2010年01月20日

小型電球からボール型電球まで家中をLED照明で省エネに。

sharp_led_100120.jpg
 
こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。
 
今日、シャープから新しいLED電球が発表されました。昨年8月に発売された9種に続く第2弾です。今回のラインアップはE17小型電球タイプと、E26ボール電球タイプで、それぞれ昼白色と電球色があります。
 
口型の小さなタイプというのは、ダウンライトや玄関などに昨今多用されるようになっていて、これからますます増えていくだろうとのこと。また、ボール電球タイプは食卓や階段、洗面台などに用いられることが多いので、これがLED電球に置き換えられるのはうれしいことです。
 
sharp_led_100120_1.jpg
 
シャープによれば、今までのように、大きな蛍光灯1つで部屋の明かりはOKということえはなく、「一室多灯」の時代だといいます。欧米ではこうした明かりの使い方をしているところが多く、たとえばIKEAのショールームを見てみると、たくさんの小さな照明器具を上手に使っていますよね。
 
sharp_led_100120_2.jpg
 
今回のE26のボール電球タイプはこんなふうな使い方をするときに。
 
sharp_led_100120_7.jpg
 
E17小型電球タイプはこんな照明器具向けです。
 
sharp_led_100120_8.jpg
 
こちらも同様です。
 
シャープのLED電球らしく、今回のラインアップはすべて調光器に対応可能。時間帯や使う場所などに合わせて明るさを調整できます。
 
小型電球タイプが4000円程度、ボール型電球タイプが7000円程度とのこと。調光可能タイプでこの価格というのは、今の段階では妥当だといえるでしょう。
 
シャープの取り組みや、技術的なことについては、追ってご紹介しますね。
 
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34852335
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

家電
Excerpt: 家電について記事を書いております。まだまだかけだしですが、今後発展予定です。もし、よろしければトラックバックお願いします。
Weblog: 家電
Tracked: 2010-01-22 17:09