2013年05月11日

【今日のうふふ家電】ガラス製で茶葉も入れられる「BRUNOのコンパクトケトル」

bruno_1.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

今日の「うふふ家電」は、最近使い始めたばかりのBRUNO コンパクトケトル。ガラス製の本体で縦に細長いケトルです。BRUNO(ブルーノ)というのは、イデアインターナショナルのブランドで、家電製品のほか食器やオフィスやデスクまわりの製品などがそろっています。

ガラス製のケトルは、お湯が沸くのに少し時間がかかるけれど、ポコポコtp沸騰していく様子を眺めるのは楽しいし、ティーストレーナーがついていて、沸かしたお湯をそのまま使って紅茶やお茶を淹れることができるのも便利です。

bruno_2.jpg

50ml刻みで水の量が計れるようになっていて、ムダがありません。最大量は450ml。2人分のお茶やコーヒーなら十分ですね。

bruno_3.jpg

スイッチを入れると赤いランプが点灯します。

bruno_4.jpg

ほらね、こんなふうに沸いてくる様子を見ていると何だか楽しくなります。昔、理科の実験でビーカーでお湯を沸かすのを見るのも好きでしたっけ。

bruno_5.jpg

お茶の葉を入れたい時には、本体にティーストレーナーを入れておいてからお湯を沸かし、沸騰後にふたを開けて、茶葉を入れます。フタがちょっと熱くなっているので、ご注意を。

bruno_6.jpg

電気ケトルがティーポットの代わりになるというわけ。茶葉を入れないときには、ティーストレーナーを使わずに、ガラスの本体だけでお湯を沸かせばOKです。

bruno_7.jpg

ティーストレーナーはステンレス製で網目がとても細かいので、茶葉がお湯の中に流出してしまうことがありません。でも、目詰まりしないでサッと水で洗えます。

bruno_11.jpg

注ぎ口にもフィルターがついているから、お茶を注ぐときにも安心。

bruno_12.jpg

フィルターは取り外して洗えます。

-------

このケトルのうふふポイントは、もう1つあって、製品が入っているパッケージがとても素敵なこと。

bruno_8.jpg

引き出し式のこんなおしゃれなボックスにケトルが入っているのです。家電製品は味気ない段ボール製が多い中で、ずっと取っておきたくなる&再活用したくなるパッケージ。これなら贈り物にもぴったりですよね。

bruno_9.jpg

ゼラチンを使った8つのレシピが掲載されているレシピブックも付属しています。粉ゼラチン5gに対して100mlのお湯が必要なようですが、このケトルなら、50ml単位で目盛りがついているので、きっちり100mlの量を計ってお湯を沸かせるというわけですね。

bruno_10.jpg

電気ケトルにゼラチンレシピ!?と思ったけれど、こんなふうにおいしそうなスイーツの写真や作り方が出ていると、ちょっと作ってみようかなという気持ちにさせられるから不思議です。

BRUNOのキッチン家電のコンセプトは、誰かを招きたくなる…というのも要素の1つなので、おもてなしにぴったりのレシピを掲載してあるのはいいですよね。

カラーはレッドのほかに、ホワイトとブルー(紺色)があります。ガラス製なので熱くなりますし(でも取っ手を握ったときに指が当たる部分は、プラスチックになっているので、普通に使う分には全く不都合はありません)。沸かせる分量も450mlと少なめなのでお子さんのいるご家庭には向かないかもしれませんが、1〜2人暮らしの方にはおすすめだなあと思います。特に女性には心惹かれるポイント満載のケトルです。

そうそう、注ぎ口はとがっているので、お湯を細く出すことも可能。だから、ドリップコーヒーを淹れるときにも上手にお湯が注げます。





posted by sally at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Sally's うふふ家電
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67071018
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック