2013年04月23日

デロンギのミニコンベクションオーブンで作った「豚バラ肉のチーズキムチ焼き」が絶品!

DeLonghi_1.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

4月1日にデロンギから発売されたばかりのミニコンベクションオーブンをお借りしています。原稿に落とし込む前に、こちらでちょっと紹介しますね(お借りした媒体では、文章だけを担当するので料理写真などは入らないので)。

上の写真の左側に見えるのが、三菱電機のレンジグリル「ジタング」。キッチンに家電製品が多すぎて、リビングの窓際にある棚の上に並べて使っているわけですが、このデロンギのコンベクションオーブンは「世界最小」とうたっているだけあって、本当にコンパクトです。背の低い、ジタングと比べてみても、ご覧のとおりの小ささ。オーブントースター並みですね。

では、オーブントースターとはどこが違うのか? コンベクションオーブンというのは、ヒーターだけでなく「ファン」がついていて、庫内で熱対流を起こし、中までしっかりと火を通すことができるのです。だから直焦げをすることなく、仕上がり感がとてもいい。ただ、海外製品では大きいものも多いので、極限までコンパクトにしたのが、このミニコンベクションオーブンというわけ。小さくてもオーブン調理をするためのスペックはしっかりと備えた、優れものです。

DeLonghi_2.jpgDeLonghi_3.jpg

付属のレシピブック、分厚いわけではないのですが、「作ってみたい!」と思わせるメニューがいろいろあって、楽しいです。で、その中から、取材の際にも「おすすめメニュー」だと言われていた、「豚バラ肉のチーズキムチ焼き」を作ってみました。

DeLonghi_4.jpg

このミニコンベクションオーブンには、四角いトレーのほかに、肉を焼くと油が下に落ちるオイルプレートが付属しています。オイルプレートは波型の形状なっていて、穴がいくつか開いているもの。

このオイルプレートに豚肉を敷き詰め、まん中にスライスチーズを置き、その上にキムチを広げます(レシピブックには2人前の分量が載っていましたが、わが家は3人なので多めに並べています)。

DeLonghi_5.jpg

先ほどのキムチの上にチーズをのせ、左右の肉を折り畳むようにして包み込み、塩コショウします。

DeLonghi_6.jpg

下に敷いたトレーには、長ネギ2本分を斜め薄切りにしたものを敷き詰めます。

DeLonghi_7.jpg

後は、200度に設定し予熱したオーブンの上段に入れ、20分間焼くだけ。

DeLonghi_8.jpg

20分焼いて取り出したのがこれ。肉はカリッと焼け、中からチーズがとろりと溶けだしています。

DeLonghi_9.jpg

下に敷いた長ネギは、肉の油が加わり、20分掛けてじっくりと熱を通したため、驚くほど甘い!

DeLonghi_10.jpg

先ほどの肉を3等分に切って盛り付けたのがこれです。

最初、豚肉+チーズ+キムチの組み合わせがピンとこなかったのですが、いやはや絶品でした。

この料理をフライパンでやろうとすると、途中で一度ひっくり返さないといけません。そうするとたぶんチーズやキムチが飛び出して崩れたり、きれいにいかないと思うのですよね。焼き加減も気にしていないと焦げ付きそうです。

でも、これ、オーブンにおまかせで20分。20分なんて長過ぎると思います? その間にサラダを作り、お味噌汁を作り、切干大根の煮物を作ったら、あっという間に20分経ってしまいました。つまり、最初に肉の下ごしらえをして、オーブンに入れてしまえばいいということ。

このミニコンベクションオーブンはその名のとおり小さめなので、4人家族では辛いかもしれませんが1〜3人家族ならこれで十分。

今度は付属のピザストーンを使って、ピザを焼こうと思っています。



2013年04月17日

【Tech総研・インタビュー掲載】メーカーが変わる!シンプル化+「こだわり」の新戦略

body1.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

リクルートのエンジニアライフの応援サイト「Tech総研」と、社会人のための転職サイト「リクナビNEXT」にインタビュー取材を受けました。

今回の内容は、高機能や高付加価値という日本のメーカーのお家芸というべきものに、変化が起こっている。日本のメーカーのものづくりはどこへ向かうのかということで、記事では白物家電、車、AV機器(テレビ、タブレットなど)の4ジャンルを解説しています。その中で、「白物家電のものづくり」について、僭越ながら語らせていただきました。


日本メーカーのお家芸である「多機能」や「高付加価値」が岐路に立っている。世界市場での低価格商品に押され、近年始まってきたのが「シンプル化」だ。日本のモノづくりはどこへ向かうのか。4ジャンルに分けて解説する。

メーカーが変わる!シンプル化+「こだわり」の新戦略/リクナビNEXT[転職サイト]

メーカーが変わる!シンプル化+「こだわり」の新戦略|【Tech総研】


これまで日経トレンディネットでもすでに記事を書いてる「引き算+α」のものづくり。そして「愛着のわく家電」を生み出してほしいという、エンジニアの方々への希望について、語っていますので、チェックしていただければ幸いです。

※いつもふわふわしている格好をしていますが、Tech総研さんということで、ジャケット着用でインタビューにのぞみました!


2013年04月08日

新生活を始める20代カップルが予算15万で家電をそろえる!〜bayfmのラジオ企画に協力しました

radio_4.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

3月下旬、いつもラジオ出演させていただいているbayfmの朝の番組「パワーベイモーニング」の企画で、4月から新生活を始める20代カップルのための家電選びに同行させていただきました。今回、ご協力いただいたのは、新宿東口にある「ビックロ」。私と一緒に写真に写っているのは、はるかちゃん。かおるくんは写真はNGということでしたが、実際は私とお二人、そしてビックカメラの広報のT氏、放送作家さん、音声さんの6人で売り場を回りました。

この時の様子はすでに3月29日(金)の朝にオンエアされましたので、「それ、聴いた!」という方もいらっしゃるかもしれませんね。私自身は、仕事で聴くことができず・・・。ここでその時の買い物の様子を再現したいと思います。

予算15万円を握りしめて、実際に買い物をしていったわけですが、買い物の優先順位は「冷蔵庫」⇒「洗濯機」⇒「ガスコンロ」⇒「オーブンレンジ」⇒「掃除機」。果たして掃除機までたどり着けたのでしょうか?

★まずは冷蔵庫!

今回のお二人、とても堅実な生活設計をされていて、事前に下調べも十分されていた様子。今後、転勤などで引っ越しも多くなりそうだということで、できれば「どっちもドア」の冷蔵庫を希望していました。ただ、問題は冷蔵庫にお金をかけてしまうと他の家電が買えなくなってしまうこと。それで予算を6万くらいにしぼって探してみたのですが・・・

radio_1.jpg

なんと! 広告の品に350Lタイプで容量もたっぷりのシャープの「どっちもドアタイプ」の冷蔵庫が並んでいたのです。しかも、この日までのお買い得品。どうして安いのかと思ったら、1つ前の型落ちなのでした。予算6万円におさまるし、350Lもあれば、野菜も冷凍食品もたっぷり入ります。デザイン性の高い、カラフルなタイプも見てみましたが、「やっぱりこれがいい」とのこと。良い買い物ができました。

★続いて洗濯機!

洗濯機については、どう選んでいいのかわからない、違いがわからない・・・とかなり困っていました。2人とも働いているので外干しはできそうにないから乾燥機付きのほうがよいと話していたけれど、洗濯機の予算は5万円。ドラム式は無理です。

続いて、ヒーター乾燥機能のついている「タテ型洗濯乾燥機」で容量が6kg程度のものを探しましたが、いろいろと見ていくうちに「タテ型洗濯乾燥機」の場合、最後まで乾燥機能を使うことはなくて、部屋干しの補助的な乾燥ができればいいのなら、「普通の全自動洗濯機でいいように思う」とお二人。

radio_3.jpg

その際に重視したいのは「部屋干ししてもニオイがつきにくいもの」「お手入れの簡単なもの」とのこと。全自動洗濯機は見た目が似ているものも多く、機能の違いがわかりにくいので、こちらもかなり迷ったのですが、「Ag+イオンコートで部屋干し中だけでなく、着ている間や保管中にも除菌・防臭効果が続くこと」と「穴なし槽でカビが付きにくく、節水性が高い」ことの2点がポイントになって、シャープの6kgタイプの全自動洗濯機に決まりました。

そうそう、はるかさんは「液晶パネルに残り時間の表示が出るのがわかりやすくていい!」という点も、他の洗濯機に比べて使いやすいと思ったようでした。高速回転による「風乾燥」機能を、部屋干しの時に上手に併用して使ってもらえるといいなあと思います。

radio_7.jpg

★部屋にガスコンロがついていない!

ガスコンロについては、私のアドバイスの管轄外だったので、ビックカメラの店員さんに急きょ、協力していただいて2万円弱で買い物をすることができました。

★次はオーブンレンジ!

オーブンレンジについては、置き場所がまだ未確定なこともあり、できるだけコンパクトで設置性に優れるものがいいこと、予算3万円でおさめたいというのが条件でした。

背面ぴたりで左右5cm開ければOK、本体そのものもコンパクトな過熱水蒸気オーブンレンジでおすすめといえば日立の「ヘルシーシェフ」MRO-LS7なので、これをおすすめしようと思って売り場を見ていると、何と人気ランキング1位。しかも2万円台。デザインも気に入ったとのことで、ほとんど即決で決まってしまいました。

radio_2.jpg

★ポイントを使えば掃除機も買える!

後は掃除機、すでに14万円近くになっていましたが、ビックカメラさんのアドバイスで「お二人のうち、どちらかがビックカメラのポイントカードを持っていれば、先に買い物をして、残りの1点をポイントで支払うことで、ちょうどよくおさまるかもしれませんよ」とのこと。

計算上、ポイントと合わせて25000円くらいまでなら大丈夫なもよう。で、掃除機売り場に行ったのですが、かおるくんもはるかちゃんも、「テレビやっているのを見た(←どうやらアメトークらしい)ので、コードレススティックのがいい!」

radio_6.jpg

はい。これですね。エレクトロラックスのエルゴラピード。ブラシクリーン(ブラシに絡まった髪の毛などをカットする)機能がついているタイプがほしいというので、こちらに決まりました。これまでどちらかというと質実剛健、堅実な感じで無難なデザインのものを選んできた二人ですが、掃除機については出しておいてすぐに使えるもの、しかもデザイン性に優れたものがいいというのがあって、にこにこでした。

ということで、ポイントも使いつつ、見事15万円でおさまった今回の買い物。お二人も満足してくださったようでうれしかったです。

------

今回のように、量販店で階をまたいでの買い物の場合は、配送のことなどもあるので、「まとめ買いアドバイザー」にお願いをするとスムーズです。この企画でも、ロケの収録後に、最終的な会計の際には、まとめ買いアドバイザーの方にお願いしました。

同じ新生活でも、1人暮らしの場合と、お二人で新生活を始める場合では選び方も変わってきます。冷蔵庫や洗濯機などの容量なども違うし、ライフスタイルを今後どのように送っていくかなども考慮しないといけません。そういう意味でも、このラジオ企画でアドバイスさせていただき、私自身もとても勉強になりました。

ロケの合間に、ビックカメラの広報さんから、同社の企業精神や創設者の思いなどについてもいろいろと伺うことが出来たのもありがたいことでした。こちらについては、あたらめて別記事にて紹介したいと思います。ご協力、本当にありがとうございました!





2013年04月07日

【家電批評5月号】新製品辛口速報で「ノンフライヤー」を検証・記事監修をしました

kadenhihyou201305.JPG

家電批評 2013年 05月号

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

発売前から予約が殺到しているというフィリップスの「ノンフライヤー」。私もテレビ番組などで何回も使わせていただきましたが、今回「家電批評」5月号の巻頭特集「新製品辛口速報」(P8-9)にて、このノンフライヤーの検証記事の監修をしました。実際に、ライターさんと一緒にノンフライヤーを使ってみています。

sinseihin_karakuchi.jpg

1つ、ここで言っておきたいのですが、この「ノンフライヤー」(海外では『エアフライヤー』の名称で発売されています)、何も画期的な仕組みなのではなく、いわゆるコンベクションオーブンの一種なのです。

3.JPG

ノンフライヤーの上部をのぞいてみると、こんなふうに渦巻状のヒーターがついていて、その奥には扇風機のような羽根(ファン)がついています。

1.JPG

揚げ物をする容器の底面には、洗濯機のパルセーターのような突起がついていて、先ほどのファンとの連携で、ヒーターの熱を効率的に循環させて食材に熱を通しているのですね。

コンベクションオーブンというのも、ヒーターの熱を背面についたファンで循環させて食材を外はこんがりと、中までムラなく焼き上げるものなので、まさに同じ仕組みです。

ノンフライヤーは形状が異なっている点、庫内が狭いので、高温に達するまでの時間もスピーディで熱効率も良い点で注目されているのです。

6.jpg

今回、初めて取扱説明書を手にとってみる機会に恵まれたので、いろいろとチェックしてみましたが、レシピブックはわかりやすいのに、こちらはちょっと不親切な印象。

4.JPG

ノンフライヤーの温度設定が80℃〜になっているので、たぶん「保温」もできるし、市販の揚げ物の「温め直し」などにも便利に使えるのではないかと思って取説をくまなく読んだところ、本当に小さな囲みで上のような「■ポイント」という説明を見つけました。

その下から3番目にあったのが

・ノンフライヤーで食材を温め直すことも可能です。食材を温め直す時は、調理温度を150℃、調理時間を10分以内に設定し、調理してください。

の文言。やっぱりね。

5.JPG

ということで、家電批評の検証でも、天ぷらを急きょ買ってきていただいて、温め直しをしてみたところ、下に余分な油が落ちて、サクッと揚げたてのようになりました。このあたり、「マツコの知らない世界」でもご紹介した、三菱電機の「ジタング」と似ていますね。

karakuchi_sally.jpg

誌面でも、天ぷらやかき揚げの温め直しの検証について、ご紹介しています。温め直しをする使い方は、まだ他の媒体ではあまり取り上げていないと思うので、独自性が出てよかったのではと思っています。

あと、今度機会があったらぜひ試してみたいと思っているのが、ノンフライヤーでの「揚げだし豆腐」づくり。レシピブックの最後のほうに掲載されているのに気がついて、「これはいいかも!」と。揚げだし豆腐というのは、ご存じのとおり、お豆腐を水切りしてから、片栗粉をまぶして油で揚げ、出汁をかけていただくものですが、しっかりと水切りしないと油に入れた時にハネやすいし、粉が散って油も汚れるので、面倒になりがちなんですよね。型崩れの心配もあるし。

それがノンフライヤーだったら、水切りして片栗粉をまぶしたら、網にのせてセットするだけなんですから、本当に手軽です。ノンフライヤーで調理している間に、小鍋で出汁を作ってジュッとかければOKだなんて便利だなあと思います。

そうそう、もう1つ、ノンフライヤーの後ろ姿って、かわいいというか、日本の家電にはありえないような姿をしているんですよ。

7.jpg

コードが本体の底面に収納できる「コードリール式」なんですが、収納を終えた段階で、この写真のように、しっぽができるんです。だいたい9〜10cmくらい。だから収納時に壁にぴたりとつけておくことができないんですよね。

このことについて、Facebookなどでも話題にしたところ、「ノンフライヤーの背面にある排気口から熱風が出てくるため、調理中に壁にぴったりつけてしまわないように、あえてしっぽみたいにして壁から離して設置させようとしているのではないか」との結論に至りました。たぶんそうなんでしょうね。それに海外では、キッチンが日本みたいに狭くないので、収納時の問題なんてないのでしょう。

でも、これを日本のメーカーさんが作ったら、後ろのしっぽはなくす代わりに「使用時には壁から10cm以上、離してください」という注意書きになるのだろうなと。

それにね、コードの長さが90cm弱とものすごく短いのも気になるところ。テーブルの上に置いて使う・・・なんていうのはちょっと無理です。1450WとW数が高いので延長コードの使用は避けたほうがいいと思うのですが、このあたりは、次世代モデルで改善されるといいですよね。

ということで、話題満載のノンフライヤーの記事、家電批評のP8-9に掲載されていますので、チェックしてみてくださいませ。






2013年04月06日

【神原サリーの家電歳時記】春編:一人暮らしのための家電選び

sketches_4_h1.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

昨日放送されたTBS「マツコの知らない世界」ゴールデン特番、たくさんの方にご覧いただき、メッセージなどをお寄せいただいて反響の大きさに驚いています。まだまだたくさんのキッチン家電をマツコさんに紹介していて、特番でカットされてしまった部分については後日、深夜枠のほうであらためて放送されるようですので、そちらもぜひよろしくお願いします。

