2017年12月12日

【くらしと】2017 冬号にサリーさんの記事が掲載されました

こんにちは。
サリーさんのアシスタントの森尾雪です。

株式会社 大京アステージの季刊情報誌「くらしと」2017 冬号にサリーさんの連載記事が掲載されたのでご紹介します。

kurashito2017w.jpg

こちらは、大京グループの管理会社が管理するマンションにお住まいの居住者さまおよびマンションオーナーさまに配布する情報誌です。 (季刊:3、6、9、12 発行)

サリーさんは“イマドキ家電”のツボというコーナーで連載しています。

2017年冬号では、ほったらかし調理家電にスポットを当て、「電気無水調理鍋」「電気圧力なべ」「スロークッカー」などをご紹介しています。

kurashito2017honbun.jpg

内容の一例をあげると、

「電気無水調理鍋は、野菜から出る水分を上手に循環させる無水調理のため、栄養価が流れ出ずに旨みが凝縮されておいしく仕上がります。
しかも、ふたの内側についた羽根で食材をかきまぜ、温度をコントロールしてくれるので煮込みメニューや蒸し料理など、多彩なメニューが作れます。

電気圧力鍋のメリットは、圧力弁をゆるめたり時間を計ったりする手間がいらないところです。
料理によって異なる圧力の調整も、付属のレシピブック通りにセットするだけであとはおまかせ。魚の骨まで柔らかく煮込めます。

無水調理や圧力といったワザを使わず、電気の力でじっくりことこと煮込むのがスロークッカーです。
火を使わないから安心してゆっくり炊き上げるので、朝にセットすれば、夕食のころには味のよく染みた絶品料理ができあがります。」

……これに、さらに「うふふ」なポイントがプラスされています。

私も共働き世帯なので、ほったらかし調理家電にはとても興味があります。
ただ単に、家事が楽になるだけでなく料理のバリエーションが増えたり、栄養がきちんと採れたりといった点も見逃せないですよね。

これからどんどん寒くなるのであたたかい煮込み料理が食べたくなる季節です。


今回取り上げた商品たちは、それぞれにそれぞれの良さがあります。
ライフスタイルや用途、家族構成などによって上手にセレクトしていただきたいとサリーさんは話しています。