2013年08月12日

もう大型液晶テレビはいらないかも…4万円弱で超快適テレビライフ♪

AQUOS6.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

すみません、大型液晶テレビは要らない・・・だなんて、家電メーカーさんにケンカを売るみたいなタイトルですが、これは本音です。

実は、約6年前に52型の液晶テレビに買い替えたのですが、1年ほど前から、画面の1/3程が何重にもぶれるようになり、次第にザーザーと雨のようにもなっていたので修理をお願いしようと思い、見に来ていただいたところ、「これは液晶を取り換えないといけないので、10万円ほどかかります」とのこと。あらかじめテレビをつけておき、1時間ほど様子を見ていると、普通の画面に戻るので、しばらくは我慢して使っていたのですが、ついにどうにもこうにも元に戻らず、テレビを2画面にして、不具合のない画面左上の一画(=つまり20インチくらいの大きさ)で、見ることとなってしまったのです。

わが家は休日もしくは夕食時間帯以外にテレビをつけることがないとはいえ、食卓からテレビまでの距離が4m近くあるので、20インチではあまりにも見づらく・・・。10万円かけて液晶を取り換えるくらいなら、買い替えたほうがいいかなと検討してみたものの、これまで52型だったのなら、もう少し大きくしたいのが人情というもの。かといって、60、70型となると、それなりの価格となり、選ぶ際の決め手に欠けるのでした(実は候補にあがったものがあったのだけれど、そのテレビは50型以上のものはなく、残念ながら見送ることに)。

それで発想の転換をしたのです。大型テレビで「これは!」というものが見つかるまで、暫定的でもよいので、もっと食卓に近いところに小さなテレビを設置したらよいのではないだろうかと。予算は3〜4万円。食卓の上にテレビを置くのはいくらなんでも無理があるので、アーム式の壁掛け金具で取り付けて、アームを動かせばリビング側でも見られるようにしてみようということになりました。

AQUOS4.jpg

思い立ったが吉日。さっそく調べてみると、今年(2013年)のはじめに発売されたシャープの32型のテレビ(SHARP AQUOS 液晶テレビ 32型 LC-32H9)と壁掛け金具を合わせても4万円で購入できることがわかったのでした。当たり前ですが、電源の入れればすぐに映るし、近くなので32型で十分、というより大きすぎたかも・・・というのが正直な感想。まあ、リビング側から見たりすることも考えると(ほとんど見ないけれど)、これでよかったのかもしれません。

AQUOS5.jpg

しかもこれまで、リビングのほうにあったスピーカーを近くにもってきたので、5個のスピーカーに囲まれて、音響効果のいいことと言ったら!

AQUOS2.jpg

角度の調整によっては、キッチン側からも画面がよく見えるので、気になるニュースやドラマもチェックできて便利です。

わが家のテーブルの置き方が向かい合って座る設定になっていないし(いわゆる「家族ゲーム」方式で、横一列座り)、この方法はかなりイレギュラーかもしれませんが、可動式のアーム金具を使って、小型のテレビをキッチン&ダイニングに取り付けるという使い方は、もっと広がってもいいのかなと思います。

おかげさまで(?)以前よりもテレビを見る時間が少し増えました。それにこのSHARP AQUOS 液晶テレビ 32型 LC-32H9、お手頃価格とはいえ、映り込みもほとんどないし、見やすいです。明るさ調節や色調節がもう少し細かくできるといいのですが、そこまでこだわっていないから、これで十分すぎるかなと。

いずれ、リビングには映画観賞用にプロジェクターもしくは超大型のテレビを導入しようかとは思っているので、大型テレビを全面的に否定しているわけではありません。でも、こんな使い方&選び方が参考になれば幸いです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72350271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック