2009年10月22日

別宅「顧客視点マーケティング」、再開させました

KamiharaSally.jpg
こんにちは。sallyです。


上の画像は、私の名刺の裏側です。昨年11月に250枚ほどお願いしたものが、9月にはなくなってしまい、追加でお願いするにあたって、表面のほうの肩書をこれまでの「顧客視点アドバイザー」にプラスして「家電コンシェルジュ」というのも併記させていただいたことは、以前にもお伝えしました。


顧客視点アドバイザーというのは、どちらかというと企業の方々に向けて仕事をするとき向けの肩書のため、家電分野で取材などを受ける際には、不便だったのですよね。それで、エル・オンラインに登場させていただいたのをきっかけに、家電コンシェルジュという肩書を使おうと決めました。


で、裏面もせっかくなので見直そうと、これまで「Sallyの家電研究室」だけだったのを、もう一つの顔のほうも載せておこうということで、「神原サリーの顧客視点マーケティング」のアドレスも併記。…ところが、本当に忙しくて、ここ2カ月ほど更新できていなかったため、「こちらもお願いしますよ〜」という声がしきり。で、名刺も刷新したことですし、反省して今日から復活させましたので、興味のある方はのぞいていただければ幸いです。


------
生活家電は毎日の暮らしの中で、必要不可欠となっているのに、情報が足りていないというか、どうも女性や年配の人にはわかりづらい…家電量販店に足を運ぶのもおっくう、そんな人が多いのではないかと思い、少しでもわかりやすいく家電の情報をお伝えできたらと思っているのが、こちらの「Sallyの家電研究室」。


そして「神原サリーの顧客視点マーケティング」のほうは、せっかくいいもの(&サービス)を作ったのだから、それを必要としている人にきちんと伝えましょうよということや、生活者たちは本当はこんなものを欲しがっているんですよ…ということを、これまでの経験などからお話しています。


おかげさまで、最近は家電はもちろんそれ以外の分野でも相談を受けることが多く、売り場づくりやPRのお手伝い、商品企画その他いろいろなお仕事をいただいていて、感謝しております。


どちらのサイトもなるべく更新頻度を高められるように努めますので、どうぞよろしくお願いします。

 


 

posted by sally at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ご挨拶&自己紹介

掃除嫌いの私が愛用しているハンディクリーナーはこれ!

black&decker_5.jpg
 
こんにちは。sallyです。
 
本日、久しぶりに日経トレンディネットの「バイヤーズ企画」のコーナーに、私が推薦する家電について記事がアップされました。
 
【神原恭子】“掃除嫌い”が愛用するハンディクリーナー!ブラック・アンド・デッカー「ダストバスターフレキシー」
 
いやはや、「神原恭子」のすぐ隣に“掃除嫌い”の文字! 私自身は違うタイトルを付けていたんですが、編集担当者に却下されて、こんなタイトルになってしまいました。これで神原恭子=掃除嫌いと世の中に宣言したようなものです(苦笑)。でもね、本当のことだから仕方ないですね。

 
しかも、バイヤーズのトップページには、朝倉氏が同じハンディクリーナーのダイソンのDC31を推薦しているのですから、何だかちょっと闘ってるみたいです。
 
 

trendy29901023.jpg
 
さてさて、私はこのハンディクリーナー「ダストバスターフレキシー」に出合うまで、ブラック・アンド・デッカー社のことを知らなかったのですが、世界最大の電動工具メーカーなのですね。しかも30年前にコードレス・ハンディクリーナーを世界で初めて開発したのも、このブラック・アンド・デッカー社。
 
普通のハンディクリーナーは、本体そのものを右手(利き手)で持って掃除をするため、その重さがけっこう負担になります。けれど、ダストバスターフレキシーは普通の掃除機みたいにホースがついているので、本体を置いたまま、もしくは反対の手で持って掃除ができるのが素晴らしい!
 
しかも、「ハンディクリーナーはゴミを吸わない」という固定観念を覆すような、見事な仕事ぶりです。
 
…ということで、わが家の様子が随所に公開されている日経トレンディの記事を、ぜひともお読みいただければと思います。
 
-------
 
そうそう、下の写真はオプションの「ペットノズル」というもので、まだ販売はされていないようなのですが、ブラック・アンド・デッカー社に「使ってみたいので送ってください〜」とお願いしたら、即、手配してくださいました。ドラえもんの手みたいな形で何とも愛らしい。しかも、黒ラブ・大和の抜け毛をきれいに集めて吸込んでくれる優れモノです。店頭で扱ったら、ペットを飼っている人にはきっと喜ばれると思います。
 
 
pet-nozzle_1.JPG