2013年08月05日

デロンギのミニコンベクションオーブンで作るヘルシーメンチカツ♪

D8.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

デロンギDeLonghi ミニコンベクションオーブン EO420J-WSが活躍しています。豚バラ肉のチーズキムチ焼きも超おすすめメニューですが、先日作ってみて感激したのは、「焼きメンチカツ」。メンチカツ4個分に生の玉ねぎスライス1/4個分、キャベツの千切りが大2枚分(90〜100g)も入るというヘルシーなレシピなのです。

D1.jpg

愛用中のタイガーのマイコンフードプロセッサーを使って、牛肉と豚肉の薄切り肉を使って合挽きに。4個分で300gとたっぷり。

D2.jpg

合挽き肉に塩・コショウを加えて、粘りがでるまでよく練ったら、キャベツの千切りと玉ねぎの薄切りを加えて丸めます。

D3.jpg

野菜がかなりたっぷり。卵も牛乳でひたしたパン粉も入れないシンプルなタネですね。

D4.jpg

パン粉1カップにオリーブオイル大さじ1を混ぜたものを4等分したタネにしっかりとまぶします。

D5.jpg

プレートの上にオイルプレートを重ねて準備OK。

D6.jpg

まずは下段で200度15分。低めの温度で直焦げしないでじっくりと中まで火を通すわけですね。

D7.jpg

続いて、上段にうつして、230度に温度を上げて好みの焦げ色になるまで3分程度焼けば出来あがり。

ケチャップ、ソース、マスタードベースのソースを作って、それをつけながら食べましたが、辛子+醤油とか、ソース+辛子などのシンプルな食べ方も合いそうです。

今、注目の「揚げないでつくる揚げ物」の1つですが、パン粉にオリーブオイルを少し混ぜるだけで、焦げ目もつくし、風味も増します。それと、写真を撮り忘れましたが、底の部分もベチャッとしないでカラリと仕上がっているのもおいしさの秘密だなあと。熱風循環のコンベクションオーブン、さすがです。


--------

そのほか、鶏胸肉の間に、溶けるチーズと大葉、海苔を挟んで焼いたのも、簡単なのに美味しかったです。

D9.jpg

確か、200度くらいのオーブンで15分程度焼きました。

D10.jpg


あと、同じ鶏肉系では、タンドリーチキンも簡単でおすすめです。

IMG_3362.JPG

オイルプレートがあるので、下にも熱がより通りやすく、余分な脂も落ちてヘルシーに下がるのがいいなと思います。

IMG_3364.JPG


プレート類が小さいので、使った後もシンクで手軽に洗えるのもミニコンベクションオーブンの魅力。4人家族だと小さいとは思いますが、1〜3人なら本当に便利に使えると思います。




posted by sally at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71844560
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック