2017年01月30日

「家電メルマガ」第1集:神原サリーとゆかいな仲間たち〜Kindle版がリリースされました


こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

3年前の秋から発行を始めたメルマガもすでに83号になり、過去記事がずいぶんたまってきたということで、一緒に発行している一条真人さんがKindle版に編集し直して、Amazonで買えるようにしてくれました。メルマガ1号から11号までの11回分、33記事が収録されています。読み放題もKindle unlimitedでも読めますので、利用されている方は、お時間のある時にでもぜひ目を通していただけるとうれしいです。そうでない方も、けっこうな読み応えで300円ですのでお得ですよ〜。※表紙の下半分にあるのは、私の家電アトリエのドアに貼ってある看板です♪

以下、私が書いた「はじめに」から抜粋しました。

------

★はじめに★
 この書籍は、生活家電をはじめスマートフォンやカメラ、パソコンなどに詳しいライター陣3人が集まって、2014年10月から毎月3号ずつ発行してきた有料メルマガのコンテンツをまとめたものです。
 ことの発端は、連日の新製品発表会ラッシュの中で、アウトプットしないままに埋もれてしまう情報や感じたことなどを発信していくものがあるといいという点で3人の意見が一致したことでした。PCなどのデジタル系で長年取材を続け、書籍も多数発行している一条真人、ゲーム業界のことにも詳しくカメラやスマートフォンのことなど精力的に取材している岡安学、生活家電や美容・健康家電分野で取材を続けている神原サリー。ジャンルは違えども白物・黒物の家電まわりに詳しい点では共通した3人の日々の思いやこれからの業界のあり方、取材したばかりのほやほやの情報などをそれぞれ「What a funny world l live」「家電の余談」「本日も家電日和。」というコラム名で1回も休まず綴ってきま来ました。
 メルマガのタイトルであり、この書籍のタイトルでもある「ブログに言えない家電の話」のとおり、本音炸裂。時には少々毒を吐き、業界にモノ申し、「こうなればいいのに!」ということを書いていますが、すべては家電愛が強すぎるゆえのこと。ここで書いたコラムが元になり、機が熟した後で、業界誌の連載コラムで昇華されていくなどという例も多々あります。3人の熱い思いをどうか堪能してくだされば幸いです。(神原サリー)

--------

さらに紹介してしまうと、私が毎号メルマガに書いているコラム名は「本日も家電日和。」ですが、今回収録している11記事のタイトルは、下記の通りです。

001 「KOIZUMI洗える電気毛布」
002 「CEATEC2014雑感」
003 「ダイキンのエアコン『うるるとさらら』誕生から15年目の真実」
004 「経済ドキュメンタリー『新風を巻き起こせ!家電メーカーの挑戦』に思うこと」
005 「これは家電です!〜エッジという名の最高に安全でおいしい浄水器」
006 「4Kテレビとユーザビリティ」
007 「ハウスダストによるアレルギー症状でつらい日々を過ごす子どもたちのために」
008 「業務用厨房機器の進化から『調理家電』の未来を考える」
009 「家電量販店のアウトレット、最新事情とほんの少しの懸念」
010 「オーブンレンジをリビングに!?〜置き場所を変えると見えてくるもの」
011 「ハイアールアジアの家電革命に思うこと」

自分で言うのもなんですが、けっこうも多岐にわたった内容で、中身も濃いなあと。こうしてまとめてくださった一条さん、そしていつもメルマガの編集をしてくださっている編集長の岡安学さんに感謝です。