2016年05月16日

【Pen連載コラム】今月の逸品は家庭用超小型タイプのプラネタリウム「メガスター・クラス」

3.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

昨日発売されたPen(6/1号)に掲載の連載コラム「白モノ家電コンシェルジュ」では、大平技研の家庭用プラネタリウム「メガスター・クラス」を取り上げました。プラネタリウム・クリエイター大平貴之氏が生んだスーパープラネタリウム「メガスター」シリーズ初の家庭用で、100万もの星を投影することができる本格的なものです。

科学館などのプラネタリウムにはプログラムがあり、好きな時間に思いのままに楽しむというわけにはいきませんが、このメガスター・クラスがあれば好きな場所で好きな時に、満天の星空を体感することができるのです。

白金にあるプラネタリウムバーにこのメガスター・クラスを持ってきていただいて、実際に体感しながら、大平貴之氏に取材して記事にしています。しかもその後で、担当の方が、広尾のアトリエにも、持ってきてくださり、遮光カーテンで光を遮断した状態で投影してくださいました。2回も体感できて幸せ者の私です。

で、その感激の思いを文章にしています。いつもPenのコラムは内容もそうですが、文章そのものの構成や美しさに命をかけていますが(大げさ!)、今回も締め切りぎりぎりまで悩んだものの、うまくまとまったなと自画自賛しています(笑)。

ですので、ぜひぜひ書店で手にとってお読みくださいませね。kindle版のPenもあるようですよ。



4.jpg