2013年08月31日

海外出張のお伴に「kobo glo」持っていきます。

kobo glo.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

今日の羽田発の早朝便で10日間の海外取材に旅立ちます。昨年同様、ドイツ・ベルリンで開催される家電見本市「IFA」の取材の前に、海外メーカーさんの本社および工場の取材で、まずはスイス入りします。飛行機の中でも原稿仕事をしないと間に合わないのですが、それだけでは疲弊してしまうので、やっぱり長旅のお供には本を持っていきたいところです。

でも、そうでなくとも多くなってしまう荷物、何冊も本を持っていくのはつらいのですよね。そこで、今回は電子ブックリーダー「kobo glo(コボ グロ)」を持っていくことにしました(写真のスーツケースの上にあるホワイトのタブレットっぽいのがそれです)。

世の中的には(というより、私の周辺ではKindle Paperwhiteを使っている人が多いようですが、私は初代のkoboを楽天さんからいただいて使ってみたことがあったので、同じ系列にすることに。

kobo glo2.JPG

手帳と比べみても小型で軽く、初代モデルとの違いはフロントライトがついて、暗いところでも読めること。

kobo glo3.JPG

ミステリ好きの私としては、前のページをパラパラとめくりにくい電子書籍はあんまり好みではないのですが、軽いのはいいですね。文字の大きさも自在だし。

それでは、元気に行ってまいります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73713139
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック