2009年10月09日

LED電球、各社のデザインを比べてみると…

toshiba_LED.jpg
 
こんにちは。sallyです。
 
先日、週刊文春のニュースページを担当している記者さんから取材を受けました。テーマは今年に入って大注目されているLED電球について。掲載号は来週発売かと思うので、詳しくはそれをお読みいただくとして(とはいえ、ちょっとコメントを寄せた程度ですが)、これまであまりLED電球については、ここで取り上げてこなかったので、まとめてみたいと思います。
 
冒頭の画像は、東芝のものですが、今年3月に白熱電球と置き換え可能な電球型のLEDランプを発売したのが2009年LED合戦の始まりです。でも、この時点では1個10,500円もしたのですから、いくらエコだし省エネだし…とわかっていてもなかなか手に入れるのは難しい。
 
その後、6月にシャープは1個4,000円という驚きの低価格(…10,500円に比べれば)のものを発表し、さらには調光機能付きのLED電球まで同時発表しました。
 
sharp_LED.jpg
 
調光機能付きの照明器具で使えるタイプだけでなく、調光機能のない照明器具でなくとも、付属のリモコンで7段階の色と明るさを選べる(=つまり49パターンの光)というものが発表されたのが、私としてはとても素晴らしいことだと思っています。
 
その後は、各社から4000円程度のLED電球が続々発表&発売。最後発といわれたパナソニックからも、10月21日の「あかりの日」にいよいよ発売されます。
 
nec_LED.jpg
 
↑ こちらはNECのもの。
 
mitsubishi_LED.jpg
 
↑ こちらは三菱電機。
 
hitachi_LED.jpg
 
↑ これは日立 (発表は9月にありましたが、発売は11月中旬)
 
pana_LED.jpg
 
↑ そして、これがパナソニックです。パナソニックは、小型電球タイプ=E17口金タイプのものもあります。
 
 
ずらりと並べたLED電球をあらためて見直してみると、放熱板部分のデザインがずいぶん違うことがわかります。それに、LED電球は先端部分しか光らないので、パナソニックのように、あえて球体のような丸みを帯びた形をやめて、フラットなデザインにしているものもあります。
 
取り付ける器具によって、ランプがどこまで見えるのかが変わってくるので、このあたりを考慮してどのメーカーのものにするのか決めるのもいいのかなと思います。
 
----------
 
ここで、さらにおさらいをしてみると、LED電球はだいたい40,000時間の寿命があって、白熱電球の40倍。10年以上交換不要と言われています。消費電力は約1/8程度だから、初期コストが高いけれど、二酸化炭素排出量を抑えるには、かなり有効で、エコなランプですよね。
 
温度の低いところ(冬)でも、すぐに明るくなることや、点滅を繰り返すことに強いのもLED電球の特徴です。これは最近知ったのだけれど、LED電球には虫が集まりにくいんですってね。外灯にも向くということでしょうか。
 
今年はある意味でLED電球元年ともいえると思うので、今後、さらに価格が抑えられて、気軽に試してみることができるようになるといいなと思います。
 
 
 
 
 
 
この記事へのコメント
こんばんわ。シーテックで仕入れた知識ですが、LED電球の性能を白熱電球だけと比べるのはフェアではないとのことです。蛍光灯とも比べないと。実は消費電力でLEDは蛍光灯にまだ劣ります。LEDは点光源としては優秀で、調光機能もありますが、線光源あるいは面光源としてはまだまだだそうです。
Posted by SSFS at 2009年10月14日 02:01
>SSFSさん

いつもコメントありがとうございます。CEATECに行かれたのですね。さすがです。

そうですよね。LEDはまだまだ万能ではないし、これからもっと研究開発されるべきものなのでしょうね。ただ、私個人としては電球型蛍光灯の光がどうしても好きになれないので、LED電球に期待してしまいます。これからが楽しみですね!
Posted by sally at 2009年10月14日 10:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32790066
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック