2011年11月16日

【朝日新聞掲載】家のしごと相談所〜こたつを上手に使う〜

asahi_1.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

先週末、11/12(土)付の朝日新聞34面、生活欄の「家のしごと相談所」のコーナーでは、『こたつ』を取り上げています。少ない電力で家族全員が効率よく暖まることのできる『こたつ』ですが、近年は、ライフタイルが洋風に変化したこともあり、エアコンや床暖房などに頼って、使っていない家庭も見受けられました。特に都心部ではそうした傾向が強かったと思います。

でも、この冬は節電対策という側面からも『こたつ』が見直されています。これまで個室に散らばっていた家族が、『こたつ』によって1つの部屋に集まるということは、テレビや照明器具なども1か所での使用のみとなり、“節電暖房”というだけではないトータルな電力消費を考えてみても、節電につながりますよね。

というわけで、私自身も『こたつ』に注目して、7月くらいから取材を重ねていました。そんな噂を聞きつけた朝日新聞の記者の方が、先日私のところに取材に来られ、最近のこたつ事情から、安全な使い方、選び方まで2時間近くもお話をすることに。

asahi_2.jpg

私自身のコメントはわずかですが、取材時にお話させていただいた内容を元に、記事全体が構成されていて、「こたつ初心者」にも役立つ内容になっていました。

10月から「暖房家電」や今年の新製品についての「おすすめ」や「ベストバイ」について、ひたすら取材を受けているため、家電の記事をずいぶん書いているような気がしますが、なかなか肝心の執筆が追いつかなくてあせっています。この冬の暖房について今日明日にも原稿を完成させて担当編集者さんに送らなければ!

ところで、今回の朝日新聞さんの記事では、大手新聞社で初めて「家電コンシェルジュ」の肩書きで紹介してくださり、うれしい実績となりました。これまで、日経新聞の評価委員の仕事では「家電コンシェルジュ」の肩書きで掲載されていたのですが、毎日・読売・産経新聞では「家電の選び方などをアドバイスする家電ジャーナリスト」のようなものが多かったんですよね。まあ、私自身が自ら名乗っている肩書きではありますが、「家電のお困りごとを解決しますよ」という立ち位置が伝わるのではないかなあと思って。

これからも「家電コンシェルジュ・神原サリー」として、多方面にアンテナを張り、取材をし、勉強もして、その名に恥じないようにお役にたてる存在でありたいと思いますので、応援のほどよろしくお願いいたします!


↓ ちなみにこれは、山善さんのダイニングこたつ。専用イスは回転式になっているので便利です。今回の記事にもコメントとして掲載されていますが、こたつは“家具”でもあるので購入する際は、こたつとして使用していない時のことも考えて、インテリア性に優れたものを選ぶのも大切かなと思います。

yamazen_kotatsu.jpg




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50479083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック