2012年04月09日

ティファール「ミニマルチ」、ただ今わが家で活躍中!

IMG_3322.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

先週末に髪をバッサリ切りまして、約15年ぶりくらいにショートヘアにしました。家人は賀来千賀子みたいだと言っておりますが(その昔、賀来千賀子の髪が長くてオンワード樫山のテレビCMに出ていたころも、髪型が似ていたこともあり、息子たちも「怖いくらい似てる」と言っていましたっけ)、そのくらい短く切り、気分一新。元気いっぱいにがんばりますので、よろしくお願いします。・・・というわけで、プロフィル写真との印象があまりに変わりましたので、近々撮り直して刷新します〜

さて、今日の本題は、ティファールからこの春、発売されたばかりのコンパクトなミキサー「ミニマルチ」のこと。幅13cmととても小さいのに、パワフルで氷もOK。軽くて使いやすく、耐熱温度が80度なので食洗機でも洗えるのが特徴です。

ミキサーの中にはガラス製のものも多く、けっこう重いんですよね。しかも、耐熱温度の低いものが多いので、食洗機が使えない。ミキサーって細かいところに汚れがたまって洗いにくいので、食洗機が使えるほうが断然便利。しかも、コンパクトなので出しっぱなしにしておいても邪魔にならないし、しまっておきたい人の場合も、場所をとらないのがいいところ。

IMG_3326.JPG

最近は“酵素ブーム”で、野菜ジュースを積極的に飲む人が多いのだそうですが、そんなジュースのレシピも同梱されていて参考になります。食材に合わせて低速と高速の2つからスピードを選べます。

冒頭のルビーレッドモデルには、ミキサー機能のほか野菜のみじん切りや、ひき肉なども作れるチョッパーと、ドライミル付き。

IMG_3329.JPG

で、こちらのミモザのモデルには、ミキサー機能に加えて、ドライミルのみが付属しています。

IMG_3330.JPG

こんなふうにフタのついているので、ミルを使った後に、そのまま保存しておくこともできます。

-------

salt_1.jpg

2月の発表会時のお土産として、ミモザタイプのほうをいただいたのですが、毎朝、家人が果物をたっぷり入れたジュースづくりに活用しております。

そのほか、付属のミルで試したのが「ゴマ塩」づくり。普通に塩と入りゴマを混ぜても、ちょうどよい具合に混ざらないで分離してしまうため、大粒の岩塩をミルにかけ、粉砂糖ならぬ、きめ細かい粉塩をつくり、ゴマと混ぜ合わせました。

salt_2.jpg

ほんの十数秒ミルにかけただけで、ご覧のとおり。

salt_3.jpg

上から見てみると、もっとよくわかります。

gomasio.jpg

これを、白ゴマと混ぜ合わせてふりかけの入っていた空き瓶に入れて「自家製ゴマ塩」の出来上がり。黒ゴマがなかったので白にしたのですが、上品な感じです。

このゴマ塩、洗って手でざっくりちぎっただけのレタスに振りかけて食べると、本当においしいです。家族でレタス1個はすぐに食べられます。

-----

「ミニマルチ」の製品の特徴のおさらいは下記のとおり。実勢価格で見てみると、ルビーレッドのほうが8000円弱、ミモザが6000円弱のようですね。デザインは圧倒的にルビーレッドに惹かれるのだけれど、チョッパーまではいらないという人も多いと思うので、案外ミモザのほうがお得なのかもと思います。



IMG_3320.JPG


posted by sally at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54997611
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック