2016年01月18日

【日刊ゲンダイ連載コラム】愛しの家電日誌・第7回は“寒くない気化式”のダイキン加湿空気清浄機「スリムタワー」

IMG_1900.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

1月7日発行(1/8付)の日刊ゲンダイ「神原サリー『愛しの家電日誌』」では、そろそろ気になってくる花粉症対策の1つとして、ダイキン工業の加湿ストリーマ空気清浄機スリムタワー MCK55Sを取り上げました。

この空気清浄機の特徴は、その名のとおり、スリムなのにパワフルなこと、本体のカラーが4種類そろっていて、インテリアに合わせて選べることにあります。本体のコンパクトさと静音性は反比例するものですが、本体内の配置を見直し、ファンの位置を最初に持ってきて、下から順に積み上げるという新しい構造にしたことでk距離減衰を起こさせ、フィルターが防音壁となり、静音性を実現。運転音が小さく、キーンという耳障りな音がしない仕組みになっています。

もう1つダイキン工業の加湿空気清浄機ならではの大切な特長があります。それは、2008年にダイキン工業が空気清浄機に初めて加湿機能を持たせたときから一貫して取り入れていることなのですが、「加湿時に室温が下がった感じがしない」「加湿する空気が冷たくない」ということ。

★当時の記事はこちら

今回の本体構造は「うるおい光クリエール」とは異なりますが、気化式によって加湿された「室温−2度」の風と、室温の風をミックスさせる方式をとっているため、出てくる風が冷たく感じにくいのです。

コンパクトなので寝室や子ども部屋などにもぴったり。PM2.5にも対応し、脱臭機能にも優れた加湿空気清浄機です。