2011年03月26日

ミニレフ球をLED電球に交換してみました

LED_2.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。

導入しようと思いつつ、使用中の電球がまだ使えたりすることもあって、なかなか手を出せなかったLED電球。節電しなければ!ということもありますし、価格もずいぶんこなれてきたので、パウダールーム(洗面所)のミニレフ球を交換してみることにしました。口金がE17タイプのパナソニックEVERLEDS(エバーレッズ)、LDA6D-E17/D。先日ご紹介したのは、同じエバーレッズでも、300度まで広く照らす新製品ですが、取り付ける場所が真下を照らせばOKのダウンライトなので、通常のものをセレクトしています。

LED_1.jpg

こちらがこれまで使用していた、ミニレフ球。レフ球とは、内部に反射板を取付け、光に指向性を持たせた白熱電球のことで、スポットライトやディスプレー照明として多く使用されているもの。約2,000時間と通常の電球よりは寿命が長めです。消費電力は1個50W。ダウンライトとして、2個取り付けられていたので、スイッチを入れると50w×2個分の消費電力だったわけです。なので、最近はほとんどつけることがなく、真っ暗な中で手や顔を洗っていました。

LED_3.jpg

さっそく取り替えてみると、ほら、こんなに明るい! 

もう少し離れて撮影してみましょう。

LED_4.jpg

ほらね、明るいです。昼光色相当(450ルーメン)で、これまでよりも若干青っぽいというか白っぽい光になりました。1個あたりの消費電力は6.4wなので約1/7の消費電力ですむのは本当にうれしい! 寿命も40000時間で、約20倍! 

実は、今回同じLED電球を3つ買っていて、もう1か所取り替えたかった場所の口金がE26型だったのです。それで、「変換ソケットアダプター」を使い、17型のものでも接続できるようにしました。

LED_6.jpg

家人が買ってきてくれたのがこれです。

LED_5.jpg

こんなふうに取り付けて使います。無事に点灯したのでほっとしました。

省エネタイプの電球としては「電球型蛍光灯」があり、価格もLED電球よりは安価なのでいいのですが、明るくなるまでに時間がかかるのが難点。それに温度の低いところも苦手です。その点、LED電球は温度の低いところでもすぐに明るくなるのがいいなと思います。お年寄りの住む家のトイレなど、電球の交換が少なくてすむように、帰省の際にLED電球をプレゼントするのもいいですよね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43997948
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック