2013年06月28日

【今日のうふふ家電】重厚感のあるガラスのボトルが素敵なコードレスLEDランプ「Bottled」

Bottled_1.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

6月初旬に東京ビッグサイトで開催されたインテリアライフスタイル展に今年も取材に行ってきました。家電はその一部なのですが、その名の通り、インテリア性に富んだ様々な出展者の展示は本当に時の経つのを忘れてしまうほどに楽しいイベントです。

Bottled_7.jpg

その中でも、特に心に残ったのが、2010年に初めて取材をしてからずっと注目し続けているメーカーさん「Ambuientec(アンビエンテック)」のコードレスLEDランプ『Bottled(ボトルド)』。高さ25センチ、直径約10cmのワインボトルのようなデザインが印象的で、光源としてLED18個が使われ、満充電で最大100時間点灯し続けるランプです。

重厚感のあるガラスをドーム状にくりぬいた内側を特殊加工して、光を柔らかく拡散させながらも艶やかさと透明感をもった灯りをもたらせてくれます。重さが1185gあるというのもガラスでできているから。ワインボトルの形状をしているため、冒頭の写真のように、ワインラックに置いて灯りの演出をすることもできます。

Bottled_2.jpg

充電の際にはこのような専用の充電台に置けばOK。

この「Bottled」は、先日の日経MJの新製品情報にも紹介されていましたが、そのタイトルは「食卓にも合う調光ランプでした。確かに無段階に調光できるし、形状から「食卓にぴったり」ともいえるのですが、コードレスなので、テーブルだけでなく、ベッドサイドでもテラスでも、庭でも、それこそキャンプでも自在に持ち運んで使え、「まわりを明るくする」という灯りの役割だけでなく、空間の演出やくつろぎというようなもっと感性に働きかけるような繊細な役割を果たしてくれるのではないかなと思います。

Bottled_9.jpg

ほらね、こんふうにワイン用のバッグに入れて、吊るして飾ることもできます。部屋のインテリアとしてはもちろん、屋外で使う時にも本当に素敵ですね。
------

ここで、ちょっと開発秘話を。

実はこのコードレスランプ、すでに2011年の6月のインテリアライフスタイル展で、そのコンセプトモデルともいえるような『原型』がお披露目されていたのです。

IMG_8025.JPG

それがこちら。シンプルですが、充電池部分の厚みがかなりありますね。

IMG_8026.JPG

しかも、ちょうど震災の後ということもあり、この2011年時のコンセプトモデルでは「最大2週間も照らし続けます」と言っていたのでした。

--------

それから2年。デザインを小関隆一氏が手掛け、最大100時間までに点灯時間も抑えて実使用に合うものにし、この美しきコードレスLEDランプ「Bottled」が完成したのでした。


Bottled_6.jpg

価格は26250円と決して安くはありませんが、贈り物にもいいと思いますし、ガラスボトルの質感も、灯りの質もよくて、惚れた人には買えない金額じゃないですよね。・・・というわけで「うふふ家電」認定です。

Bottled_3.jpg

インテリアライフスタイル2013に出展されていたのはこの「Bottled」だけではなくて、まだ発売は決まっていないそうですが、次なるLEDランプのモデルとして、「Colori」が展示されていました。

こちらはミラノに2008年にデザイン事務所を設立して海外ブランドで活躍されているデザイナーの安達さくらさんのデザイン。

Bottled_4.jpg

スタンドによって変化をつけた置き方ができ、カラーのバリエーションもいくつかあるようです。

Bottled_5.jpg

明るすぎない、こうしたおだやかな灯りを見ていると、何だか心が落ち着きますね。

実は、私、このインテリアライフスタイル展でのアンビエンテックのブースで撮影してきた、「Bottled」や「Colori」の画像集をパソコンのデスクトップ背景に設定して、30分ほどで切り換わるようにして心を和ませています。


ambienTec | Design for the Earth




posted by sally at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Sally's うふふ家電
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70156355
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック