2019年10月26日

ルイスポールセンのあかりとグリニッチのビンテージ家具とヒュッゲと

D33A57D6-18A1-4A21-8C25-A2BE1C8A0E77.jpeg
こんにちは。家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリーです。

今年60周年のアニバーサリーを迎える北欧デンマークのルイスポールセンのショールームで取材をさせていただく機会を得ました。名前は知らなくとも「その照明、見たことがある!」というのが多いのが同社の代表的なPH5という名作です。

これは1958年にポール・ヘニングセンがデザインしたもので、「PH5」という名前もその頭文字からきたものです。大きなポイントが電球を覆い隠してまぶしさを取り除いている「グレアフリー・デザイン」だということ。そして、「対数螺旋」というカーブを持ったシェードが光を効率よく集めて、テーブル面に500ルクス以上の明るさを得ることができるのです。ちなみに対数螺旋とは、37度の角度で光が入って出ていくもの。ショールームにはこの仕組みをわかりやすく説明した機器も置かれていて勉強になります。


北欧ではシーリングライトのように部屋全体を煌々と照らすあかりを使っていませんが、あかりを上手に組み合わせて居心地のいい空間を作っています。今回取材したショールームも間接照明しか使っていないので部屋全体としては明るすぎない落ち着いた空間になっているのですが、このPH5の下にあるテーブルでお話をうかがっていると手元のノートがものすごく明るく照らされてメモを取りやすいことにびっくりしました。


C8A772EC-CB15-4E68-A952-9438BA46EBB6.jpeg


PH5の吊り下げ方にも秘密があって、卓上から器具の下端の距離を60cmと低く吊り下げることでテーブルを囲む人々の表情を柔らかく美しく見せる効果があるのですね。そして、十分に明るいのにまぶしくなく、シェードによって生まれる光のグラデーションがなんとも心地よいというこれまでにない照明体験ができたのでした。


ヒュッゲな世界観を作るのに重要な照明について取材した後で足を運んだのが、代官山にショップを構え北欧のヴィンテージ家具を扱う「グリニッチ」の隠れ家。目黒から徒歩7〜8分に位置する築30年ほどのマンションの1室で、同社の家具を中心にそれ以外の家具や雑貨も置かれた実験的な住まい。「実際に人が住んでいないと生きていない空間になる」という考え方から、なんとここは同社の社長さんの住まいでもあるのです。グリニッチは鳥取県の米子市にも拠点があり(店舗とヴィンテージ家具のリペア)、代官山と米子を行き来しているため、東京の住まいがこの隠れ家というわけですね。


AFB21F09-C467-415E-90DE-076586929E08.jpeg


窓の外には緑が広がって、目黒にいるとは思えない立地なのも素晴らしいのですが、濃いブルーの壁紙や椅子の張地を使って特注したカーテン、数々のヴィンテージ家具やグリニッチオリジナルの椅子などが共存し、なんとも居心地のいい空間になっています。週末の夜には低いガラステーブルを囲んでボードゲームをしたり、これまたヒュッゲな暮らしそのもの。


この日、案内してくださった安達さんは「インターネットの発達などで買い物などに費やす時間が少なくなり、家の中で過ごす時間がますます増えていく今、人生100年時代ともいわれている中で、どうやって過ごすのがいいのかを提示する場所にしたい」としています。「こだわった家具などを置くことで気持ちが前向きになったり、趣味に打ち込めたりする。壁のクロスを張り替えるだけでも気持ちが変わるし、それが趣味の一歩になることもある」と。

独立したキッチンも見せていただきましたが、そこにあったのは木製の取っ手がついたamadanaの冷蔵庫! あらためてみるとやっぱり「木目調」ではなく、「本物の木」が使われた冷蔵庫は本当に素敵でした。

5CEBE228-AA91-4796-ADD3-1312B610CB9E.png


で、1つ思ったのがヒュッゲな暮らしに絶必なのは食洗機なんじゃないかなと。みんなでゆったりとした時間を過ごすには音が静かでみんなが使った食器をまとめて洗える食洗機があればだれかがキッチンにこもって後片付けというのがなくなりますものね。そしてリビングやダイニングにケトルやコーヒーメーカー、コンパクトでインテリア性の高い冷蔵庫などがあったらもっといいなと。秋になったら、そんな記事を家電Watchのコラムで書きたいなと思っています。

posted by sally at 11:22| デザインと暮らしと