2013年03月05日

【InRed2013年4月号】便利家電で自分時間を作ろう!

InRed_201304.jpg

In Red (インレッド) 2013年 04月号

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

宝島社の30代女性誌ナンバー1「InRed」2013年4月号の家電企画4ページの取材協力・監修をしました。P232〜P235の4ページの「便利家電で自分時間を作ろう!」。

InRed_201304_kaden.jpg

同誌のスタイリストさん、イラストレーターさん、プレスの方の実生活をヒアリングしてタイムスケジュール化し、そこにどんな家電をプラスすると「自分時間」が上手に生み出せて、毎日の暮らしが楽しくなるかをアドバイスしています。

InRed_201304_kaden_2.jpg

今、使っている家電や生活スタイルに合わせて、家電をピックアップしていくのは、とても楽しく興味深いものでした。

こういう企画、どこかで毎号の連載にしてくれたら、張り切ってアドバイスするのだけれどなあと思ったりして。実際に家電を購入する際のヒントにもなると思うし、何よりも、単体で家電の紹介ページを読むよりも、楽しいんじゃないかと思うのですよね。男性誌でも女性誌でもそれこそ、新聞でもいいのだけれど(WEBも歓迎)、どこかの媒体でやりませんか?

InRed_201304_kaden_4.jpg

診断&アドバイスページのほかに、「時短アップのデジタル家電」「環境にもやさしいエコ家電」「1台で何役も活躍する調理家電」などについてもカタログ風に紹介しています。囲みでさらに紹介している家電もぜひ注目してもらいたいものばかり。

取材依頼からページができるまで、かなりの短期間でどうなることかと思いましたが、担当のライターさんのがんばりでとても素敵なページになったのではと思います。お疲れさまでした!

InRed_201304_bag.jpg

そうそう、宝島社の雑誌といえば魅力的な附録ですが、今号ではレゾリヴァードのボニス柄のバッグ。裏地はマスタード色で、底にはビョウ付きで傷みにくくなっているなど、分厚い本誌とセットで690円なのが不思議です。

第一、大きさもこの「InRed」が入るたっぷりサイズなのですから。本当にびっくり! で、見本誌と送られてきたものをさっそく使ってみています。30代女子のファッション誌だけれど、私が読んでも違和感なく、参考になります。なので、家電ページはもちろんですが、他のページや附録もぜひ楽しんでくださいませ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63360631
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック