2013年11月22日

【GoodsPress12月号】男の所持品〜空気清浄機・加湿器〜

GoodsPress_1.JPG

Goods Press (グッズプレス) 2013年 12月号

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

現在、発売中の徳間書店発行「GoodsPress」12月号に取材協力しています。秋冬の新製品の中でも男性の物欲を刺激するアイテムがピックアップされて紹介されている今号。その中で、「加湿器&加湿空気清浄機」について総括したコメントを寄せました。

今年はバルミューダの「AirEngine」やブルーエアの「SENSE」、ダイキン工業の「クリアフォースZ」など、空気清浄機(&加湿空気清浄機)の当たり年だと思います。シェアナンバー1を誇るシャープの製品も、プラズマクラスターの静電気除去機能をアピールした納得感のある製品を投入していまし、パナソニックのデザインを刷新したモデルもなかなかです。

また、加湿器にしてもバルミューダの「Rain」やエクレアの「カドー」など、注目すべき新製品が発売されて、本当に楽しみです。


GoodsPress_2.JPG

で、今号の誌面でちょっとうれしかったのが私のプロフィル欄。記事を担当したのが、仲良しの滝田氏だったこともあり、私が提唱する「うふふ家電」のことについて触れてくれていたのです。

新聞社勤務、フリーライターを経て、顧客視点アドバイザー&家電コンシェルジュとして活躍中。最近は、自身の琴線に触れる家電を「うふふ家電」と命名し、世に広めている。


皆さんにとっての「うふふ家電」が、たくさん見つかりますように。家電メーカーさんが「使っているときはもちろんのこと、使っていないときもそこにあるだけでうれしくなるような“愛着のもてる”家電」=「うふふ家電」を作ってくださいますように!


Sally_ufufu.JPG



2013年11月16日

【BSジャパン・暮らしの学校】今日11/16(土)18時〜「CEATEC特集」に出演します

CEATEC.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

テレビ出演のお知らせです(告知を忘れましたが一昨日の日テレ「ZIP!」にもインタビュー出演していました)。今日の18時〜BSジャパン「暮らしの学校」に出演します。

今日の放送は「家電」がテーマ。10月初旬に幕張メッセで開催されたCEATEC2013にて、めちゃイケでも活躍されている敦士さんと一緒にロケをしました。10時〜17時までほとんどノンストップでいろいろなブースをまわり、特別にTOYOTAやHONDAの“未来の車”にも乗せていただき、楽しい体験をいっぱいしました。

ロケでは広いシーテック会場にてコンパニオンのお姉さんにまぎれている私を、敦士さんが探す「サリーさんを探せ」も撮ったのですが、果たして使ってもらえているのやら。近くにテレビカメラがないのに、大きな声で「ここでーす!」と叫ぶのは、かなり恥ずかしかったんですが、がんばってチャレンジしました。

131116a.jpg

未来家電がたくさん出てくるはずですので、どうかお楽しみに。よろしかったら18時になったら、BSジャパンにチャンネルを合わせてご覧くださいませ!

news.JPG



2013年11月10日

【日経プラス1何でもランキング】10/12掲載〜掃除機 私が満足する1台

nikkei_cleaner2.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

1か月前の掲載になりますが、2013年10月12日付の日本経済新聞「日経プラス1」の一面『何でもランキング〜掃除機 私が満足する1台』にて評価委員として協力しました。これから、暮れの大掃除シーズンに向けて、ますます関心の高まる掃除機ですが、キャニスタータイプのサイクロン、コードレススティック、コードレスキャニスターなどますますバリエーションが増えて、しかも使いやすくなって充実している感のある、2013年秋の掃除機たち。このランキングは必見だと思います。

今回の評価委員11人による審査結果は次のとおりです。

1位】600ポイント:東芝 トルネオV VC-SG513
【2位】480ポイント:ダイソン DC62 モーターヘッド
【3位】390ポイント:エレクトロラックス エルゴラピード・リチウム
【4位】360ポイント:パナソニック ハイブリッド電源掃除機 MC-HS700G
【5位】330ポイント:シャープ EC-VX500
【6位】270ポイント:日立 紙パック式掃除機「かるパック」CV-PY300
【7位】268ポイント:三菱 紙パック式掃除機「Be-K」TC-FXC8P
【8位】263ポイント:ダイソン DC48 モーターヘッド
【9位】260ポイント:三菱 「風神」TC-ZXC30P
【10位】240ポイント:パナソニック MC-SR31G

実は5位までの順位は、私自身がつけた評価と全く同じです。紙面でも書かれているとおり、2位と3位に入っているのが海外メーカーのコードレススティッククリーナーというのは、掃除のスタイルの変化の現れだと言えるでしょう。何といっても今回の審査基準は「メインの掃除機」というのものでしたから、こうしたコードレススティックがメインにも成りうるほどの吸引力・集じん力・バッテリーの持ちと維持しているというのはすごいことですね。

そしてダントツ一位に輝いた東芝のトルネオVですが、ちょうど私のコメントが採用されていて光栄です。コンパクト性、フィルターレスの本格的なサイクロンクリーナーであること、ホースやヘッドまでも軽く使いやすいこと、「ごみ残しまセンサー」でゴミの取り残しをチェックし、床材やゴミの多さによって吸引力を自動で調節してくれること、そして豊富なアタッチメント(バッグに入れられるようになっています)で家中どこでもしっかりと掃除できること・・・など、掃除好きにも掃除が得意でない人にも行き届いた掃除機であることが評価されていると思います。

4位のハイブリッド電源掃除機は10/1発売号のPenのコラムでも取り上げたとおり、最新の技術を凝縮したコードレスでもコードありでも使えて、もしもの時にはバッテリが携帯電話やスマートフォンの充電池にもなるプレミアムモデル。

