2009年01月04日

今年もよろしくお願い申し上げます

2009newyear.jpg
 
あけましておめでとうございます。
 
昨年の秋に独立してから、早2か月。たくさんの方々からのご支援をいただき、「作り手の思いを生活者に、生活者の願いを企業に伝える」顧客視点アドバイザーとしての仕事が、形を成すようになってきました。心より御礼申し上げます。
 
これまでは、取材を通じて得た情報を、できるだけわかりやすく発信していく執筆の仕事が中心でしたが、私自身が取材を受けることが増えてきて、さらに幅広い方々に、「伝えたいこと」をお届けできるようになってきたことをうれしく思っています。
 
また、代理店やメーカーの方々と一緒になって、売り場づくりや製品の企画開発、PRなどの仕事にかかわれるようになったことも「思いを形にできる」という点で、大変うれしく、ありがたいことだと思っています。
 
顧客視点アドバイザーの仕事は、必ずしも家電の分野に限りませんが、このブログでは「Sallyの家電研究室」の名前のとおり、生活家電を中心とした情報をわかりやすくお届けできるように、これからもなるべく頻繁に更新していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!
 
 
-------ここからはおまけの話-------
 
冒頭の画像は、友人からいただいたお正月用のフラワーアレンジ(ありがとう!)と、私が毎年、命をかけて(ちょっと大げさ!)作っている黒豆です。大粒の丹波の黒豆をしわがよらないようにふっくらとやわらかく煮ることができたら、次の1年が平穏で実り多いものであると、勝手に“黒豆診断”しています。
 
そもそもの始まりは、若くして結婚した私が、実家の母に「ほら、今年もこんなに上手に黒豆を煮ることができました」と胸を張って報告したい…ということだったのですが、すでに母を亡くして14年。それでも、心の中で「ほら、上手にできたでしょ」と母に語りかけています。
 
ちなみに、今年の黒豆は、自分でもびっくりするくらい、つやつやとふっくらやわらかく仕上がりました。
 
 
 
posted by sally at 12:38| Comment(0) | TrackBack(1) | ご挨拶&自己紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25196727
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

顧客視点アドバイザーとは−生活者と企業をつなぐ担い手のコミュニケーションの力−
Excerpt: こんにちは、高橋澄子(MOMO INC.)です。 今日は、顧客視点のマーケティングの担い手、顧客視点アドバイザーを紹介したいと思います。 (株)神原サリー事務所の神原恭子さん(愛称:sal..
Weblog: ”人が育つ”コーチ&"事業が育つ”コンサルタント高橋澄子(MOMO Inc.)の研究室です。
Tracked: 2009-06-11 18:24