2016年08月01日

【AllAbout掲載コラム】あえて夏だからこそ使いたい“あっつ〜い”家電

1_s.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

半年ぶりくらいにAllAboutにコラムを執筆しました。全然、原稿が書けていないのに、いつも気にかけてくださっている担当編集者の方と雑談しているときに、「夏だからって、冷たいものばかり食べていては体によくないし、おまかせでOKの調理家電を使うといいことばかりなのよ」という話をしていたら、「それ、いいですねー。ぜひ書いてくださいよ」ということで、形になった内容です。


3_s.jpg

冒頭の写真のヘルシオ ホットクックのほか、タイガーのIHスーププロセッサーや、象印マホービンの圧力IHなべ 煮込み自慢など、食材や調味料をセットしたら、あとはほったらかしでOKの調理家電なら、キッチンにこもっていなくていいので、準備も楽々、ガスのように火を使わないので、放射熱が出ないのもいいところです。

5_s.jpg
そのほか、胃腸が冷えがちで疲れもたまりやすい夏におすすめなのが、「豚しゃぶ」なんです。ビタミンB1を豊富に含んでいるので、疲労回復にぴったり。しかも食材を準備するだけで、あとは食卓で調理できるのが鍋料理の魅力。

卓上のガスコンロでなく、IHクッキングヒーターを使えば、熱さもやわらぎ、室温を高めるのを抑えることができます。豚しゃぶに合うのが、今が旬のレタス。サッとお湯にくぐらせて食べると本当においしくて1玉ペロリと食べられてしまうくらい。〆には、日本蕎麦が合います。

アイリスオーヤマのIH式 焼肉プレート&鍋がいいのは、専用の浅鍋と焼肉プレートがついているところ。専用のものをつかったほうが、やっぱり熱効率もよく、お湯が早く沸いてストレスなく鍋料理が楽しめます。


6_s.jpg
「あつい家電」は調理家電だけではありません! スチームクリーナーを使えば、床のベタベタ汚れもすっきりとして、洗剤なしで除菌も。
ケルヒャーのスチームクリーナー SC1クラシックは、コンパクトサイズで使いやすいのでおすすめです。

そのほか、ダニ対策のためにも、汗でしめったふとんをさっぱりと乾燥させる布団乾燥機もこの時期、使いたいものの1つ。三菱のフトンクリニックは、その名のとおり、本格的なふとんのケアができる1台です。

7_s.jpg

ということで、詳しくは、AllAboutの記事をぜひお読みくださいませね!




posted by sally at 18:37| All Aboutの執筆記事

2013年11月01日

【AllAbout執筆】IFAレポート(3)ボダムのキッチン家電のルーツを探る

10.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

AllAboutにてIFAレポート第3弾もアップしています。これはIFAそのもののレポートというより、IFAにも出展していたボダム社のスイス本社取材の様子をご紹介したもの。CEOのヨーガン・ボダム氏や日本人のプロダクトデザイナー島津はるかさんへのインタビューのほか、スイスのルツェルンのボダムショップの様子、さらにはポルトガル工場の様子まで、幅広くお伝えしています。

5.jpg

こちらがヨーガン・ボダム氏。

7.jpg

そしてこちらが、ドイツの大学でプロダクトデザインを学び、卒業後すぐにボダムに入社して6年になる島津はるかさん。

ポルトガルにあるフレンチプレスのコーヒーメーカーなどの組み立て工場では、ベテランのスタッフが機械よりも速いスピードで作業を行っていました。写真もたくさん載せましたので、ぜひ。

IFA2013レポート(3)ボダムのキッチン家電のルーツ [生活家電] All About

15.jpg

posted by sally at 12:07| All Aboutの執筆記事

2013年10月31日

【AllAbout執筆】IFAレポート第2弾は「世界のキッチン家電」雑感

2.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

9月初旬のドイツ取材の記事を今頃?とあきれられそうですが、先日、AllAboutにて「FAレポート」第2弾、第3弾をアップしました。

第2弾の記事は、世界の冷蔵庫事情と、キッチン家電について。日本では最近、ガラストップの真四角なものばかりが台頭していて、それを「プレミアム」だと言っていますが、正直言って、私はあまり好きではありません。元々、日立のプレミアム戦略として打ち出されていいたもので、それ自体はよかったと思うのですが、どのメーカーもみんな追随してしまって、個性がなくなってしまったのがとても残念です。

