2013年05月23日

レンジグリル「ジタング」で作る豚キムチチーズ焼きそば

Sally' kitchen_4.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

先日、デロンギのミニコンベクションオーブンで作った「豚バラ肉のチーズキムチ焼き」のことをご紹介したところ、とても反響がありました。わが家でも「されは美味しかったね!」と評判だったのですが、お借りしていたサンプル機をGW開けに返却してしまったので、何か他の調理家電で応用できないかなと思い、レンジグリルを使って応用編の料理を編み出しました。

yakisoba.JPG

三菱のレンジグリル「ZITANG(ジタング)」といえば、おまかせで簡単に焼きそばが作れることを何回も紹介しています。で、この焼きそばに先の豚バラ肉のチーズキムチ焼きのレシピを応用したのです。

ジタングのセラミック各皿の上に焼きそばの麺を広げ、その上にキャベツや人参、ニラなどあり合わせの野菜をのせるところはいつも通り。野菜の上にスライスチーズを4枚重ならなうように並べ、さらに白菜キムチを薄くのせてから、一口大に切った豚バラ肉をみっしりとのせて塩コショウすれば準備完了。

「レンジ⇒グリル」ボタンを押して、焼き色の調節を「5」(もっとも濃く)してから、スタートボタンを押したら、あとは待つだけ。

麺3人分の上に野菜をたっぷりのせ、チーズにキムチ、そして豚肉が200gですから、かなりの分量。でも、レンジで熱を通してから、グリルで焼きつけに入るから失敗がないんですね。今日はだいたい20分くらいかかりましたが、分量を減らせば、もっと早く出来あがります。

yakisoba_2.JPG

どうです? この焦げめ。いつもなら、焼き上がった段階でソースをかけて全体を混ぜ合わせますが、今回はキムチとチーズの塩気(味)がついているので、このままトングで取り分けて、ソースやマヨネーズなどを好みでかけて食べることにしました。

yakisoba_3.JPG

野菜と麺にトロリとチーズがからみ、キムチの辛みとうまみが肉とあわさって、なかなかおいしい仕上がりに。息子はソースとマヨネーズを足していましたが、私はこのままで十分の味でした。

先日のコンベクションオーブンでの調理もそうでしたが、油を使わないからカロリーダウンできるし、肉などに焦げ目はつくものの、フライパンや鍋が焦げ付かないようにつきっきりでいなくてすむのが便利です。

いずれにしても、豚バラ肉+キムチ+チーズの組み合わせは絶品なので、ぜひお試しを。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68239998
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック