2016年05月11日

【デジモノ!シロモノ家電多事争論掲載】ダイソンヘアドライヤーの本当の魅力は風量や温度やコンパクトさじゃない

1.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

4月27日に発表されたダイソンのヘアドライヤー「Dyson Supersonic」。世界に先駆けて日本で新製品発表会が行なわれたため、海外からも記者が訪れ、大盛況となりました。主だった記者たちにサンプルとして製品が配られたこともあり、その日のウェブの記事やSNSなどを大いに賑わせていました。

ただ、私としては日ごろドライヤーなど使ったこともなさそうな男性諸氏が「これはいい」と絶賛している声には疑問を呈さずにはいられない気持なのも事実。決して悪い製品ではありませんし、魅力にあふれた製品だとは思いますが、「いいのはそこではない!」と。

そんな私のもやもやした気持ちについて、デジモノステーションがおくるデジタルメディア「デジモノ!」の連載企画『シロモノ家電多事争論』にてコラムを書かせていただきました。



もちろん、記事内の画像も私が撮影したものですが、発表会が開催されたヒカリエのホールは暗くて、席もステージから遠かったのに、私の使っているオリンパスの10倍ズームのカメラが威力を発揮して、思ったよりもきれいに撮れていてよかったです。

今後も、時折、この『シロモノ家電多事争論 』に記事を書いていく予定ですので、よろしくお願いします!


posted by sally at 08:21| 美容&健康家電のこと