5位のシャープのサイクロンクリーナーは本体カラーとホースのカラーまでをそろえたデザイン性に優れたモデルで排気のきれいさや、従来モデルよりもぐんと使いやすくなったワイドなヘッドが魅力の1台です。音が静かなので夜家事や早朝の掃除もOKです。

10機種の中で、紙パックだったのは、6位の日立「かるパック」と7位の三菱「Be-K」の2機種のみ。サイクロンが充実している中での、この2機種は貴重です。「かるパック」は排気にこだわり、ヘッドなども本当に使いやすい掃除機です。コンパクトな掃除機の先駆けで、今回デザインを刷新している「Be-K」は、サイクロンも出ていますがやっぱりその良さが際立つのは、今回ランクインしたこの紙パックのほうだと思います。価格も手ごろで小回りがきき、掃除性能も満足感のあるBe-Kは独自の立ち位置でこれからもがんばってほしいです。

-------

お気に入りの掃除機があると、こまめに掃除をするようになって、本当に気持ちよく過ごせます。以前に比べて、高機能になった分、価格が上がっていますが、買って損はない1台ばかり。この冬、買い替えを考えている方はぜひ参考にしてください。




2013年10月02日

【AllAboutタイアップ企画】象印の新ベーカリーはみみまで柔らかなパンが焼けます

ftr_img.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

9月21日に発売されたばかりの象印のホームベーカリーBB-SS10-WP、神戸の有名パン屋さん「地蔵家」の食パンにも負けない耳までやわらかな食パンが焼けるところがこれまでと全く違うところです。

ということで、AllAboutのタイアップ企画の記事に出演させていただきました。今回の記事では家電ガイドを務める私と、「はじめてのパンレシピ」ガイドを務める小泉さん、そして象印マホービンで商品企画を担当されている北村さんとの対談の様子が再現されています。

この対談・撮影の現場が本当に楽しくて(&美味しくて)、心に残る1日となりました。北村さんはお子さんがいらっしゃるママでもあるので、そうした目線も開発に生かされているのですよね。技術的には底面にヒーターがダブルで入り、温度制御などで本当にやわらかなパンに仕上げているところが素晴らしいです。しかもイーストの配合は少なめなので、パンそのものの香りが楽しめるレシピになっています。

パン好きな方、記事をご覧になってくだいね。

パン、ホームベーカリー、象印…食パン専門店が認めるおいしさ!ミミまでやわらかな食パンが焼けるワンランク上のホームベーカリー


2013年09月29日

【アイーネ創刊号】新連載サリー&ユリーの家電ファンMTG(ミーティング)

aene.jpg

aene (アイーネ) vol.1 2013年 11月号

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

9月28日に新創刊されたママのためのお買いものマガジン「aene(アイーネ)」(学研マーケティング発行)にて、連載が始まりました。その名も、「サリー&ユリーの家電ファンMTG(ミーティング)」。ユリーというのは、講談社「Kiss」で『家電の女』を連載、全4巻のコミックスにもなっているマンガ家の西山優里子さん。家電は人が快適に過ごすために奉仕してくれる執事みたいな存在だという西山さん(=ユリーさん)との対談が、文章とマンガで紹介されるという、ものすごく楽しい連載なのです。

aene_kaden4.jpg

第1回のテーマは「秋・冬の乾きに潤いを与える癒し系家電」。携帯ミスト(小泉成器・ビジョーナ)やナイトスチーマーナノケア(パナソニック)のほか、東芝や三菱重工空調システムの加湿器などを取り上げています。

今回のページでは、家電の写真は掲載されますが、基本的にはすべて西山さんが描いてくださったマンガで構成されています。

aene_kaden3.jpg

なので、ユリーさんと私の紹介もこんなふうに似顔絵で登場! 私のことをとても素敵に描いてくださってうれしいです(初校を見るまでは、どんなふうに描かれるのかしらとちょっぴりドキドキしていました)。

aene_kaden.jpg

表紙にもちゃんと名前が載っていて、それもとても光栄なことです。

家電にあまり興味のない方でも、こんなページ構成なら、きっと楽しく読んでくださるのではないかなと期待しています。ぜひ、手にとって読んでみてくださいね(掲載はP126〜127)。

aene_kaden2.jpg



2013年09月27日

【日経新製品バトル】高機能オーブンレンジ〜パナソニック、シャープ、日立

新製品バトル「オーブンレンジ」20130926S.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

先週に引き続き、昨日2013年9月26日付の日経新聞朝刊「日経新製品バトル」にて、評価委員を務めました。今回のテーマは高機能オーブンレンジ。3つ星ビストロでおなじみのパナソニック、2013年モデルで10代めとなるシャープのヘルシオ、そしてベーカリー機能付きで使い勝手にも配慮された日立の「ベーカリーレンジ ヘルシーシェフの3機種です。

新聞記事では一部のコメントが抜粋されて掲載されていますので、コードレス電話機のときと同じように、私のコメントのみ全文、ここに掲載したいと思います(日経の会員向けのサイトでは、3人の識者の全文が読めるようです)。

【パナソニック】
<機能>
レンジとヒーターの組み合わせによる時短調理メニューが豊富。今回のモデルではスピードスチーム機構が加わって、ヘルシーな蒸し物もスピーディにできるようになっている。焼き物と煮物が一緒にできる「合わせ技セット」や凍ったままの肉などの食材を解凍しないで調理できる「凍ったままグリル」、冷凍のごはんと常温のおかずなど温度の異なる料理を同時に温める機能など、日常便利に使える機能が充実している。

<使い勝手>
カラータッチ液晶でメニュー選びがしやすく、ドアを閉めるときにバタンとせず、静かにスムーズに閉まる点もよい。グリル皿にはフッ素加工がしてあり汚れが落ちやすい。またスマートフォンとの連動機能があるため、仕事帰りなどの外出先でレシピ検索をしてメニューを決めたり、使う材料のうち足りないものについてはメール送信できる「お買い物メモ」など、便利に使える。現在、Andoroidスマホだけに対応しているが、iPhoneにも対応すればさらに利便性が高まるだろう。

