2009年10月28日

フレンチクルーラーだって焼けるビタントニオのドーナツプレート、登場!

ミニドーナツ.jpg
 
こんにちは。sallyです。
 
9月にエルオンラインで特集記事を担当した「最新キッチン家電マストバイ」その中で取り上げたビタントニオのホットサンドべーカーに、この冬、待望のドーナツプレートが登場します。
 
手軽に焼きドーナツができると人気のドーナツメーカーといえば「クロア」が有名ですが、実は5〜6年前にビタントニオから焼きドーナツメーカーを発売したことがあるのだとか。ところが時代の波に合わなかったのか、あまり評判にならずに撤退。だから、クロアのドーナツメーカーの人気ぶりにはずいぶん歯がゆい思いをしたのだと、三栄コーポレーションの広報&営業担当の方が教えてくださいました。
 
実際、ビタントニオのホットサンドべーカーを愛用している人の中からも「オプションプレートでドーナツプレートを作ってほしい!」という声は日増しに高まっていたのだそうですが、クロアと同じものではつまらない…。
 
そこで、ビタントニオならではということで、ようやく完成したのがこちら。
 
ドーナツプレート.jpg
 
ミニサイズのプレーンが3つと、ミニサイズのクルーラータイプが3つ焼き上がるプレートです。普通のドーナツ生地を流し込んでもよし、シュー生地を流し込んでミニフレンチクルーラーにしてもよし…とアイデアの広がるプレートになっています。
 
オプションプレートとしては2500円で販売するそうですが、毎年恒例、クリスマスシーズンに合わせて登場するプレミアムセットの1つとしても販売されます。
 
プレミアムセット.jpg
 
限定カラーのレッドの本体にセットされるのは、このドーナツプレートのほか、定番のホットサンドプレートと、ワッフルプレート。
 
今のところ、発売日は未定のようですが、2009年冬ということは決定しているようなので楽しみですね。
 
 
 
 
posted by sally at 18:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 調理家電のこと

白の「BEGiN」から黒の「NIGHT COLOR」へ―パナソニックのシングル向け家電―

ナイトカラーシリーズ.jpg
 
こんにちは。sallyです。
 
先日、パナソニックからアラサー世代のための“夜家事”家電6製品が発表されました。その名も「NIGHT COLORシリーズ」。仕事やプライベートで日々忙しく、洗濯は夜に行うなど“夜家事派”、しかもデザインにはこだわりがあり、夜遅く帰宅しても手早くおいしいものを作って食べたい…そんな20代後半から30代前半のシングルたちに向けて考え出された家電なのだそう。

 

6製品とは、スチームオーブンレンジ、IHジャー炊飯器、空気清浄機、スティック型クリーナー、冷凍冷蔵庫、全自動洗濯機。
 
フルスペックのものはいらないけれど、基本性能はしっかりと。そして何年もの間一緒に暮らすパートナーのような存在として選んでほしい…そんな思いが込められているのだとか。
 
つまり、女性にも男性にも…ということだと思われますが、いくら夜をイメージして“黒”にしたといっても、女性にはどうだろうと思ったら、遠目には真っ黒に見える「ナイトカラーシリーズ」、実はそうではなかったのですね。
 
コモンブラック.jpg
 
こんなふうな「コモンパターン」と呼ばれるデザインになっています。まだ、実物を見ていないので、その質感とかデザイン性については自分の目では確認できていませんが、いわゆる“白物家電”を全部黒ベースにしてしまったというのは、思い切りがいいなあと感心します。
 
------
 
と、ここで思い出すのが、ファーストシングルと呼ばれる、一人暮らしデビューの人たちに向けた家電群「BEGiN」。
 
BEGiN.jpg
 
こちらは、キャッチコピーが「ジブン空間に、白のパナソニック。」となっています。
 
つまり、20代前半は白の「BEGiN」。そして、暮らしがワンランクアップしてきたら黒の「NIGHT COLOR」ということでしょうか。
 
-----
 
ファーストシングル向けの家電は年明け早々に、家電量販店の一画にコーナーが作られますが、今回の「NIGHT COLOR」シリーズは、売り場でどのように展開していくのか気になります。発売は11月1日から順次。ラストの冷凍冷蔵庫が1月15日に発売なので、その頃には6製品がまとまったコーナーが作られるのかもしれませんね。
 
夜家事向けなのに、音が気になる「スティッククリーナー」でいいのかな?とも思いますが、今度そのあたりも含めて、パナソニックの方にお話を聞いてみたいです。