長男も、このホットプレートで肉を焼きながら、ご飯を食べていました。
 
------
 
たこ焼きプレート、ジンギスカン用プレートなどなどが本体の収まるタイプの大きなホットプレートもあるのだけれど、いろいろついているので、重いし、しまうのが面倒なんですよね。
 
家人いわく「この小ささなら、ずっとここに出しておいて、ソーセージとか、焼きながらビールを飲んだりできて便利だよなあ。朝ごはんにだって目玉焼きやベーコン焼いたりできるし。大きかったり、いろいろ付いているやつばかりが便利なわけじゃないかもね」と。
 
わが家のミニホットプレートは、象印の「CHOCOTTO」というもののようですが、その後、ミニホットプレートはどのように進化したのか調べてみたら、同じ象印からは「グリルなべ」EP-LB10というのが、わが家のものに一番近くて、かつ進化したもののよう。
 
ajimaru.jpg
 
温度調節が細かくできるほか、深さがあるので煮込み(鍋料理ですね)や、焼きそばなどの炒め物にも。
 
mouitimai.jpg
 
タイガーの「グリルなべ」は波型のプレートと深鍋がセットになったタイプ。
 
私としては、いくつもついていなくてよくて、大きさも限りなくコンパクトなもののほうがいいなあと思います。そういう意味では、ずいぶん古いタイプだけれど、わが家のホットプレートはシンプルゆえに使いやすくて理想形なのかも。
 
大きなホットプレートばかりが「団らん」を象徴するわけではないと思うので、あえてシンプル&コンパクトなものを上手に活用して、“いつもの食卓にプラスアルファして楽しむ”というのもいいんじゃないかなあと思いました。
 
 
 
 
posted by sally at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

2009年10月02日

ナノイー・プラチナの夏髪プロテクト効果はかなりのもの。

nanoe_1.JPG
 
こんにちは。sallyです。
 
このブログにも顔写真を載せていますが、ここ数年、ずっとロングヘアを続けています。だからというわけでもないのですが、美容院に行く回数が減ってしまって、昨日3か月ぶり(!)に行ってきました。毛先を少しだけ切って、デジタルパーマを全体に。前回、行った時にかなり段を入れたので、後ろから見ると長いんですが、前から見るとセミロングっぽい感じ。ふわふわにカールさせているので、ここに載せている写真とは、ちょっと感じが違うかも。…近々、プロフィル用の写真を撮り直そうと思っているので、少々お待ちくださいませ。
 
でね、昨日、美容師さんに言われたのが「髪の調子がいいですね。これを保ってくださいね」ということ。
 
髪質が細くて、茶色で傷みやすい…(みんな私の髪はカラーリングしていると思っているようですが、地毛です。生まれつき茶色なんです)。ましてや、夏は日差しを浴びるせいか、さらに赤茶けてしまって、毛先には枝毛ができたりと、秋には5センチくらい切るのが決まりだったというのに、髪の調子がいい!?
 
これはもう、「ナノイー・プラチナのヘアドライヤー」のおかげだとしか考えられません。先日も、千葉マリンスタジアムのイベントで快晴の日差しの下で、テントもなしのところにずっといたりと、けっこう太陽の下にいることが多いというのに、傷んでいなくてうれしいです。さすが「夏髪プロテクト」!
 
秋から冬の乾燥する季節には、ナノイーで保湿した後、キューティクルをしっかり引き締める「秋髪エステ」効果で、この状態を守ってくれそうで期待しています。
 
nanoe_2.JPG
 
ちょっとピントが合ってなくて恐縮ですが、ナノイー・プラチナが出ているときには、こうして青く光って知らせてくれます。
 
夏の日差しで髪が傷んでしまってまとまりにくいという人、ドライヤーを変えてみるといいかもしれませんよ。
 

 
★ちなみに、私が12〜13年通い続けている美容室はここです。以前、この近くに住んでいたのですが、ひっこしをしてからもずっとお世話になっています。朝6時からでもOKというわがままにこたえてくれ、技術など本当に信頼できる美容室です。
 
>>>髪が美しくなる美容室「ブレイク・スルー」
 
 


 

東芝、秋の新製品はやっぱり“真ん中野菜室”…それでいて超省エネ!

toshiba_20090928.jpg
 
こんにちは。sallyです。
 
9月28日に、東芝の冷蔵庫とドラム式洗濯乾燥機の新製品発表会がありました。今年でメインキャラクター3年目となる天海裕希さんも登場して(私、ファンなんです)、力の入った発表会でした。
 
さてさて、ここで注目なのは現在、唯一“真ん中野菜室”となってしまった東芝の冷蔵庫の新製品がどのようになっているのかということ。
 
toshiba_reizouko2009.jpg
 
じゃーん! 上の画像をよく見てください。冷蔵室の両開きの扉の下に大きな引き出しがあって、その下に、製氷室&冷凍室(小)が見えます。
 
他のメーカーさんのものは、冷蔵室のすぐ下が製氷室&冷凍室(小)ですよね。つまり、今回発表された新製品もやっぱり“真ん中野菜室”! うれしーい。
 
これがなせるのはi-ツイン冷却という、東芝ならではの技術で、冷却器を2つ備えているから。そのため、冷蔵室(&野菜室)、冷凍室のそれぞれを適温で冷やすことができてムダがありません。それに断熱材の進化なども加わって、28日現在、550Lタイプで330kWh/年と業界ナンバーワンの省エネを実現させています。
 
東芝の冷蔵庫というと、ここ数年、湿度を高めて野菜などの食材を長持ちさせるということや、除菌力などをアピールして『野菜を大切に思う冷蔵庫』として独自路線を貫いていたわけですが、今回は冷蔵室内に『ピコイオン発生ユニット』を設置し、“ピコイオン除菌ウイルスハンター”によって、野菜室および冷蔵室内の雑菌やウイルスを除去し、野菜から出るエチレンガスを分解して野菜を長持ちさせるのだそう。
 
toshiba_pico_1.jpg
 
これが「ピコイオン発生ユニット」です。
 
toshiba_pico_2.jpg
 
青い扉をスライドさせると、こんなユニットが入っています。この小さな装置に1か月に1度、水を入れて使います。
 
先ほどの扉を閉めると通電されるようになっていて、高電圧をかけることで、ナノサイズよりも微細なピコイオンが大量に庫内(おもに野菜室)を満たす仕組み。…だから、ビニール袋に入れたり、ラップをしたりしないで野菜をそのまま入れたほうがいいんですって。
 
ビタミンC・Aを増量させる効果もあるだけでなく、バナナの変色も抑えるのだそうですよ。5日程度なら皮が黒くならないとのこと。※ピコイオンの効果もあるけれど、野菜室内の湿度の高さが変色を抑えるのに役立っていると教えてもらいました。
 
他にも、使いやすいちょっとした工夫などもあって、いいです。「野菜室は真ん中に!」と思っている人にはぜひともおすすめしたい冷蔵庫です。
 
 
posted by sally at 09:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 冷蔵庫のこと