2017年01月25日

【うふふ家電認定】シャープの紙パック式の掃除機が素敵過ぎる!

3.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

いつも私が発信している家電たちは、デザインも機能も優れていて、五感に響いて愛着のもてる「うふふ家電」ばかりなのですが、中でも昨年12月に発売されたシャープの紙パック式の掃除機(EC-KP15P)は本当に可愛らしくて、文句なしの「うふふ家電」です。

シャープからは特にリリースもされず、いつのまにかウェブサイトに載っていた・・・というものなので、メディアの人間でもこの掃除機を知らない人が多く、アトリエに置いてあるのを見て、「これどこのですか? かわいいですね!」という人が続出しています。

1.jpg

ほらね、こんなふうにアトリエの一画に(しかもかなり目立つところに)置いてあるのですが、いい感じでしょう? ここ2〜3年のトレンドとして、出したままにしておいて、使いたいときにすぐに掃除できるものとして「コードレススティック」タイプが人気ですが、キャニスターだってデザインがよければこうして出しておいても大丈夫なんですよね。

8.jpg
しかも、このクリーナーはご覧のとおり、ものすごくコンパクトなのです。新聞を4つ折りにした大きさとほぼ同じくらい。つまりA4サイズ弱。そしてとても軽いのです。

5.jpg

だからこんなふうに掃除機本体を持って狭いところや階段などを掃除する時にも、女性でも負担なくもてる軽さです。

6.jpg

これは掃除機を左手で持っているところを上から撮影した様子です。

4.jpg


そして、最近では珍しい紙パック式。コードレススティックがいくら便利だといっても、サイクロン式でたまったゴミが見えるし、ダストカップも小さいのでゴミを捨てる手間がいりますが(でも、それが「こんなにゴミが取れた!」という達成感にもつながりますけれど)、紙パック式なら少なくとも1か月は大丈夫。

7.jpg

こんなふうにマットだけれど高級感のある質感のブルーに、イエローのマークがちょうどいいアクセントになっています。コードリールが後ろではなく横から出ているのも本体がスクエアで従来の掃除機っぽい形でないデザインを可能にした勝因。

実はシャープは長年、サイクロンクリーナーに力をいれてきていて、紙パック式クリーナーの新モデルを出すのは本当に久しぶりのこと。こんなにデザインが素敵で、年配の人にも使いやすい軽さの新モデルなら、もっと大々的にアピールしてもいいと思うのですが、たぶん価格がとても安いので、“売りたい=売れてほしい”のは価格の高いサイクロン式や、業界最軽量のコードレススティッククリーナー「ラクティブエア」のほうなのでしょう。

だってこの掃除機、Amazon価格で2万円ちょっとなんですもの。私がアトリエに置いているブルー×イエローのほか、シルバー×ホワイトのモデルもあります。ちなみにベーシックな機能の掃除機ですが、自走式のブラシがついているので、カーペットやラグの掃除も楽にできます。

9.jpg

このショットは、アトリエに持ってくる前に自宅に届いたときのもの。なぜか黒ラブ・大和がこの掃除機をとても気に入ったようで、掃除機から離れなくて。珍しいことだったので思わず写真を撮りました。

いわゆるトレンドとは離れているかもしれませんが、「紙パック式がいい」「お手頃価格でデザインのいいものがほしい」という人には、本当におすすめできる1台だと思います。店頭でぜひチェックしてみてくださいね。


posted by sally at 09:25| Sally's うふふ家電