2009年10月26日

こんな冷たい雨の日には『ふとん乾燥機』の出番です

AD-S70LS-T単体.jpg
 
こんにちは。sallyです。
 
台風20号が近づいてきているのだそうですね。1週間の始まりだというのに、お天気が悪くて、気温も低くて元気が出ないですよね。でも、今日の1日の終わりに、“ふかふかの暖かい布団にもぐれる”ことを想像してみてください。何だかふわりと幸せな気分になれませんか?
 
ということで、今日は三菱電機から10月1日に発売されたばかりのふとん乾燥機について。
 
ふとん乾燥機は一時期、とてもブームになったけれど、最近はあまり見かけなくなってしまったような印象がありました。実際、大手家電メーカーさんの中では、三菱電機、パナソニック、日立の3社しか作っていない様子です。
 
ただし、マンションなどで洗濯物や布団をベランダに干すのを禁止しているところも最近は増えてきていることや、花粉症その他で外に干したくない人が増えてきていること、そしてだんだん高齢になるにつれて、布団干しそのものが辛くなること…などを考えると、「ふとん乾燥機」というのは便利だなあと思います。
 
それに、私もそうですが、働いていて昼間留守にしている場合、週末(休みの日)しか布団を干せないし、その日が晴れるとは限らないので、やっぱり1台あるとうれしい家電ですよね。
 
三菱電機のふとん乾燥機の新製品AD-S70LSは、布団だけでなく、ブーツの乾燥ができるのが特徴。抗アレルギー機能、抗ウイルス機能のある銀系微粒子を付着した「銀ナノアレルパンチフィルター」を吸気口フィルターに搭載しているので、吸い込んだダニの死がいやふん、花粉などのアレル物質やウイルスを吸着・分解できるのも心強い機能です。
 
AD-S70LS-T+ブーツ.jpg
 
 
そのほか、洗濯物を乾かしたいときにも大活躍! 衣類乾燥カバーを兼ねたロングサイズのふとん乾燥マット(横幅120cm×長さ200cm)を採用しているので、ロングサイズの布団でもOK。ピンチハンガーやラックハンガーに掛けた衣類を丸ごと乾燥することができます。
 
AD-S70LS-T+ラックハンガー.jpg
 
ほらね、こんな感じです。
 
ここでちょっと気になるのが、電気代。ドライヤーをつけっぱなしにしている感じなので、さぞや電気代がかかるのでは…と心配になったのですが、思ったよりも安価かなと。毎日使うものではないし、洗濯物にしろ、ブーツにしろ、布団にしろ、この程度の電気代で快適になるなら、いいなあと思いました。
 
  • ふとん乾燥(綿・羽毛・羊毛) 約55分/約12円
  • 衣類乾燥 約120分/約24円
  • ブーツ乾燥 約120分/約1円
 
そうそう、冬場の就寝前に布団をあたためておくときのための「あたためコース」もあります。
 
ちなみに、ダニ退治などでふとん乾燥機を使用したときには(この製品にも「ダニ退治コース」があります)、使用後に掃除機を掛ければさらに万全です。
 
今、こうして記事を書いていて、わが家にもぜひ1台欲しくなりました。これからの季節、贈り物にもよさそうです。