2010年05月09日

テレビのリモコン「青・赤・緑・黄」のボタンは何に使う?

IMG_3672.JPG
 
こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。
 
某テレビ局にて5月下旬に家電の特集が企画されているとのことで監修をお願いされ、先日、制作チームの方と打ち合わせに行ってきました。(今回は監修のみなのですが、もしかすると家電量販店でのロケに参加するかもしれません。詳細がわかりましたらお知らせいたします)
 
私は白物と呼ばれる生活家電(&美容健康家電)が専門で、いわゆる黒物のAV家電(テレビや周辺機器など)については詳しくありません。けれど、番組ではテレビについても扱うということで、わかっている範囲でお答えしてきました。その際に話題になったのが、「テレビのリモコンについている」のボタンは何に使うのか?」ということ。でも、結局誰もわからなくて宿題になりました。
 
家に帰ってよく見てみると、確かにわが家のレグザのリモコンにも4色のボタンがついています。拡大してみましょう。
 
IMG_3671.JPG
 
ほらね。しかも、ボタンの脇には色に対応された「青・赤・緑・黄」の文字まで。これって、つまりは“色”に対応させている重要な機能があるということですよね。
 
それで、調べてみたら…
 

BSデジタル・地デジ等で、双方向の番組に参加するときに使うのを目的に、リモコンにつけられるようになったボタンです。
テレビやDVDレコーダー等を電話回線やインターネット回線につなげ、双方向番組のクイズやアンケートに答えることができます。

メーカーによって、番組予約とかEPGの閲覧、録画した番組の視聴や削除、その他にもこれらのボタンの機能が割り当てられていますが、双方向で使うのが共通した使い方です。
 
他には、地デジの電子番組表用に、見たい番組を予約する場合の設定するときに使ったり、地デジの、データ放送を見るときにも、利用します。
また、同じメーカーのHDDレコーダを持っている場合には、一つのリモコンで、電子番組表を利用して、番組予約録画も出来ます。
(ヤフー知恵袋のベストアンサーより)
 
とのこと。わが家のテレビ&オーディオ関連を仕切っている家人に聞いてみると、全く同じ説明が返ってきました。「え?知らなかったの?」と。
 
デジタル放送は、番組を見るだけでなく、番組に関連する情報を呼び出したり、クイズやアンケートに参加したりと、視聴者が双方向で楽しむことができるのも魅力の1つなんですよね。ただ、テレビのアンケートやクイズ参加などはあんまり普及していないようで、そのため知らない人も多いようです。
 
ちなみに、この4色のカラーボタンに文字を入れるようにしたのは、日立から始まったそうで、色覚障害のある人にも文字で判別できるように配慮したとのこと。
 
--------
 
地上デジタル放送、そして3Dテレビなど、これからますますテレビの楽しみ方が変わってくるのかもしれませんが、「こんなこともできます」「こんな放送もしています」ということがもう少しきちんと広まらないと、せっかくの機能も使われないままでもったいないですね。
 
一方で、「これまでどおり、いくつかのお気に入りの番組が見られればそれでいい」という人も多くいるのも事実。
 
私としては、複雑化しがちなリモコン(テレビに限らず)を、少しでもわかりやすくしてほしいなあと願うばかりです。