2013年03月12日

除湿乾燥機を使って“洗面所をランドリールームに”

joshitsuki_5.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

昨日は「花粉、PM2.5…空気清浄機で出来ること、上手な使い方」というタイトルで、空気清浄機のことについて書きました。注目度が高いようで、かなりのアクセス数となっています。何を買うかも大切ですが、買った後でどのように活用させていけばより効果的なのかのほうがもっと大切だったりします。少しでも参考になれば幸いです。

さて、今日は、外に洗濯物が干しにくいこの頃、どんなふうに部屋干しをするといいのかについてお話ししたいと思います。先日、産経新聞の家庭欄でもやはり部屋干しのことが取り上げられていました。でも、書いてあるのは、部屋干しでもイヤなニオイの発生しにくい抗菌仕様の洗剤のことや、柔軟剤のことばかり。上手な乾かし方について触れられていないのは残念だなと思いました。

上の写真は何だかご存知ですか? 部屋干し機能をメインに据えた三菱電機「除湿乾燥機」です。同社のエアコン(や冷蔵庫)にも搭載している赤外線センサー「ムーブアイ」をこの除湿乾燥機にも搭載しているため、濡れた洗濯物の位置や、乾き具合をしっかりと見て、そこを狙って集中的にムダなく乾かしてくれるという優れもの。昨年の2012年モデルのフラグシップ機MJ-120GX平成24年度の省エネ大賞「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しており、2013年度も引き続き、同じ機種を継続販売していくようです。

だいぶ広まってきた衣類乾燥のための除湿機活用ですが、まだまだ知らない人も多く、私としてはもっと皆さんに便利に使ってほしいと願っています。

move_eye_3.jpg

これは三菱電機が部屋干しの洗濯物4.0kgを8畳の洋室(外気温15度、室温20度)で洗濯乾燥機(ヒーター式)、エアコン、除湿機(三菱製)、扇風機、何も使用しない・・・で乾かした際にかかった時間とコストの比較です。

これで見てみると、最も乾燥時間が短く、コスト面でも安価だったのが除湿乾燥機を使った場合なのですよね。DCモーター採用の扇風機を使えば、コスト面ではかなり抑えられそうですが、乾燥時間がかかってしまうのが難点。それに、除湿機では「除湿」をしますが、扇風機では衣類の水分は室内のどこかにたまったままになります。

注目すべきはエアコンでの衣類乾燥。これもけっこうおすすめなのですが、こちらについては次回の記事でご紹介させていただきますね。

laundry_room.jpg

ということで、外干しができない(したくない)時期におすすめの乾燥方法として、洗面所などの狭い空間に突っ張り棒などを通して、そこに洗濯物を掛け、除湿乾燥機を使うのがもっとも合理的かつスピーディ。わが家でも浴室の前の洗面台のある部屋にこんなふうに突っ張り棒を設置して、除湿乾燥機を使っています。

リビングなどの広い場所で使うのがNGというわけではないのですが、洗濯物乾燥に特化させたい場合は、なるべく狭い空間で使ったほうが効率がよいのです。広い部屋だと、その分、「室内の除湿」という面にも除湿乾燥機が働かないといけませんものね。

laundry_room_2.jpg

キッチンから見てみると、こんなふうです。カレンダーの上にあるのはエアコンじゃなくて、配電盤です。で、除湿乾燥機を使う際には写真右手奥の廊下側の扉も、キッチン寄りの扉も閉めておくというわけ。「洗面所をランドリールームに」を実践しています。

と、ここでこんな声が聞こえてきそうです。「あれ?サリーさんのところって、ビッグドラムスリムを使っているんじゃなかった?」

はい、そのとおり。上の写真の手前右手にも見えてますよね。

でも、すべての洗濯物について乾燥機能を使っているわけではありません。基本的にドラム洗の乾燥機能を使うのはタオル類やシーツなどの大物。それ以外は通常は外干しもしくは部屋干しをしています。主に私の洗濯物は「ドライモード」で洗いますが、こちらについても基本、部屋干し(もしくは陰干し)。

で、活躍するのが除湿乾燥機なんです。とはいっても、わが家の「部屋干しムーブアイ」は、三菱の除湿乾燥機にムーブアイがついて部屋干しに特化した機種の初代機。省エネ大賞を受賞したのは3代めですし、2013年モデルとして10Lタイプの普及モデルについては新製品が出ていますから、すでに4代目。初代機でも十分素晴らしいのですが、この3年の間にさらに進化しています。

move_eye.jpg

こちらは省エネ大賞受賞のMJ-120GXですが、液晶画面に3Dムーブアイでの洗濯物の見極め状況や、どこに風を送っているのかが表示されます。「本当にちゃんと見てるんだな」ということがわかって楽しいし、頼もしい。

move_eye_2.jpgjoshitsuki_old.jpg

そして、この2つの違いを見てください。左の画像のMJ-120GXは洗濯物をねらって、遠くまでしっかりと送風していることがわかりますが、右の除湿乾燥機(三菱のずっと昔のモデル)では、送風の風が拡散しています(この実験では、後ろ側にドライアイスを置いて、風を可視化できるようにしています)。

部屋干しムーブアイのすごいところは、ムーブアイで洗濯物の場所や乾き具合までを見極めることだけではなくて、その後で、風を送りたい場所に狙いを定めてきちんと送風できることにあるのです。これは勢いを殺さないで遠くまで送風する「噴流技術」というものを使っているのだとのこと。

さらに節電効果を高めるものとして、「節電モード」に設定した場合には、衣類が乾燥する「前半」には、送風だけを行ない、乾燥の「後半」に除湿風を届けるという『乾燥特性曲線』に基づいた風を送るようにしていて、ムダな電気を使わないようにしているのです。後半の「除湿」の際にのみ、コンプレッサーを動かして除湿しているので、節電効果が高いんですよね。しかも、前半の送風の際にも洗濯物の量に応じて送風を行なっているので、送風時の消費電力にもムダがありません

つまり、こうした1つ1つの機能が、「省エネ大賞受賞」へと結びついたといわけ。さすがです。

------

さて、部屋干しの際には柔軟剤「部屋干しソフラン」を使用すると、水切れがよくなるために、乾燥時間が短縮されるのは、以前お知らせしたとおり。置いてあるお店が少ないようなのがちょっと残念なんですけれどね。でも、ライオンさんのサイトには載っているので、販売終了ではない様子。→部屋干しソフラン|製品情報|ライオン株式会社

heyaboshi-thumbnail2.jpg

花粉対策としては、普通の柔軟剤を使用するだけでも、静電気がおきづらくなるので、花粉を寄せ付けにくいというメリットがあります。最近は、柔軟剤のパッケージに「花粉をよせつけにくい」と表示してあるものも増えてきましたね。

IMG_2697.JPG

楽しく洗濯をして、上手に乾かして、少しでも快適に過ごせたら・・・そう思います。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63612810
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック