2017年12月04日

【Senka21】12月号は7つの質感やカラーで新たなエアコンの選び方を提示したエアコンです

こんにちは。
サリーさんのアシスタントの森尾雪です。

senka12hyo.jpg

音元出版「Senka21」12月号、サリーさんの提言はダイキン工業の室内機の前面パネルに7つの質感やカラーを施した新しいエアコンを題材に、多様な価値観に対応した今までのエアコンとは違うアプローチを考察しています。

昨今のエアコンは、省エネ性を追求すべく熱交換器をたくさん搭載し、室内機も室外機もどんどん厚さや大きさが増しています。
私自身もわりと省エネ性は気にしています。笑
もちろん、省エネ性が高いほど電気代を気にせず使えるのでそれも一つのメリットといえます。

ですが、昨今の多様な価値観に対応するには省エネ性だけではなく、別の切り口も必要ですよね。


そこで新たな選択肢を提示するのが、今回ダイキンが発表した「risora」なのです。
室内機本体の奥行は185pと業界最薄。薄さだけでなく7つの質感やカラーを選べるのが大きな特徴です。

daikin_risora.jpg

質感というのは、光沢のあるラインホワイト、ソファの張地を表現した質感のファブリックホワイト、
マットと艶の質感を織り交ぜたブラックウッド、木目のインテリアにもマッチするグレイッシュブラウンメタリック、
編み込まれたような質感のツインゴールド、北欧をイメージさせるナチュラルなソライロ、
自然に溶け込むようなフォレストグリーンなど、
カラバリだけでなくカラーに合わせて、特殊なフィルムを重ねることによってできる前面パネルの表情の違いなのです。


デザインコンセプトは日産「Be‐1」やオリンパス「O-Product」など、人々の価値観を覆すようなプロダクトデザインを手掛けた坂井直樹氏。

坂井氏は「デザインはローコストハイリターンの経営資源。経営者がデザイン価値を経営資源と考える企業は成功している」と話しているそうです。

また、消費者が自分のライフスタイルに合わせて「いかに暮らすか」という価値観によって、商品を選択できる時代へと移り変わっていくことを示唆しています。

senka12honbun.jpg

サリーさんが提唱する「うふふ家電」とはデザインも含めて、そこにあるのを眺めているだけでうれしさが込み上げてくる、使う人の気持ちに合った家電のことを言いますが、坂井氏の思いと共通点があるのかもしれないですね。



本文では、リモコンのデザイン、無線LANアダプターが外にはみ出ない仕様になっていることなどにも触れています。
目からウロコな内容でした。


詳しくは、Senka21 12月号をお読みいただければと思います。

Senka21 12月号P78〜79にサリーさんの記事が掲載されています。

posted by sally at 00:00| Senka21〜業界への提言