2013年12月10日

【MonoMax2014年1月号】最優秀モノ2013〜生活家電部門

MonoMax201401.jpg

Mono Max (モノ・マックス) 2014年 01月号

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

年末はモノ雑誌からの取材がピークを迎える時期ですが、昨年に続いて宝島社発行「MonoMax」2014年1月号の『最優秀モノ』企画の生活家電部門にて審査員を務めました。

MonoMax201401_kaden2.jpg

30代の男性をターゲットにした雑誌ということもあり、審査員では昨年同様、紅一点。年間のラストを飾る企画ということで、正装に近い衣装での撮影といわれ、肩を出したドレスで撮影しました(ところがなぜだか、パールのネックレスが斜めに。よーく見ないとわかりませんが)

今回、編集部からリストアップされたのが、「オーブンレンジ」「掃除機」「洗濯機」「ジューサー・ミキサー」の4部門。4人の審査委員が細かく評価した点数の総合ポイントで大賞を決定したようです。

高級オーブンレンジ部門ではパナソニックの3つ星ビストロ、掃除機部門では東芝のトルネオVが、洗濯機ではパナソニックのドラム洗が、そしてジューサーミキサー部門ではシャープのヘルシオジュースプレッソが大賞に選ばれています。

そして「優秀イチオシ一芸家電」として、私が推薦したのが、アラジンの遠赤グラファイトヒーター。似たようなヒーターはいろいろとありますが、グラファイトヒーターの場合、わずか0.2秒という速暖性と、ヒーターそのものの強度があり、耐久性に優れていることがイチオシポイントです。メイン暖房にはなりませんが、近くに置いてサブ暖房として使うにはとてもいいですよ。


MonoMax201401_kaden.jpg

そうそう、MonoMaxといえば附録。しかも年末発売号は毎年豪華付録がつくことで有名です。昨年はCOACHの万年筆が附録につき、23万部を完売するというすごさ。

で、今年もまたCOACHです。今号では、折りたたみ式のトラベルクロックがついてきます。アマゾンで見たら、今日発売のはずなのに、すでに「出品者からの販売」になっていました。お店にはまだあると思いますので、お急ぎくださいませね。

coach_1.jpg coach_2.jpg