2013年10月31日

【AllAbout執筆】IFAレポート第2弾は「世界のキッチン家電」雑感

2.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

9月初旬のドイツ取材の記事を今頃?とあきれられそうですが、先日、AllAboutにて「FAレポート」第2弾、第3弾をアップしました。

第2弾の記事は、世界の冷蔵庫事情と、キッチン家電について。日本では最近、ガラストップの真四角なものばかりが台頭していて、それを「プレミアム」だと言っていますが、正直言って、私はあまり好きではありません。元々、日立のプレミアム戦略として打ち出されていいたもので、それ自体はよかったと思うのですが、どのメーカーもみんな追随してしまって、個性がなくなってしまったのがとても残念です。

そうした中で、IFAで見かけた1つのトレンドとして、「レトロ」「クラシック」というのがあるのですよね。丸みのあるフォルム、カラフルなカラー、「うふふ」な要素がいっぱいなのです。BOSCHやトルコのVESTEL、そしてパナソニックと資本・業務提携したスロバキアのゴレニエなど、「これ、欲しい!」と思ってしまうような冷蔵庫ばかりで、うれしくなりました。

機能面でぐっときたのは、ハイアール、LGエレクトロニクス、サムスンといったアジアの家電メーカーの冷蔵庫たち。2重扉の小窓がついているものは、ちょっと飲み物を取り出すにも便利ですし、省エネにもつながります。

3.jpg

そのほか、野菜を刻むのに便利なスライサーやスタンドミキサー、パナソニックのヨーロッパ向けのホームベーカリーなど、私の心に響いたキッチン家電を集めてご紹介しています。

へー、そうなんだ、日本とは違うんだなあ・・・など、参考にしていただければ幸いです。

IFA2013レポート(2)世界のキッチン家電のトレンド [生活家電] All About


posted by sally at 11:44| All Aboutの執筆記事