2011年11月19日

パナソニックのホームベーカリーがわが家にやってきた!

HB_1.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

今や、主婦が欲しい家電の第1位がホームベーカリー、すでに30〜40代ミセスのいる家庭では、ホームベーカリーの普及率が30%を超えたとの報道もありました。私も何回かお借りして使った経験はありますが、息子たちがすでに大きい(二人とも成人してますからね)こともあり、購入するには至らず・・・

そんな折、10月に日本テレビの「ヒルナンデス」のいとうあさこさんのコーナーでホームベーカリーの特集があり、企画&出演をさせていただいたことがきっかけで、パナソニックの最新モデルSD-BMS104をモニターとして使わせていただくことになりました。

HB_8.jpg

10月26日に放送された番組では、スタジオに何と13機種のホームベーカリーが登場。そのうちの9機種で実際にパンを焼いてみるという手間のかかった企画となりました。

パン作りについては料理研究家の方が担当。いとうあさこさんや古市アナウンサーに指南していたのですが、私はこれまでのホームベーカリーの歴史やそれぞれのメーカーさんの特徴について、お話させていただきました。いとうあさこさん&古市アナウンサーのテンションがあまりに高くて、収録中も大盛り上がり。楽しい現場となりました。

HB_9.jpg

さて、そんなご縁でわが家にやってきたパナソニックの最新ホームベーカリーですが、なんと26のモードが搭載され、ベーシックな食パンから白パン、蒸しパン、健康系のパンなど幅広く作れる1台。夕飯の献立がビーフシチューだった日に、さっそく食パンを焼いてみました。

HB_2.jpg

今回のモデルから操作パネルがシンプルになっていて、メニューを番号で選ぶようになっています。メニュー番号は、取扱説明書にも記載されていますが、上ぶたを開けたところにも表示されているので、安心です。

実はこの日は早めに帰宅していたものの、「そうだ、せっかくだからパンを焼こう!」と思い立ったのがすでに19時少し前。どうせみんなが帰ってくるのは22時くらいだから、大丈夫・・・と思ったのですが、普通の食パンでも約4時間かかるのですね(私は3時間だと思い違いをしていました)。

こりゃあ、あきらめないとならないかなと思ったけれど、「確か、早焼きコースがあったはず!」と取扱説明書を見てみると・・・

「早焼き食パン 約1時間50分」とうれしい表示が! 久しぶりに焼くのが早焼き食パンというのは不安だったのですが、心配は杞憂に終わりました。

HB_3.jpg

これが、材料投入から1時間50分で焼き上がった「早焼き食パン」。いい具合にふくらんで、焦げ目も美しい!

HB_4.jpg

熱々のケースを取りだす時に必須のミトン。このパナソニックのホームベーカリーにはちゃんと初めから同梱されているあたり、至れり尽くせりだなと思います。

HB_5.jpg

焼き色も自在に選べるのですが、今回は標準のままで。若干薄めの焼き色かもしれません。

HB_6.jpg

少し冷めるのを待ってから切ってみると、ご覧のとおり、ふっくら&きめの整った食パンに焼き上がっています。

「早焼き食パン」は、強力粉とドライイーストの分量が通常よりも多く、こねや発酵の時間を大幅に削って作っています。その分、イースト特有の香りが少し強いようにも感じましたが、2時間弱でここまで出来るなんて、すごいです。さすがです。

HB_7.jpg

これはおまけ。この日のビーフシチューの写真です。ちなみに、ほんの少しだけ残った食パンの残りを翌朝食べてみましたが、1晩経ったのにふんわりしていて、とても「早焼き食パン」とは思えなかったです。「どうせ焼き立てだからおいしいのに決まってる」と思っている人、そんなことありません。

-----

実は、昨晩で今回の最新モデルの一番の特徴である「パン・ド・ミ」も焼いてみました。

HB_10.jpg

「パン・ド・ミ」のレシピでは、ドライイーストが普通の食パンの半分で、発酵にものすごく時間をかけます。なので、材料投入後から焼き上がるまでの時間は約4時間50分。私自身は材料を間違えないように計量して入れるだけ。後は、すべておまかせなので、時間のことだけきにかけておけば心配ありません。

HB_11.jpg

こちらが焼き上がりの様子です。見た目は「早焼き食パン」のときと変わらないかもしれませんが、香りが違うように感じました。

HB_12.jpg

ほらね、焼き目はずいぶんしっかりついています。

「パン・ド・ミ」とはどんな食パンのことなのかというと、諸説あるようですが、外側がカリッと焼き上がり、中はしっとりもちもち。口どけがよくてほんのり甘さを感じる・・・といったもののよう。パナソニックの「パン・ド・ミ」コースで焼いたパンもまさにそんな焼き上がりになっていました。

で、こちらは見事に(あっという間に)1斤完食。パスタが4種類など、“主食系”のものが食卓にずらりと並んでいたのに、それとは別腹で家族のお腹に収まったのでした(ちぎってバターをくるんで食べるという、ごくごくシンプルな食べ方)。

ホームベーカリーのある暮らし、やっぱり楽しいです。パナソニックのは、さすがに音が静かなのでタイマーで朝用のパンを焼く際にも全く機にならないだろうなあと思いました。これから、アレンジパンなどいろいろなパンづくり、やってみたいなと思いますが、1つだけ心配なのは「こりゃあ、太るなあ」ということ。

買ってきた食パンなら、8枚切りを1枚食べておしまいのはずが、いくらでも入りますもんね。購入を検討している方、この点にだけはご注意を(笑)






posted by sally at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50648681
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック