2010年05月06日

ドラム式にも負けないタテ型洗濯乾燥機、続々登場!

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。
 
東京支部代表として活動をしている「こども環境フォーラム」のイベントが続いたりで、なかなかこちらが更新できていなくてごめんなさい。日経トレンディネットの記事も、月1回ペースでぼちぼち書かせていただいていますが、今日、「タテ型洗濯乾燥機」の記事がアップされました。
 
洗濯乾燥機といえば、ドラム式のほうが最新式でかっこいい、使い勝手だっていいはず…と思っている人が多いかもしれませんが、乾燥機能付きのものを使っている人はまだ3割程度なんですね。そのうち、ドラム式の割合が微減していて、人気急上昇中なのが、タテ型の洗濯乾燥機なんです。
 
つまり、いつもは外干ししているけれど、お天気の悪いときや急ぎの洗濯ものがあったときのみ、乾燥機能を使うという人が多いというわけ。全自動洗濯機でもいいけれど、せっかくなら乾燥機能付きにしてみようかなというわけですね。
 
ただ、これまでドラム式にしかついていなかった便利機能もあったので、その点においてはやはりドラム式にはかなわなかったのですが…5月下旬にパナソニックと三洋電機から発売されるタテ型洗濯乾燥機には、
 
  • パナソニック=ナノイーによる消臭や洗濯層のカビ防止、エコナビによる省エネ
  • 三洋電機=ドラム式の「アクア」ならではのエアウォッシュ、オゾンすすぎ、アクアループダイレクトによる超節水


など、ドラム式にしかついていなかった、便利かつ省エネな機能が搭載されて、ぐんと魅力的な洗濯乾燥機になっています。
 
ということで、日経トレンディネットに記事をまとめましたので、どうか読んでいただければと思います。
 
◆日経トレンディネット
外干し派に朗報!ドラム式に負けない「タテ型洗濯乾燥機」を大解剖
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20100427/1031628/
 
-------
 
ちなみに、個人的な感想を述べてみると…

 


★パナソニック
thumb_200_01_px200.jpg

 
 

⇒「上質おうちクリーニング」コースがかなり便利なのではと思います。これまでドライコース(手洗いコース)などでオシャレ着洗いをしていたけれど、衣類が傷まないのはいいとして、どうも汚れが落ちていない気がする…という不満を抱えていた人には、本当にうれしいのではと。「ちゃんと汚れは落とすのに、傷まない&仕上がりがいい」、これ、理想的です。
 
⇒昨年秋モデルのドラム式から登場した、「エコナビ」による省エネ機能がついています。これは、軽い汚れを感知して、洗濯&すすぎの時間を短縮するものです。つまり、汚れのひどい洗濯ものはそんなに出ないという家庭にぴったりということ。「汚れがひどいから洗濯時間&すすぎを長くする」という機能はついていないですからね。タオルその他、ふつうの洗濯ものを「なんだかしっかり洗いすぎでは」と思っていた人にはうれしい「エコナビ」です。

 


 
★三洋電機(アクア)

 

thumb_250_09_px250.jpg
⇒洗えないものでも、除菌・脱臭をしてくれる「エアウォッシュ」が魅力的。スーツのようなものでも、「エアウォッシュハンガー」にかけてセットすることで、しわもつきにくく、衣類をまんべんなくエアウォッシュしてくれます。内ぶたのパッキンや二重ロックなど、安全機能もしっかりしているので、「オゾンが漏れるのでは?」という心配もなく安心して使えます。
 
⇒まるで炊飯器の「おどり炊き」を思わせる「おどり洗浄」(パルセーターと洗濯槽の回転を反対方向にさせる)や、すすぎの段階でオゾンを使う「オゾンすすぎ」など、汗汚れや泥汚れなど、がんこな汚れもばっちり落としてくれるのがいいですね。