2017年02月04日

【Pen連載コラム】今月の逸品は「家具のように美しくたたずむ小ぶりの冷蔵庫」

IMG_0021.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

2/1発売のPenに執筆した連載コラム「白モノ家電コンシェルジュ」では、1月に発売されたばかりのシャープの小型冷蔵庫を取り上げました。コラムにも書きましたが、これまで一人暮らし用の小さな冷蔵庫というと、価格の安さが重視され、デザイン性などは二の次でしたが、ファーストシングルだけを対象としない“大人の冷蔵庫”がこのモデルです。

IMG_0022.JPG

ガラスドアを採用しているだけでなく、どこから見てもスクエアなフォルムが際立つインテリア性の高さが特徴です。

PB249473.JPG

コラムにも書いたように、ブラックのモデルの上に、同社のウォーターオーブン「ヘルシオ」の小型モデルのブラックを載せると、まるで最初から1つの家電だったようにしっくりと来るところも素敵です。

11月下旬に行われた発表会も、世界観をわかってもらおうということで、原宿にあるハウススタジオの一室を使って開催されました。

PB249474.JPG

正面から見ると一本のラインにしか見えない冷凍庫の引き出しの取っ手は、こんな形状になっています。

PB249459.JPG

爪の長い女性でもきちんと指が引っかかり、負担をかけない取っ手の形と、デザイン性との両立は大変だったといいます。

PB249461.JPG

扉を開けた時の奥のパネルのカラーや棚のデザインにもこだわったとのこと。

PB249476.JPG

ホワイトのモデルもあります。

PB249477.JPG

感動するくらい天面が美しいので、レンジを置いたりしないでディスプレー用の棚=家具のような使い方もできます。

そして、もう1つ。引っ越しの多い方にとても重宝されている「どっちもドア」の精神が、この小さな冷蔵庫にも生かされていて、こちらは「付け替えどっちもドア」仕様に。右開きタイプと左開きタイプが用意されているのではなく、自分でも簡単に右開き、左開き仕様に変更できるのです。

Penのコラムなので、いつものように文章の美しさにも注力して心をこめて書いています。今号の特集は「エルメスの秘密」で写真も美しく、読み応えもたっぷり。

ぜひ手にとってお読みいただけるとうれしいです。