2017年12月12日

【くらしと】2017 冬号にサリーさんの記事が掲載されました

こんにちは。
サリーさんのアシスタントの森尾雪です。

株式会社 大京アステージの季刊情報誌「くらしと」2017 冬号にサリーさんの連載記事が掲載されたのでご紹介します。

kurashito2017w.jpg

こちらは、大京グループの管理会社が管理するマンションにお住まいの居住者さまおよびマンションオーナーさまに配布する情報誌です。 (季刊:3、6、9、12 発行)

サリーさんは“イマドキ家電”のツボというコーナーで連載しています。

2017年冬号では、ほったらかし調理家電にスポットを当て、「電気無水調理鍋」「電気圧力なべ」「スロークッカー」などをご紹介しています。

kurashito2017honbun.jpg

内容の一例をあげると、

「電気無水調理鍋は、野菜から出る水分を上手に循環させる無水調理のため、栄養価が流れ出ずに旨みが凝縮されておいしく仕上がります。
しかも、ふたの内側についた羽根で食材をかきまぜ、温度をコントロールしてくれるので煮込みメニューや蒸し料理など、多彩なメニューが作れます。

電気圧力鍋のメリットは、圧力弁をゆるめたり時間を計ったりする手間がいらないところです。
料理によって異なる圧力の調整も、付属のレシピブック通りにセットするだけであとはおまかせ。魚の骨まで柔らかく煮込めます。

無水調理や圧力といったワザを使わず、電気の力でじっくりことこと煮込むのがスロークッカーです。
火を使わないから安心してゆっくり炊き上げるので、朝にセットすれば、夕食のころには味のよく染みた絶品料理ができあがります。」

……これに、さらに「うふふ」なポイントがプラスされています。

私も共働き世帯なので、ほったらかし調理家電にはとても興味があります。
ただ単に、家事が楽になるだけでなく料理のバリエーションが増えたり、栄養がきちんと採れたりといった点も見逃せないですよね。

これからどんどん寒くなるのであたたかい煮込み料理が食べたくなる季節です。


今回取り上げた商品たちは、それぞれにそれぞれの良さがあります。
ライフスタイルや用途、家族構成などによって上手にセレクトしていただきたいとサリーさんは話しています。


【Goods Press】1月号 傑作BEST×BUY生活家電部門にコメントをしています



こんにちは。
サリーさんのアシスタントの森尾雪です。


「Goods Press」1月号 「GP AWARD 2017 傑作BEST×BUY」のコーナーにサリーさんが登場しています。


「あまりアワードが好きではない」と話すサリーさん。

なぜなら、どんな製品にもつくり出した方や販売している方、そして購入したファンの方がいるということ、製品に係るすべての方に敬意を払う意味でも順位を付けたくはないそうです。
製品に対する愛情の深さを感じます。

今回の特集は、ひとつの商品群の中で順位づけをするのではなく、生活家電部門という大きなカテゴリーの中でがんばったものを「Goods Press」編集部が選んでいて、序列をつけるわけではない記事で、サリーさんはその中で総評をお話ししています。

GoodsPress201801honbun.jpg

2017年は独自に進化を遂げた生活家電が印象に残ったとのこと。

たしかに、デザイン性の高いもの、お手入れがしやすいよう内部の抗菌性や清潔性をアップさせたもの……インターネット接続によりスマホで操作ができるものや空気環境を可視化したものなど、それぞれとがったところがある家電が目立ちました。

私自身、IoTと聞いても以前は「まだまだ先のこと」と考えていたのですが、今年はスマホで操作ができる家電が続々と発売され、あらゆる製品にいきわたってきたように感じます。


先日、家電量販店に行った際にもスマートスピーカーを店頭で精力的に販売していました。
これからは、声で操作する時代なのですね。

来たる時代に備え、私は今から滑舌の特訓をしようと思います。


話は戻りまして、衣類ケア商品の充実も見逃せません。「10分洗濯」のできる洗濯機、衣類スチーマーでは衣類のシワだけでなく除菌や脱臭にも着目されてきています。