2020年01月07日

【新年のご挨拶】所属事務所の移籍のご報告と今年の抱負と

IMG_0186.JPG

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

遅ればせながら、七草の日に新年のご挨拶となりました。冒頭の画像は不器用な私が四苦八苦しながら作ったかまぼこ細工のねずみです。毎年2日に長男夫婦が来てくれるのですが、私たち夫婦と長男夫婦、そして次男の分の5匹、今年もみんな仲良く幸せに暮らせるようにと願いを込めて作りました。お皿は昨年1月に取材で訪れた長崎県佐世保市にある「臥牛窯」で一目ぼれして、エイヤッと自分に掛け声をかけて購入した「銀河幻想文絵皿」です。14代目の窯元による作品で、臥牛窯で青い色は本当に珍しいのだそうです。

さて、そんな新年の幕開けだった私ですが、2020年、仕事の面で変化があります。というのも2年半ほどお世話になったオスカープロモーションを年末で退会し、新たにアスリート・マーケティング(株)に所属することになりました。何か問題があったとかではなくて、私の所属していた「プロフェッショナル(文化人)」をまとめてくださっていたベテランのマネージャーさんが、アスリート・マーケティングに転職されたのですね。それに伴って「一緒に着いてきてほしい」とお誘いを受け、それならばと私も移籍を決意しました。

オスカープロモーションのほうが名前を知られているのは重々承知していますが、私は女優さんやモデルさんではないので、文化人系のタレントとして仕事をするという点では、今度の事務所のほうがいいのかなと思ったりしています。何より、こうして引っ張ってくださることがうれしく、今まで以上に活躍できるように精進してまいりますので、皆様どうぞ応援のほどよろしくお願いいたします。

連絡先はプロフィル欄にも書いてありますが、メディア関係者の皆様、テレビ・ラジオ・講演・取材等のご依頼は下記へお願いいたします。

アスリート・マーケティング(株)  
担当:穐田(アキタ)または藤原
連絡先:03-6205-4337


さて、心機一転の2020年、昨日すでに配信した「Sallyの家電アトリエ<RADIO版>」でもお知らせしましたように、せっかくのアトリエをもっと活用するために、「アトリエランチ」をテーマに、積極的に発信していこうと思います。これまでは忙しさを言い訳にランチはコンビニ弁当かファーストフードのランチメニュー、さもなければ移動が多すぎて食べられずということの繰り返し。でも、「食べたものでカラダはできている」のだから、もっと食を大切にしないといけないと今更ながらの反省しておりまして。

昨年の12月の後半から、発売されたばかりの1人用のホットクックを使ってラタトゥイユを作ったり、レコルトのエアーオーブンで唐揚げを作ったり少しずつウォーミングアップを始めていたのですが、1人で作って食べるアトリエランチは、食材の使いまわしや手をかけずに栄養があっておいしいものを作りたいという点で、1人暮らしをしている方の夕飯にも近いところがあります。それを私自身が気に入っていたり、最旬のキッチン家電を使って作ってご紹介するのはそうした1人暮らしをしている方や、ママのランチなど皆さんのお役に立てるのではと思ったんですよね。

アトリエランチ20200106.jpg

ちなにみ仕事はじめの昨日のアトリエランチは、前日の自宅の夕飯だった具沢山のおなべの残りを温めて、タイガー魔法瓶のスープジャーに入れて、卵をポンと割ってギュッとふたをしてアトリエまで持ってきました。事前にスープジャーをお湯で温めておくのが熱々を維持するポイントです。

おかずをさぼった分、主食はバルミューダの炊飯器「バルミューダ・ザ・ゴハン」を使って玄米を炊きました! バルミューダの炊飯器は60年前に東芝が作っていた炊飯器みたいに外釜に200CCほどの水を入れてその中に内釜をセットしてたく「蒸し炊き」方式なのですが、これで玄米を炊くと絶品。水につけておく必要がないのもうれしいポイントです。ただ炊飯には90分かかりますのでご注意くださいね。

バルミューダの炊飯器で炊く白米ははっきり言ってあんまりおすすめできないけれど、玄米はベチャッとしないで、適度なもっちりさのある噛み応えのある炊き上がりで本当においしいのです。白ごまにお醤油の味付けがされている「醤油ごま」をかけていただきました!

アトリエランチについてはインスタやTwitterなどで発信していきますので、#アトリエランチ を目安にチェックしてみてくださいね。

IMG_0218.jpg

そのほか、今年はこれまで以上に商品の企画・開発やマーケティング関連など、「暮らしのデザイン」ともいうべきことに注力して企業のアドバイザーとしての仕事を増やしていきたいと思っています。

「こんなことを聞いてみたい・相談したい」「こんなことを手伝ってもらったりできるだろうか?」「外部のアドバイザーとして関わってもらえたら」……そんなふうに思ってくださる方がいらっしゃったら、直接私にご連絡くださいませね。メールアドレスがわからないという方は、FacebookのメッセンジャーやTwitterやインスタのDMでもOKです。

ということで、あらためまして本年もどうぞよろしくお願いいたします!

神原サリー



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。