<デザイン・価格>
幅50cmを切り、奥行き43.5cm、高さ39pと3製品の中で最もコンパクトで設置性がよく、庫内そのものは大容量のままというのが魅力。通常の食器棚の奥行きに収まるサイズなのはうれしい。扉面にカラー液晶が組み込まれており、開けた時に本体幅がそのまま庫内幅となっていて、すっきりして使いやすい。価格も?発売で他社と比較して時間がたっていることもあり、かなり値ごろ感がある。

【日立】
<機能>
付属のグリル皿と焼き蒸しふたを組み合わせることで餃子や炒め物などがおいしく仕上がる“焼き蒸し調理”や高温スチーム(過熱水蒸気)によるヘルシーメニュー、肉やケーキを焼くオーブン調理、魚などを焼くグリル機能、レンジでの温めに加え、オーブン内でパンのこね、発酵、焼き上げまでを行うベーカリー機能まで備える多機能なオーブンレンジ。しかも通常のホームベーカリーでは3時間かかるところを、わずか100分というスピードで焼き上げる。ほうれん草パンや納豆パンなどのヘルシーパンのメニューも豊富。

<使い勝手>
液晶パネルに材料や付属品だけでなく、調理のコツまでを表示してくれる機能があるため、オーブンレンジ初心者でも使いこなしやすい。例えば、冷凍ごはんの温めの際には「上手な冷凍の仕方」「トレーのどこに冷凍ごはんを置くべきなのか」などが図入りで示される。「使い方のコツ」というページが別に用意されているのではなく、“今行なっている作業の中でのコツ”が分かる仕組みなのがよい。通常の音声ガイドと異なり、「おしえてボタン」押すと知りたい情報だけを音声でガイドするのも便利。ただ、多機能ゆえに付属品が多いので、収納の点で場所を取るところが難点かもしれない。

<デザイン・価格>
光沢のあるパールレッドを採用しておりプレミアム感がある。使っていない時には存在感を主張せず、光の当たる角度によって表情が変わるハーフミラー仕上げの扉にトレンドを感じさせるデザイン。価格は3製品の中で最も高いがベーカリー機能もあり、焼き蒸し調理、過熱水蒸気による健康調理、オーブン、電子レンジ機能などあらゆる機能が盛り込んであることを考えると妥当だろう。

【シャープ】
<機能>
庫内に高温の水蒸気(過熱水蒸気)を充満させて調理する“ウォーターヒート技術”による脱脂、減塩などの健康調理ができるほか、電子レンジによる温めやケーキづくりに便利なオーブン機能、グリル機能などを備える。このモデルではエンジンのパワーがアップし、過熱水蒸気の調理時間が大幅に短縮されている。ビタミンやタウリンなどの栄養素を多く残しながら調理するメニューや魚の骨までやわらかく調理するメニューなども豊富。

<使い勝手>
カラー液晶画面が見やすく、作り方のポイントや使う道具についても表示するので分かりやすい。“ココロエンジン”搭載のため、選んだメニューに合わせて、音声でアドバイスしてくれたり、仕上がり時間の1分前になると「まもなく調理が終了します」「あと10秒で出来上がります」など知らせてくれるのも便利。毎回同じ音声が流れるわけではないので、「今度は何を話してくれるだろう」という楽しみもあって、“使いたくなる”オーブンレンジだ。電子レンジでの温め以外ではアルミホイルも使え、レトルト食品や殻つきの卵などもそのまま調理できるのが便利。角皿の汚れが落ちにくいところが難点といえる。

<デザイン・価格>
ヘルシオらしいレッドとホワイトでシンプルなデザイン。サイドの液晶画面もカラー表示なので美しい。炊飯器やジューサーなど共通デザインになっているので、シリーズでそろえる楽しみがある。価格は発売から日が浅いこともあり高めだが、音声ガイドなどの利便性を考えると妥当というところだろうか。



2013年09月22日

【日刊スポーツ社会面掲載】東京五輪・2020年の三種の神器はどうなる!?〜人それぞれの“神器”

news_1.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

朝日新聞に続いて、日刊スポーツの社会面での取材記事掲載のお知らせです。こちらも朝日新聞の炊飯器の記事が出たのと同じ、9月14日の朝刊です。

日刊スポーツでは、東京五輪開催決定にちなんで、5回にわたって「2020年日本再生への道」という連載企画を行っていて、その最終回となるのが「ニッポン家電復活チャンス〜20年の三種の神器はどうなる!?」というものでした。その前日に記者の方が銀座に取材に来られて私がお話しした内容がコンパクトにまとめられています。

1964年に開催された東京五輪では「白黒テレビ、電気洗濯機、電気冷蔵庫」が三種の神器として売り上げを伸ばしましたが、2020年に向けて今後はどんなものが「三種の神器」となるのでしょうか。そんな質問に対して私の答えは「三種の神器のような象徴ではなく、個々のライフスタイル(生活様式)に合った“人それぞれの『神器』”ができる」という見方です。

今年に入って、さまざまな媒体や、トークイベントなどのステージでお話ししていることですが、「大きな家電を1つ買い替える」よりも、今ある家電にプラスしていくうという「買い増し家電」がこれからの主流になっていくと思うのです。つまり、「人それぞれの神器」ができるということです。

そのほか、日本市場を有望と見込んで「日本向けモデル」を引っ提げて参戦する海外メーカーのことや、技術力では負けない日本の家電メーカーへの応援メッセージを寄せてています。

記者の中山知子さんは私の話を「五輪はニッポン家電復活のチャンスでもあるのだ」と締めくくってくださいました。私自身も本当にそう思っています。これからの7年が楽しみです。

news_2.JPG






【朝日新聞掲載】おいしいごはんのための炊飯器の選び方

asahi_1.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

少し前の掲載になりますが9月14日付けの朝日新聞朝刊「なっとく くらしスタイル」のコーナーにコメントが掲載されています。テーマは「ご飯をおいしく炊くには」というもので、8月中旬に取材を受けたものがまとめられました。今年の炊飯器の新製品の傾向のほか、炊飯器の選び方のポイントについてアドバイスしています。

あらためて、家電Watchにて「炊飯器」をテーマに記事を書くつもりですが、今年の傾向を見てみると「銘柄炊き分け」「わが家炊き」といった、好みに応じた炊き分け機能の充実があります。2012年モデルから一足先にこの機能をのせてきた三菱電機の「蒸気レスIH」の新バージョンをはじめ、象印マホービンやパナソニックもこうした機能をプラスしています。

いよいよ新米の季節。おいしいごはんを味わいたいですね。


2013年09月21日

【日経新製品バトル】コードレス電話機〜シャープ、パナソニック、パイオニア

日経新製品バトル20130919_s.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

今週木曜日付(2013年9月19日)の日本経済新聞朝刊「日経新製品バトル」にて、評価委員を務めました。今回のお題は「コードレス電話機」。携帯電話やスマートフォンが普及しているとはいえ、一家に1台の固定電話はまだまだ大切な役割を担っています。最近の電話機は高齢者にも使いやすく、迷惑電話対策なども充実しています。

シャープ、パナソニック、パイオニアの新製品3台を実際に自宅で使用してみて、評価コメントを寄せました。新聞記事ではその中から、特徴的な部分を抜粋して表組みになって掲載されていますが、会員向けのWebサイトでは全文掲載がされているようです。

私のコメントのみ、ここで全文掲載しますので、参考になれば幸いです。

■シャープ
<機能・性能>
有料のナンバー・ディスプレイ契約をすれば、着信時に親機本体の右下に配した「お名前確認」ボタンのカラーが、非通知や公衆電話は赤、電話帳登録なしの場合は黄色、登録済みの相手は緑と変化するため、一目で確認できる「あんしんLED」機能が便利。停電時にも親機で発信・着信・通話ができる「停電時通話」機能ももしもの時に心強い。


<使い勝手>
コードレスの受話子機ではないので、親機で電話をする際には固定した場所にいなければならないが、子機が標準搭載されているため、使い分けることで便利に利用できそうだ。ただ、電話機そのものは、年配の人にも配慮してた機能が豊富なのに、取扱説明書の文字があまりに小さく、説明も親機と子機が並列されているなどわかりづらいところが残念。設定を子世帯が行うとは限らないので、取扱説明書のブラッシュアップを望みたい。


<デザイン・価格>
決して斬新とはいえないが、丸みがあるボディや受話機、大きなボタン、圧倒的に大きなカナ液晶など、年配の人でも構えずに使える安心感のあるデザイン。「音量大」ボタンの赤色(子機は紫色)がアクセントになっており、「聞こえにくい」という時に瞬時に押せる点が秀逸。電話帳登録時に電話機本体の上に載せて使う、「文字入力サポートシート」が同梱されており、入力時以外は、数字キーの周りにカナ表記などが併記されていない点もすっきりして好印象。価格も手頃。

■パナソニック
<機能・性能>
電話帳に登録してない番号からの着信に対して、相手の声を聞いて確かめてから通話を始めることができる「あんしん応答」や、10分前からの通話を録音できる「前から録音」など、高齢者の安全対策にも優れた電話機。ドアフォンとの連携や通話時に子機での操作で声を低くできる「ボイスチェンジ」も、一人暮らしの女性などにうれしい機能だ。


<使い勝手>
視覚障害者向けの音声読み上げポータルサイトなどを運営しているパナソニックならではの、音声ガイド機能や電話帳検索や登録時の音声読み上げ機能など、耳で確認できる機能が充実している。着信時にアンテナ部分が青く光るため遠くからでも視認性が高い。また、受話子機の液晶画面や文字が大きく、操作がしやすい。携帯電話に慣れている人なら、直感的に操作ができそうだ。


<デザイン・価格>
ホワイトのほか、艶消しの落ち着いたシャンパンゴールドのカラーもあり、シックなデザイン。ナンバーボタンの周りに配したワンタッチダイヤルや保留ボタンなどは小さめだが、突起がしっかりしており押しやすい。ただ、受話子機が大きめで重みがあり、滑りやすいので持ちづらい印象。高齢者にもやさしい機能をせっかく備えているので、もう少し受話子機のデザインを工夫したほうがよいのではないだろうか。6月発売のこともあり、価格はこなれている。

■パイオニア
<機能・性能>
停電時でも受話子機や子機を使って通話が出来る機能や、通話録音を始める前に「通話を録音します」と相手にメッセージを送って迷惑電話を抑止する機能、ナンバーズ・ディスプレイサービス契約をしていなくても、暗証番号を使用することで、呼び出し音と画面で家族からの電話であることを知らせてくれる機能など、安心・安全に暮らせる機能が充実している。


<使い勝手>
取扱説明書の文字は小さめだが、電話帳登録の仕方などが見開きで順を追って図解されているため、とてもわかりやすく、漢字変換なども苦にならずにできる。登録後も本体・子機ともに液晶に漢字で表示されるため、一目で認識しやすい。また、横置きデザインのためか、ダイヤル番号のプッシュボタン、電話帳や機能設定の十字キー、留守設定や保留などのボタンなどがうまく分かれて配置されており、迷わずに操作が出来る点もよい。


<デザイン・価格>
受話子機を本体奥に横置きするコンパクトなデザインで、パール感のある本体が美しくスタイリッシュ。どんな部屋にも合い、置き場所を取らない。コードレスの受話子機は無接点方式のため、左右どちらの向きに置いてもOKなのもストレスなく使えて便利だ。また、受話子機が薄くて軽いため、持ちやすい。停電時にも約5時間連続通話ができる「簡易停電対応」など安心感のある機能を持っており、価格にも納得感がある。



2013年09月05日

アジア家電のトレンド分析〜NNA ASIA「The Monthly NNAアジア消費者ラボ9月号」

0901.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

現在、ヨーロッパ取材の真っ最中で、いよいよ今日からドイツの家電見本市IFAの取材が始まります。でも、一昨年秋に香港エレクトロニクスフェアの取材をしてから、アンテナを張っているのは欧米だけではなく、アジアの家電動向にも目を向けるようにしています。

そんな私の取材姿勢にNNA ASIAの記者の方が目を留めてくださり、先日「アジア家電のトレンド分析」ということでインタビュー取材を受けました。

9月2日発行、「The Monthly NNAアジア消費者ラボ」の中で、『健康志向と多機能性、そして見栄』というタイトルで1ページ半にわたって記事にしていただきました。先日、「みんなのタクック」を発売し、「わたしのタクック」「大人のタクック」と並んで、ついにすべての生活者たちに向けたラインナップがそろった多機能炊飯器「タクック」が、9月にはアジア6か国で本格的に販売されます。この取り組みにはとても注目していて、インタビュー時にかなり熱を込めてお話ししたところ、タイガー魔法瓶に直接取材をして記事にしてくださったようで、追加取材分もとても興味深いものになっています。

アジアのライフタイルを読み解く「アジア消費者ラボ」。決して安価な媒体ではありませんが、目次をご覧になってピンときた方は、ご購読ください!


2013年08月30日

【BestGear2013年10月号】先取り「秋モノ」完全公開!〜シャープ10代目ヘルシオ

P8290612.JPG

Best Gear 2013年 10月号

こんにちは。家電コンシェルジュのSally、こと神原サリーです。

8月もあと一日で終わりですね。また、残暑がぶり返してきたようなので、どうか皆様、熱中症対策を万全にしてくださいね。

雑誌の世界は先へ先へと早めに情報提供していくもの。今、発売中の徳間書店発行「BestGear」でも、秋モノの先取り特集をしています。家電の分野で取り上げられているシャープの過熱水蒸気オーブンレンジ『ヘルシオ』ページにて、取材協力しました。2013年モデルのヘルシオで何と10代目。過熱水蒸気を噴射する元になるヘルシオエンジンがパワーアップして、調理時間がぐんと短くなっています。8分で2品作れるおつまみメニューなんていうのもあって、ヘルシオは他のオーブンレンジとは異なる立ち位置で、おいしさ、作る楽しさ、健康調理を提案しています。

そして、シャープならではのココロエンジンを搭載しているため、音声ガイドとは異なる、コミュニケーションができるのが画期的なのです。実はわが家では、今回、ベストギアで取り上げられているフラグシップモデルではなく、年配の人にも楽しく便利に使えるSA-1というモデルのモニター機を使ってみています。メニューを選ぶと、「それ、いいですね」と言ってくれたり、「あと10秒で出来上がります」と教えてくれたり、お手入れをすると、御礼を言われたり、本当にユニーク。使うのが楽しくなります。

そんな10代目ヘルシオの魅力を語っているページを、ぜひチェックしてみてください。なお、大変残念なことに、ベストギアは今号をもって休刊とのこと。だからこそでしょうか。熱意のあふれた1冊になっています。

P8290610.JPG


2013年08月06日

【ふたり暮らしSTYLE VOl.4】賢いふたりの家電選びガイド〜炊飯器・食洗機編

7.JPG

ふたり暮らしSTYLE VOL.4 2013年 07月号 [雑誌]

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

ここでお知らせするのをすっかり忘れていましたが、まだ現在も発売中の雑誌なので、遅ればせながらのご紹介です。主婦と生活社発行の「ふたり暮らしSTYLE」のVOL.4にて、取材協力&監修をしました。

5.JPG

コーナー名は「賢いふたりの家電選びガイド」。

4.JPG

この雑誌のターゲットはズバリ、20〜40代のカップル。『初めてのふたり暮らし、応援します』がコンセプトです。一人暮らしの人をターゲットにした「ひとり暮らしSTYLE」の姉妹誌にあたるそうで不定期発行とのこと。

メイン特集が「飛んで帰りたい家、帰りたくない家」ですし、「リノベーション物件に住む!」や「すぐ散らかる病の治しかた」なんていう特集もあって、切り口がなかなかいいのです。「ふたり暮らしのマネー事情」も興味深いですよ。

家電選びとしては、今まで実家暮らしだったり、1人暮らしだった人が「ふたり暮らし」に変わる時、どんな点に気をつければよいのかを考えました。

6.JPG

予算的なものもあると思うので、フラグシップモデルの紹介はしていません。今回取り上げた炊飯器と食洗機にしても、あえてミドルクラスばかりを集めて、その特徴を紹介するという実生活に即したものにしています。

3.JPG

ということで、ふたり暮らしをしている人も、これから予定している人も、参考にしていただければと思います。


2.JPG




2013年07月28日

東京ミッドタウンでのトークイベントのご報告と、玄米のおいしい食べ方のことなど。

8.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

約2週間前に東京ミッドタウン・ガレリア3Fにオープンした「イデアセブンスセンスデジタルコード」には皆さん、もう足を運ばれましたか? オープンの翌日13日(土)にトークイベントが店内で開催され、1時間弱、お話しさせていただきました。用意した椅子席は皆埋まり、立って聴いて下さった方も大勢いらして、感激しました。本当にありがとうございました!

4.JPG

店内の様子を少しご紹介しましょう。入り口を入ってすぐのところにはキッチン家電コーナーが。奥の棚には電気ケトルやコーヒーメーカー、エスプレッソマシンなどが並んでいます。

6.JPG

カウンターには今、注目のミキサーやブレンダーなどがズラリ。

7.JPG

イデアインターナショナルのオリジナルブランド「BRUNO(ブルーノ)」のキッチン家電やセラミック製の食器なども並んでいます。

11.JPG

トークイベントはブルーノのコーナーの前を少し開けて椅子を並べて行なわれました。MCはイデアインターナショナルの広報を務める高橋慧子さん。打ち合わせの時から、意気投合してしまって、いつも大変盛り上がっていたのですが、この日もそんな普段どおりの雰囲気で楽しくお話しさせていただきました。

最近の家電の傾向など、少し硬い話もしましたが、後半には実際にブルーノのキッチン家電を使った「うふふな暮らし」をご紹介しました。

たとえば、スチームクッカーを使って、玄米ごはんをおいしく食べる方法。

ブルーノのスチームクッカーはとてもコンパクトなので、キッチンの調理台に置いて使っても邪魔にならないし、テーブルで調理して、そのまま熱々を食べるのももちろんOK。



2.JPG

玄米そのものをスチームクッカーで炊こうということではなくて、炊飯器でまとめて炊いておいた玄米を小分けに冷凍しておいて、それをスチームクッカーで温め直して食べる方法なのですが、冷凍する際に、クッキングペーパーで包んでからラップにくるんで冷凍室に入れるのがポイント。

それで、食べる際には、まわりのラップだけをはずして、クッキングペーパーに包んだ玄米ごはんをスチームクッカーに入れるのです。

冷凍の玄米ごはんがふっくら戻るのは、だいたい20分程度。クッキングペーパーは蒸気を通すので、中の玄米ごはんに十分に蒸気が通って、炊きたてのときよりもさらにふっくらもちもちするのですよね。

男性は玄米特有のごそごそした感じが好きでない人が多いですよね。わが家の男性陣も皆そうなのですが、この方法で温め直したものは「おいしい!」と言って、食べてくれます。炊く⇒蒸すの2段階調理になるなんて、面倒だと思うかもしれませんが、玄米は炊くのに時間がかかるので、お休みの日などにまとめて炊いておいて、この方法で冷凍しておくと便利です。

1.JPG

で、20分間、温め直しをしている間に、もう1段のほうで、じゃがいもや人参、パプリカなどを入れて調理すれば同時に温野菜もできてしまいます。この日は、コストコで購入したフランクフルトソーセージがあったので、そのすき間にソーセージも入れてしまいました。

10.JPG

そのほか、スチームクッカーでは「牛肉と野菜、キノコの中華風蒸しもの+温野菜」なんていうのも、作れます。下段にスチームクッカーにちょうど入るくらいの器を入れて、その中に牛肉、長ネギ、しめじなどと、調味料を入れるだけ。上段にはセロリ、人参、大根をぶつ切りにしたものを入れて、一緒に20分弱蒸しました。

セロリって、生で食べるよりもこうして蒸したもののほうが格段においしくなります。塩でもマヨネーズでもいいし、味噌+豆板醤+マヨネーズなども合います。

夏場は調理に時間をかけたくないものですが、こうした調理方法なら、放っておけばいいので便利ですよ。

IMG_3539.JPG

それと、ブルーノの電気ケトルのことをもう少し。以前にもここで紹介しましたが、ガラスの本体で中にティーストレーナーが入れられるようになっているのが他のケトルとは違うところ。なので、トークイベントでは熱々のお湯で淹れたほうがおいしい「ほうじ茶」のことについてお話ししました。

そのほか、今、私が絶賛愛用中なのが、ハーブティー。先日、バースデープレゼントにいろいろな効能別のハーブティーをいただいたのですが、それを淹れるのに本当に便利なんです。

香りが移るのが気になるという方は、ハーブティー専用の一台としてお持ちいただくのもおすすめですよ。

------

トークイベントでは実際の調理まではできなかったので、ここであらためてご紹介しました。

そうそう、イベントが終わってから、聴いてくださったかたに「スチームクッカーで温めるのなら、玄米はクッキングペーパーで包んだ後、アルミホイルで包んで冷凍室に入れたほうが、早く冷凍できるし、いいのでは?」とのアドバイスをいただきました。

そうですよね。ラップを使うのは、電子レンジでの温めを想定してのこと。どうせ外してしまうのだし、アルミホイルのほうが冷気を早く伝えるので、より「急冷」になっていいですね。

5.JPG

店内には人気の高級扇風機も陳列されて、来店する人の注目を浴びていました。そのほかにもオーディオ関連製品や時計なども充実しています。また、商品のラインアップも随時見直されて、新製品が投入されるようですので、六本木方面にお出かけの際にはぜひチェックしてみてくださいね。

あ、最後にもう1つ。店内にバルミューダのジェットクリーン(空気清浄機)と並んで展示されていたのが、スイスのスタンドラフォーム社の除湿機「Albert」。まるで兄弟みたいなデザインでスタイリッシュ! コンプレッサー式でちょっと高いけれど、どんな使い勝手なのか試してみたいなと思っているところです。

IMG_3495.JPG






2013年07月16日

【神原サリーの家電歳時記】2013年夏編:除湿機と扇風機

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

山善さんのサイトで連鎖しているコラム「神原サリーの家電歳時記」が更新されました。第5回となる2013年夏編のテーマは『除湿機と扇風機』。今年は梅雨明けが例年よりもずっと早かったので、除湿機の話をするにはちょっと遅かったかもしれませんが、洗濯物の部屋干しをする人が増えている中、お天気の悪い日や秋の長雨の季節、冬の結露や洗濯物乾燥にと、通年活躍できるのが、除湿機です。

あまり知られていない除湿機の種類や、選び方、洗濯物乾燥時にはどのように使ったらよいのかをご紹介していますので、きっとお役に立つことと思います。そのほか、扇風機をサーキュレーターとして使うときのコツ、扇風機やタワーファン+アロマオイルという使い方なども提案しています。お時間のある時にでも、ぜひ。

【神原サリーの家電歳時記】
http://www.yamazen.co.jp/yamazenbook/classyamazen/sketches/05/


2013年07月01日

【花王マイカジスタイル】新サイトの執筆、担当しています

dv1959043-625x300.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

6月末に花王が提供する「マイカジスタイル | お気に入りのスタイルを見つけよう」という新サイトがオープンしました。これは、暮らしにあわせたそれぞれの『家事スタイル』を応援していこうというハッピーマガジン。

家事といえば生活家電も大いに関係してくるということで、サイトオープンにあたって執筆陣に加えていただきました。

現在、公開されているのはドラム式洗濯乾燥機関連の記事が2本。

ドラム式洗濯機デビュー、コンパクトサイズならどれを選ぶ? | マイカジスタイル

ドラム式洗濯乾燥機デビュー、どれを選ぶ? <大容量のファミリー向けモデル編>| マイカジスタイル


スマートフォンでも気軽に読めるように、短めのコラムで構成されているマイカジスタイルですが、私はどうしても文章が長めになってしまって(単なる製品紹介だけにはしたくなくて)。でも、お役に立てる内容であることは保証しますので、お時間のある時にでも、ぜひチェックしてみてくださいね。





2013年06月28日

【7月13日(土)トークイベント出演】東京ミッドタウン「イデアセブンスセンス デジタルコード」オープン!〜Sally's special setも販売♪

idea.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

7月12日に東京ミッドタウン(ガレリア3F)にオープンする「IDEA SEVENTH SENSE -DIGITAL CODE(イデアセブンセンス デジタルコード)」のオープニングイベントとして、翌13日(土)の午後2時から私、神原サリーのトークイベントが開催されます。

この「イデアセブンセンス デジタルコード」は、『毎日を愉しむ大人のデジタルブティック』をコンセプトとしたショップ。同社のライフスタイルブランド「BRUNO(ブルーノ)」の世界観を基調にした空間の中で、「キッチン」「デジタル」「サウンド」の3地のカテゴリを中心として、『毎日を愉しむ』アイテムがラインアップされています。

今回のトークイベントでは、日ごろ、使っている時も、そうでない時にもそれがあるだけで暮らしが楽しくなり、愛着を持って使える「うふふ家電」を提唱している私が、ブルーノをはじめとするキッチン家電や、ショップ内で取り扱っている家電その他のアイテムの魅力を、『毎日を愉しむ』ためのアイデア満載でおおくりします。

しかも! 私がセレクトした「Sally's Special set」の販売や、5000円以上買い物をしてくださった方へのノベルティもあります。

当日は14時〜15時の予定で、店内でイベントを開催しますが、出入りは自由ですので、お買い物を楽しみながら、私のトークにも耳を傾けてくだされば幸いです。皆さまととても近い距離でお話しできる珍しい機会ですので、ぜひぜひ、お立ち寄りくだいませ。お待ちしております。

【神原サリー・トークイベント】

■日時:2013年7月13日(土)14:00〜
■場所:東京ミッドタウン ガレリア3F 「イデアセブンセンス デジタルコード」店内
■参加費:無料です(入退場も自由)


idea_sally.png

2013年06月16日

【レタスクラブ6/25号】機能性バツグンの最新!調理家電

P6100264.JPG

レタスクラブ 2013年6月25日号

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

レタスクラブ6月25日号にて、「最新!調理家電」のページ(4ページ)を監修しました。オーブンレンジやミキサー・ジューサー、炊飯器やホームベーカリー、その他の調理家電を一堂に集めての楽しいページになっています。

この企画の取材は4月下旬に行なわれたのですが。担当編集者さん・ライターさんを前に、2時間半もそれぞれのキッチン家電の魅力を話し続けてしまいました。その時のコメントを随所に散りばめての4ページなので、単なるカタログではなく、私の本音に満ち満ちたものになっています。

購入予定がある方も、そうでない方も、最新の調理家電のことがズバリわかる特集ですので、ぜひ参考にしていただければ幸いです!



P6100265.JPG


2013年06月12日

【InRed7月号】梅雨をのりきる快適家電

inred.jpg

In Red (インレッド) 2013年 07月号

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

掲載誌のお知らせばかりで恐縮ですが、宝島社発行「InRed」7月号のP148〜151の3ページ企画で「梅雨をのりきる快適家電」というテーマで、エアコン、除湿乾燥機、ドラム式洗濯乾燥機の3つの家電のほか、脱臭機や乾燥機、スチームモップも紹介しています。

私が先生役になって、相談者のお悩み解決の家電を指南するという構成で、とてもわかりやすいのではと思います。ライターの佐藤梓さんの尽力に感謝します。


InRed_kaden2.jpg

InRed_kaden1.jpg

こんなふうに相談風景も撮影。静止画とはいえ、真っ白なスクリーンの前で「役」に成りきるのはけっこう大変(というか、おもしろかったのですが)。何カットも撮影していただきました。

InRed_kaden3.jpg

ライターの佐藤さんご自身も除湿乾燥機部門で登場しています。

InRed_kaden.jpg

今回のテーマは「梅雨」だったので、湿気・ニオイ・カビなどの対策がメイン。

エアコンも除湿機能に焦点を当ててご紹介しています。特におすすめは「ランドリーモード」。

このページでも「サリー's イチオシ!」として取り上げている富士通ゼネラルのノクリアZシリーズ(&Sシリーズ)のリモコンは、せっかくの便利な除湿機能の1つ、ランドリーモードをもっと活用してほしいということで、「ランドリーボタン」が独立しているのです。

nocriaZ.jpg

ほらね、これなら使ってみようと思うのでしょう?

ちなみに、プレミアムモデルのノクリアXシリーズのリモコンも、表面のカバーをめくってみると、ちゃんとランドリーボタンがあります。

nocriaX.jpg

除湿ボタンを何度か押さないと出てこないことが多い「ランドリーモード」ですが、もしも今、お使いのエアコンにこのモードがあるのなら、外出中にこれを使って部屋干しの洗濯物を乾かすと、しわもなくカラッと乾いて快適です。機種にもよりますが4kgの洗濯物を焼く2時間で乾かしてくれるので便利ですよね。

InRed_bag.jpgInRed_bag2.jpg

さて、7月号の「InRed」の特別付録は昨年、伝説の附録ともいわれた『ラシット』のモノグラム柄トート。外側にも2つポケットがあるだけでなく、内側にも携帯電話などを入れられるポケットが2つ。上部にはファスナーがついているし、ビッグサイズでかなりの優れもの。本誌も充実しているのに、これで720円てどうして?と思ってしまいます。

案の定、大人気の様子で、アマゾンでも品薄(出品者からのみ)となっているようですね。書店で見つけたら、ぜひ!(私のページも読んでくださいね)。



2013年06月06日

【TOKYO FM】今日の14時〜「アポロンの秘密」に出演します

apollon.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

昨日の北海道放送に続いて、今日はTOKYO FM「アポロンに生出演いたします。私がお話しするコーナーは「アポロンの秘密」。ボーナス時期に合わせて、この時期に買い替えをおすすめしたい家電や、家電量販店との賢い付き合い方など。

登場は14時くらいになるかと思いますので、もしもお聴きになれるようでしたら、ぜひ!


番組表 - TOKYO FM 80.0MHz - 80.Love FM RADIO STATION

アポロンの秘密 | APOLLON アポロン - TOKYO FM 80.0MHz - EVERY Mon.-Thu. 13:00-14:55 - 齊藤美絵



2013年06月05日

【北海道放送6/5出演】グッチ―の今日ドッキッ「旬刊女性」で家電を紹介♪

IMG_3186.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

北海道の方にしか見ていただけなくて残念なのですが、今日の午後2時55分〜放送のHBC(北海道放送)の『グッチ―の今日ドキッ』という番組の「旬刊女性」というコーナーに出演します。ロケはヨドバシカメラ札幌店にて5月末に行ないました。

グッチーの今日ドキッ!:HBC北海道放送

写真は、コーナーキャスターの渡辺陽子さん。ヨドバシカメラの売り場ほの中央に位置する調理家電の実演コーナーにて、私がおすすめするデロンギのミニコンベクションオーブンやティファールのマイブレッド、シャープのヘルシオジュースプレッソなどの実演を行い、キャスターの陽子さんに試食していただきました。

IMG_3189.JPG

北海道には札幌にしかヨドバシカメラがないとか。そのせいでしょうか、売り場づくりにとても力が入っていて、店員さんの知識もものすごい。私もロケの合間にずいぶん豆知識や裏技を教えていただいて、勉強になりました。

お世話になった『家電コンシェルジェチーム・プロダクトスペシャリスト』の岡田多弘さん、本当にありがとうございました!

IMG_3177.JPG

こちらは、打ち合わせの際にお邪魔した北海道放送の社屋の入り口。ディレクターさんをはじめ、スタッフの方々のチームワークがよく、アットホームな感じで自然体でロケにのぞむことができました。

今日、放送される番組で、先にお話ししたキッチン家電の実演のほか、掃除機のコーナーで、三菱電機の風神<80周年モデル>や、エレクトロラックスのエルゴラピードプラス、さらには美容家電コーナーにてビジョーナ(KOIZUMI)のエステドライヤーや、パナソニックのドルツをご紹介しています。

電動歯ブラシのドルツというと、ポケットタイプのものを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、私がご紹介したのは家で使うタイプのもの。歯磨きだけではなくて、今注目の“オーラルエステ”ができるところが魅力なのです。美容家電というと肌の外側に触れて行なうと思いがちですが、何と音波振動の力を利用して、口の中から顔の筋肉などを刺激してリフトアップやほうれい線ケアを行なえるのですから、ちょっと興味深いでしょう?

こちらについては、また後日あらためてここでもご紹介いたしますね。

--------

IMG_3181.JPG

そうそう、ヨドバシカメラ札幌店で感激したのが冷蔵庫売り場の陳列。通路の両脇に冷蔵庫を並べる手法はよくありますが、歩く方向に向けて、斜めにずらして配置しているため、みんなの『顔』が見えるんですよね。

まるで冷蔵庫たちが「ようこそ!」と言って挨拶してくれているみたい。ちょっとしたことですが、探しているものを見つけやすいし、心浮き立ちます。

IMG_3184.JPG

で、またまたびっくりしたのが、日立の冷蔵庫に貼ってあった写真付きのPOP。

昨年モデルから、日立の冷蔵庫は庫内のレイアウトを左右に区切って便利に配置できるようになっているのですが。それを「日立の冷蔵庫は48とおりの収納スタイルをご提案」と題して、「これは!」というものを9タイプ写真で示しているのです。

IMG_3185.JPG

扉を開けてみると、こんなふうに段違いのレイアウトにしてあって、「これは便利!」と思わせてくれます。私がロケの最中に、すぐに気になるものに引っかかって「ちょっと写真撮ってきます!」みたいになるので、スタッフの方々もあきれ顔でしたが、このレイアウトを見た時には、「この冷蔵庫にすればよかった!」と思わずつぶやいたスタッフの方もいたほど。

省エネ節電や大容量、冷凍室や野菜室の機能などに目が行きがちですが、いつも使う冷蔵室のレイアウトの提案1つで、こんなにも魅力的に見せることができるのだと新たな発見をしたように思いました。

・・・というわけで、北海道地域の方々、もしもご覧になれるようでしたら、ぜひ今日の放送をチェックしてみてくださいね。