そうした中で、IFAで見かけた1つのトレンドとして、「レトロ」「クラシック」というのがあるのですよね。丸みのあるフォルム、カラフルなカラー、「うふふ」な要素がいっぱいなのです。BOSCHやトルコのVESTEL、そしてパナソニックと資本・業務提携したスロバキアのゴレニエなど、「これ、欲しい!」と思ってしまうような冷蔵庫ばかりで、うれしくなりました。

機能面でぐっときたのは、ハイアール、LGエレクトロニクス、サムスンといったアジアの家電メーカーの冷蔵庫たち。2重扉の小窓がついているものは、ちょっと飲み物を取り出すにも便利ですし、省エネにもつながります。

3.jpg

そのほか、野菜を刻むのに便利なスライサーやスタンドミキサー、パナソニックのヨーロッパ向けのホームベーカリーなど、私の心に響いたキッチン家電を集めてご紹介しています。

へー、そうなんだ、日本とは違うんだなあ・・・など、参考にしていただければ幸いです。

IFA2013レポート(2)世界のキッチン家電のトレンド [生活家電] All About


posted by sally at 11:44| All Aboutの執筆記事

2013年09月30日

【AllAbout掲載】IFA2013レポート〜スマートハウス&スマート家電

1.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

IFAの取材については、すでに家電Watchにて海外メーカーのブースの様子を4本の記事にアップしていますが、AllAboutでも違った視点で3回に分けて記事を掲載します。

第一弾は、パナソニックをはじめとする国内外のスマート家電、スマートハウスの取り組みについてまとめました。昨年もレポートしたパナソニックのフリースタイルIHがさらに実用化に向けてブラッシュアップされており、同じ天板上でスープの入った鍋の加熱と、ミキサーの通電が行われていたのが印象的でした。

2.jpg

そのほか、パナソニックでは、一般公開せず、一部のメディアに限ってプライベートデモを行っていたスマートハウス(スマート家電)を体験できたので、それについても紹介しています。IFAのプレスルームでフリージャーナリストの本田雅一さんと久しぶりに再会し、プライベートデモの担当者の方を紹介していただけたのは、幸せなことでした。ありがとうございました!

6.jpg

今回、お披露目されていたものは、あくまでプロトタイプではありますが、音声、しかも話し言葉によって家中の家電をコントロールできるという興味深いもの。単に操作ができるだけでなく、好みやライフスタイルに応じて、クラウドに蓄積された情報から、その人にぴったりの献立などを提案してくれるというのですから、楽しいですよね。

詳細は記事に書きましたので、ぜひ。

16.jpg

そのほか、LGエレクトロニクスやサムスンのスマート家電の取り組みなども紹介しています。

IFA2013レポート(1) 各国のスマート家電 [生活家電] All About




posted by sally at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | All Aboutの執筆記事

2013年02月14日

プリウスPHVって本当にいいの?〜トヨタに直撃取材してわかったこと。

toyota_allabout.jpgPHV、エコカー、プリウス……ガイド神原サリーがトヨタに直撃取材 PHVって、本当に環境にいいの?

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

家電ガイドを務めているAllAboutの企画で、トヨタの広報部長さんに取材をする機会をいたただきました。家電の専門家が自動車メーカーに取材とは、ある意味、目からウロコの出来事! いやはや好奇心旺盛な私としては、本当に興味深く、勉強になったのでした。

今回の取材の内容は、今話題のプリウスPHVについて。EV(電気自動車)や、ハイブリッドカーとの違いは何なのか。本当に環境にやさしい車なのか。まずはハイブリッドカーの仕組みから始まり、本当に丁寧にわかりやすく説明してくださった中井さんに心から感謝いたします。

詳細はリンク先の記事をお読みいただくとして、このPHVは、EVのように急速充電システムがいらなくて、家庭用の100Vの電源なら3時間、200Vの電源なら、わずか1.5時間でフル充電できるというのには、びっくりしました。ガソリンも積んでいるけれど、EV走行できる距離が26.4kmなので、買い物や通勤、送り迎えなど、日常の生活ならガソリンを使わずに電気だけでも十分。もしものときや、長距離走行の際にはガソリンに切り替えられるから、安心して乗れます。

プラグインハイブリッドって何? 私たちの暮らしがどう変わるの? …など、家電の取材をするように、根掘り葉掘り聞いてきました。本当に、クルマと家電て近づいてきているんだなと思いました。そして、住まいも。ちなみに、今回の記事と関係なく、トヨタホームさんのスマートハウス(実験中のものでなく、売りに出されているもの)にもお伺いして、取材させていただきましたので、こちらについてはまた後日、詳しくご紹介します。

2時間にわたって、全身全霊を傾けて取材してきた様子、ぜひ読んでいただけるとうれしいです。

PHV、エコカー、プリウス……ガイド神原サリーがトヨタに直撃取材 PHVって、本当に環境にいいの?

2_img04.jpg





posted by sally at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | All Aboutの執筆記事

2013年02月05日

【AllAbout記事掲載】2013年、美容家電のトレンドは?

omens.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

本当に久しぶりにAllAboutにて記事を執筆しました。2013年のトレンド予測というテーマで、いろいろなガイドが記事の執筆依頼を受けたようですが、私が編集部から依頼されたのはズバリ「美容家電」。ここ「Sallyの家電研究室」でも、Facebookでも、美容家電については反響があります。皆さん、情報が足りないので、もっと知りたいと思っていらっしゃるのでしょうね(ちなみに、私、Facebookでは、「神原恭子」の本名にて登録しております。探したのに見つからない・・・というお声をよく聞きまして申し訳ありません。私と面識のある方でFacebookをされている方、リクエスト、お待ちしております)。

美容家電の予測については、すでに、ここでも年頭に書いていますが、「パーツ別エステ」「ファーストエステ家電」「男性美容家電」など、私なりのキーワードをもとに、記事を展開しています。1200字程度の短い記事ですが、お読みいただければ幸いです。

小泉成器が展開する男性美容家電「OMENS」シリーズについては、またあらためて詳しくご紹介しようと思っています。


2013年、美容家電のトレンドは? [生活家電] All About


posted by sally at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | All Aboutの執筆記事

2012年06月08日

【Alll About執筆】オシャレな電動クロスバイク ヤマハPAS VIENTA

vienta.jpg


こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

先日、電動アシスト自転車の基礎知識 電動アシスト自転車の選び方5つのポイントについて記事をアップしたAll Aboutにて、女性向けのおしゃれな電動クロスバイク、ヤマハ PAS VIENTAのレビュー記事がアップされました。

「VIENTA(ヴィエンタ)」とは、スペイン語のViento=風をもとにした造語だそうで、風を切って爽快に走ることをイメージして名付けられたのだとか。男性向けではかっこいいスポーツタイプの電動アシスト自転車がたくさん登場していますが、女性のためのものというと、まだまだ実用一点張りなので、かなり珍しいのではと思います。

ここで、たぶん皆さんが思われるのは、こうしたタイプに乗りたいなら、電動アシストはいらないのでは?ということかもしれません。でも、距離を延ばして遠くに行く楽しみや、坂道でも楽々というのはアシストがあるからこそ。このヴィエンタはアシストをオフにして走った場合、電池残量などを示す手元のメーターがサイクルコンピュータとしても使えるので、なかなか便利です。

それに適応身長が147センチ〜というのも、安心して乗れる理由の1つ。無理のない前傾姿勢がとれるのでなれていなくても乗りやすいですよ。

ということで、気になった方はアップされた記事をぜひご一読ください。

オシャレな電動クロスバイク ヤマハPAS VIENTA [電動アシスト自転車] All About



posted by sally at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | All Aboutの執筆記事

2012年06月06日

【All About執筆】電動アシスト自転車のサイトオープンです

allabout_0606.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

5月から家電ガイドとして仲間入りをしている生活情報サイトAll Aboutですが、昨日、「電動アシスト自転車」サイトが新しくオープンしました。生活家電というにはジャンルとして微妙なところもありますが、昨今、家電量販店でも力を入れ始めてるのが、この電動アシスト自転車です。

[電動アシスト自転車] All About

All Aboutでは、これまで電動アシスト自転車というカテゴリで情報発信をしている人がいないということだったので、サイトオープンにあたり、今回まず執筆したのが、次の2つの記事。まずは「基礎知識」や「選び方とおすすめ機種」などを紹介しています。


今後は、パナソニックサイクルテック、ヤマハ発動機、ブリヂストンサイクルの主要メーカー3社の製品レビュー記事などもゆるやかにですがアップしていく予定ですので、どうかお楽しみに。



posted by sally at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | All Aboutの執筆記事