さて、山善さんのサイト「YAMAZEN BOOK」に、季節の移り変わりに合わせた家電の話題をお届けしている「神原サリーの家電歳時記」の最新コラム第4回「春編:一人暮らしのための家電選びがアップされましたのでお知らせします。

春から初めて一人暮らしを始める方が、どんな家電を選べばいいのか、「キッチン家電」「家事家電」「美容・健康家電」の3つのカテゴリーに分けてご紹介しています。基本的には、山善さんのオリジナル家電や取り扱いのある家電を取り上げていますが、一般的な選び方としても十分役立つ内容だと思います。

また、こだわりの逸品のコーナーでは、LEDプランターを取り上げてみました。日中留守にしている人でも、LEDの光が日光の代わりになるので、室内で草花や野菜などを育てることが出来るため、今人気急上昇中。ミニバラ、ミニヒマワリなどのほか、ハーブやベビーリーフなどの野菜も作れるなんて楽しいですよね。家に帰ってのくつろぎ空間にグリーンがあるとリフレッシュできるし、自分で育てた新鮮野菜が食べられるなんて魅力的でしょう?


第4回「春編:一人暮らしのための家電選び」 | YAMAZEN BOOK


sketches04_img_09.jpg

2013年04月04日

【お知らせ】明日4月5日(金)21時〜TBS「マツコの知らない世界SP」〜キッチン家電の世界に出演します!

sally.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

なんと私、あのマツコ・デラックスさんとの共演を果たしました! 番組はTBS「マツコの知らない世界」で、しかも金曜ゴールデン枠でのスペシャル版です。いつもは金曜の深夜に放送されていますが、明日4月5日の放送は21時〜23時。30分ずつ4つの世界が展開されます。

今回の番組では「キッチン家電」のスペシャリストとしてマツコさんにプレゼンするというもの。肩書きも番組では『キッチン家電ジャーナリスト』となっています。スペシャルということもあって、スタジオには炊飯器やオーブンレンジ、冷蔵庫、ホームベーカリー、トースターその他、本当にたくさんの家電が勢ぞろい。実際に私が実演をしてマツコさんに食べてもらう場面も多数紹介されるかと思います。

収録は3時間30分、ノンストップで行いましたが、30分の枠に編集されてしまうため、放送されるものがかなり限られてしまうのはちょっと残念。明日放送されなかった部分については、今後、「番外編」の扱いで、深夜枠にて別途放送されるようです。

ちっともキッチン家電に興味がなかったマツコさんだったのですが、最後はすっかり仲良しになって意気投合しました。

台本を全く見ないで、私の完全フリートークで進めた「キッチン家電の世界」。放送は22時〜23時の時間帯になると聞いています。がんばりましたので、お時間のある方は、ぜひご覧ください!そうそう、放送ではカットされているかもしれませんが、マツコさんに『美魔女』認定をいただきました〜

マツコの知らない世界 - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表]

マツコの知らない世界|TBSテレビ



2013年04月01日

【Pen連載 白モノ家電コンシェルジュ】今月の逸品はケルヒャーのベランダクリーナー

pen_20130401.JPG

Pen (ペン) 2013年 4/15号

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

今日から新年度、4月ですね! 怒涛のスケジュールが続いた3月が終わり、さらにパワーアップしてリスタートしたいと張り切っている私です。先週はラジオ出演やテレビ収録、イベントへの登壇が相次いだのですが、ここで告知する余裕もなく(TwitterやFacebookではお知らせしていたんですけど)、どんなことをお話ししたかについては、追ってご紹介いたしますね。

さて、今日は連載コラムを執筆しているPen 2013年 4/15号の発売日。今号でご紹介しているのは、3月に発売されたばかりのケルヒャーの高圧洗浄機「ベランダクリーナー」です。

その名のとおり、マンションのベランダや玄関、お風呂掃除に便利に使えるコンパクトで静かな日本向けモデル。これまで高圧洗浄機は郊外の一戸建てに住んでいる人専用だと思っていた人にも、本当に便利に使えます。

ケルヒャーでは、ベランダクリーナーで楽しみながらお掃除することを『大人の水遊び』と言っていますが、億劫になりがちなお風呂掃除も水遊び気分で楽しくできたらいいですよね! 価格は2万7800円程度。この1台で新しいお掃除のスタイルが始まりそうです。

20130401_pen.JPG