2011年03月26日

オール電化はそんなに悪者?

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。

3月23日のYOMIURI ONLINEに「オール電化住宅、普及裏目…原発2基分の消費増」という見出しの記事が出ました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110323-00000569-yom-bus_all

一部を抜粋して紹介すると…

東京電力が、給湯や調理などすべてを電気でまかなう「オール電化住宅」の普及を推進してきたことが、今回の電力不足に拍車をかけている。この3年間で戸数が倍増し、最大で原子力発電プラント2基分にあたる約200万キロ・ワット分の電力消費能力が増えた可能性がある。東電は、東日本巨大地震後、計画停電をせざるをえない状態で、オール電化の普及策は抜本的な見直しを迫られている。

これを受けて、昨日の夕方のニュース番組では、都内のオール電化住宅に住む人を取材をし、計画停電の際に調理もできなければお風呂も沸かせないことなどを取り上げ、オール電化のマイナス面について強調して報道していました。

でもね、これは都内に住んでいる人が停電で困っている…という部分だけを取り上げた話なんですよね。インフラを電気だけに頼ることの脆弱さや、地球温暖化防止のための発電として原発推進をアピールしてきたのに、今回の事故は何なんだ!という部分はあるにせよ、被災地では、いまだガスが復旧していない地域も多く、「オール電化住宅の家のお風呂に入りに行っている」という話も聞かれます。ガスと電気のどちらがいいかというころではなくて、災害の際に電気の復旧がもっとも早いというのは、よく知られたことです。

それに、今、節電が大きな問題になっていますが、ここでも何回か書いているように、大規模停電を避けるために大切なのは、総電力量を抑えることではなくて、ピークを分散させること。今の季節は、18時〜19時がピークと言われています(だから、ごはんを炊く時間をずらしましょう。土鍋で炊いてみるのもいいですね…と提案しました)。

オール電化住宅の場合、消費する総電力量は上がっているでしょうけれど、深夜電力を使ってお湯を沸かし、季節と時間帯にわけて電力量料金単価を設定した「電化上手」プランを用意するなど、オフピーク時間をうまく活用するような「分散型電力消費」ができるようになっているんですよね。

なんだ、オール電化住宅は不便だし、節電だというのに電気をたくさん消費するばかりでいいところがないじゃないか…そんなふうに思うばかりでなく、いいところにも目を向けてほしいなと思っています。

とはいえ、電力量が足りないのは事実。原発事故の行方が不安なのも事実。これからいろいろなことが大きく変わっていくのかもしれないけれど、何か1つを責めたり悪者にしたりするのではなく、ものごとを俯瞰して見て、柔軟に対応していくことが大切ですね。

【太陽光発電とオール電化についての最新記事】
この記事へのコメント
最低…。

「電気を使うのを夜間に移せばいい」
というのは、オール電化が原子力発電になりたっていることを理解していない証拠!

「夜間の原子力発電があまっているから、使ってください」というのが電力会社の声。

では、原子力発電が縮小したらどうなるんでしょう?
「夜間電力があまっているから」と言えなくなり、夜間料金値上げになることは目に見えています。

また、逆に見ますと、「オール電化推進=原子力発電推進」という理論になります。

ものごとを俯瞰して見るなら、現在の状況だけを見るだけでなく、今後の日本を俯瞰して見なくてはいけないと思います。
Posted by alluser at 2011年03月26日 15:30
東電がオール電化の新規営業を全部中止しちゃったのが全てじゃないでしょうか。
すでにオール電化を導入した人は今後の電力値上げも我慢してくださいね。
Posted by ドリー森下 at 2011年03月28日 11:11
原発無くして成り立たない「オール電化」反対です!
今なお、命がけで原発の処理をしている作業員、日々被ばくしながら作業をこなしている作業員。

1度でいいから、あなたが作業を申し出てみると良い(資格の要らない原子炉の掃除など)。

誰かを犠牲にして成り立っている、誰かの便利な生活は許されるものではありません!
Posted by ハイ! 悪者です! at 2011年03月28日 11:13
原発の最低消費電力量を下回り原子力を停止させたくないために、深夜電力を3分の1にして電気温水器を導入させた、火力発電所がだすCO2よりも 原発が出す全国54基 一日一憶キロワットの排水 日本109の一級河川が3・1度毎日温度上昇するようなエネルギーのほうが直接温暖化だから 生態系によくない電機は大体エネルギーがでてこないうちは使わないほうがいい 
原発は廃棄物にコストがかかりすぎる その分を
自然エネルギーの研究に回したほうが賢明でしょう
Posted by at 2011年03月28日 15:24
通りすがりですが上のコメントのレベルの低さに驚いています。
サリーさんは、マスコミがオール電化叩きの流れになりかけてるのに警鐘を鳴らしてるんだと思います。
何か一つを悪者にするんじゃなくって書いてあるのにその一つにこだわって目くじら立ててもね。
自分たちだって電気使ってるのに、よっぽどオール電化が憎いのでしょうね。
すぐ上のコメントに至っては誤字・誤用だらけで批判されてもって感じです。
Posted by at 2011年03月30日 14:03
このブログは良く読ませてもらっていますが、最初の4件のコメントはちょっと近視眼的過ぎると思い、私もコメントを。
さっそくですが、原発への嫌悪感は私もわかります。皆さんは国内で今回こういう事故が起き、それを見て原発が怖くなったんだと思いますが、では、火力発電の動力源の一つであり、ガソリンの元でもある石油も、その掘削現場で何が起きているか知っていますか? 記憶に新しいですが、メキシコ湾の流出しかり、ナイジェリアなどの流出しかり、ひどいモノですよ。
原発に限らず、エネルギーというものは、多くの犠牲の上にうみだされているということを知るべきです。
 「ならば、ソーラーでいいじゃないか」という人もいるでしょう。でも、ソーラーだって、発電時には何も汚さないモノの、その材料掘削時に相当な自然破壊を地元にもたらしていますよ。それでいいんですか? それに、日本を100%ソーラー発電にしたら、電気代がそれだけ値上がりするか知っていますか? それを許容できるでしょうか?
 サリーさんのいうことがすべて正しいとは思いませんが、だからといって原発を悪者扱いするのではなく、エネルギーの供給について、きちんとリスクとコストを考慮し、日本としてどこに行くのかを話合って実行することが大事だと思います。
 「オール電化」=「夜間電力依存」=「原発推進」 というのはあまりに短絡的です。
Posted by さわさわ at 2011年03月31日 23:06
今回の地震ではウチは3日間停電しました。
関東では電気の復旧がもっとも遅かった茨城です。
オール電化住宅に住む方は煮炊きもできず最悪でした。
電力会社が儲ける為だけのオール電化なんてまっぴらです。いいかげん目を覚ます時が来たという事でしょう。

原発も作業員の日常的な被曝(犠牲)なくして運用できませんね。
増え続ける汚染物質の行き先もどうするんでしょうか。
あちこち掘り起こして人の少ない所に押し付けるのが関の山でしょう。
Posted by at 2011年04月26日 17:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43997379
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック