2011年10月27日

『米の達人』で古米が新米みたいなおいしさに変身!

IMG_1142.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

以前、展示会にお邪魔した際にお話をうかがった山善の精米機『米の達人』、研がずに軽く洗うだけで炊けるので節水になり、古くなって表面が酸化してしまったお米の表面を削るので、おいしくなる“白米みがき”のことをご紹介しました。

実際のおいしさがどれくらいなのか、ぜひ試してみたいとお願いして、サンプルをお借りしたのですが、その実力のほどは、いかに?

IMG_1179.JPG
私がぜひ使ってみたかった理由の一つは、田舎から送ってもらうお米は精米度合いが軽く糠っぽいので、力を入れて何回も何回も研がないと、おいしくないんですよね。なので、研ぐ時間もかかるし、水もかなりの量を使うような気がしていました。

『お米の達人』の白米みがきをすれば、きっと手間なし&節水でさぞやおいしいごはんが食べられるのではと思ったというわけ。

なので、白米みがきの中でも強めのモードでしっかりみがいてもらうことに。

いったいどんなふうに変わるのか興味津々で実験してみたら…

IMG_1168.JPG

3合強の白米みがきが、だいたい3分くらいで終了。残念ながら写真ではわかりづらいかと思いますが、右が白米みがきをする前のお米。左がみがいた後です。黄みがかっていたお米がずいぶん白くなりました。

みがいた後は、お米が幾分温かくなっているので、ちょっと休ませてから、研がずに洗う作業を2回。思ったより水が白くなるのは、表面を削っているからですね。

IMG_1171.JPG

実際に炊いて食べてみると、いつもの何となく糠っぽい感じもなく、艶やかで本当においしいごはんに炊き上がりました。

気合いを入れて、ギュッギュッと研がずにすんで、水の少量しか使わず、便利でエコ!

私の場合は極端な例だと思うので、普通のお米なら、白米みがきのいちばん軽いモードで十分のはず。

精米機+お気に入りの炊飯器=本当においしいごはん

…なのかなと、あらためて実感しました。

---

IMG_1143.JPG

こちらは玄米を買ってきて、精米したらどんなふうかを試してみたもの。いわゆる“つきたてのお米”が食べられるというわけ。

IMG_1140.JPG

玄米を精米する際には、最強モードにするとお米が割れてしまうことがあるので、少し軽めにして、精米具合を見ながら調整したほうがいいようです。

こちらは軽く研いでから炊きましたが、やっぱりおいしい!鮮度が違うという感じです。

IMG_1145.JPG

お米3合強で、こんなに糠が取れるのだと、ちょっとびっくりしてしまいました。タケノコの季節だったら、これを使って下ゆでするところなのですけどね。

IMG_1147.JPG

そうそう、持ち運びがしやすいように両側面がこんなふうに凹んでいて、取っ手になっています。

このお米の達人はスリムサイズで置場所を取らないのもいいところ。キッチンラックの炊飯器の横に収まりそうです。

近々、分づき米にも挑戦しますので、お楽しみに。



タグ:山善 精米機
posted by sally at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

2011年09月25日

スチームクッカーで「豚肉と野菜の香草蒸し」を作る

T-fal_steam.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと神原サリーです。

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったものですね。その言葉どおり、一気に秋の気配になり、特に朝晩は冷え込むようになりました。お彼岸ということもあるのですが、昨日は母の命日(もう17年になります)だったのでお墓参りに出かけました。いつもなら電車で行くところですが、今回は車で。お寺さんの場所が五反田なので、お墓参りの後で久しぶりに麻布十番に立ち寄って、ランチを食べたり、豆源その他での買い物を楽しんだり・・・休日らしいひとときが過ごせた1日でした。

さて、ようやく本題です。麻布十番のピーコックにも立ち寄ったのですが、土地柄のせいかスパイスその他、調味料が充実しているんですよね。単体のスパイスの小瓶は、わが家のキッチンにもたくさんありますが、スパイスメーカーさんがブレンドしたシーズにングミックスをたまに使ってみることで、思わぬ発見をすることもあります。

今回、見つけたのはS&Bの「豚肉と野菜の香草蒸し」用のシーズニングミックス。

S&B.JPG

ブラックペッパー、ガーリック、パセリ、タラゴン、タイム、バジル、赤唐辛子がブレンドされているもので、このミックスにオリーブオイルを混ぜ合わせ、豚肉にもみ込んで野菜の上にのせて、蒸せばOK。電子レンジ調理も可能と書いてありましたが、蒸し料理といえばスチームクッカーですもんね。余計な脂は下に落ちるし、早いし、調理状況が見えるので、使いやすい。

野菜は水菜、アスパラ、エノキ茸が冷蔵庫にあったのでそれを使いました(キャベツも合うみたいです)。

T-fal_steam_2.jpg

蒸し時間はだいたい8〜9分。豚肉をもっときちんと広げてのせていれば、もっと早かったかも。熱を通すことでハーブの香りが際立つので、日頃、ハーブの香りに慣れていない人はダメかもしれないなと思いました。こういう味は食べ慣れることで、どんどん好きになるものだと思うので、量を加減しながらいろいろ試してみるのがいいのでしょうね。

わが家では、常備している「ニンニク醤油」(醤油のなかにニンニクを漬けておくだけ)を少しかけて食べてみたところ、とてもバランスのよい味になって、家族みんな「おいしい!」と高評価になりました。

ハーブに慣れていないご家庭なら、豚肉にブラックペッパー、ガーリック、パセリ、赤唐辛子、塩、オリーブオイルを混ぜ合わせたものをもみ込んで、それを野菜の上に広げて蒸すだけでもおいしいと思います。


garlic_soy_sauce.jpg

これがニンニク醤油。

醤油やニンニクを継ぎ足して10年以上の年季の入ったものがあったのだけれど、先日、フタが外れてしまい全部こぼれてしまうという大惨事に! で、新規に作り直したので、まだまろやかさはないけれど、いろいろなものに使えて便利な調味料です。




posted by sally at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

2011年08月04日

ティファールの新しいホームベーカリーはオーブン機能付きでミニサイズ!

Tfal_bakery_1.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。

ティファールのホームベーカリーといえば、フレンチバゲット&2斤の大型食パンがスピーディに焼けることで注目されていましたが、9月上旬に新しく発売される新ホームベーカリー「ブーランジェリー」は、ちょっとミニサイズ。ティファールのは魅力だけれど、置き場所に困るなあという人にも購入しやすいサイズになっています。赤い色がアクセントになって可愛らしいデザイン。

ふたを閉めた時の様子を撮影してくるのを忘れましたが、こんな感じです(もらった資料の画像をコピーしました)。

Tfal_bakery.jpg

今回のモデルにも「バゲットトレイ」が付属していて、パンケースでこね上がった生地を取り出して、バゲット型に成型し、「バゲットトレイ」に載せて焼き上げるのはこれまでどおり。ただし、本体の大きさが小さくなった分、「バゲットトレイ」も小型になっているため、小型のフレンチバゲットになります。

Tfal_bakery_3.jpg

これが、「ブーランジェリー」に成型生地をセットしたところ。

では、以前のバゲットトレイと比較してみましょう。

Tfal_bakery_4.jpg

右側のがこれまでのホームベーカリーのもの。焼き上がったバゲットは少し大きめでした。今回の「ブーランジェリー」のものは、女性や子ども食べやすいサイズ。男性なら2〜3個はぺろりと食べてしまいそうですね。

Tfal_bakery_2.jpg

そのほか、新しく「フラットトレイ」が加わって、たとえばマカロンや、ミニあんぱん、ミニメロンパンなどのスイーツや菓子パンもこのトレイに載せて焼き上げることができるようになっています。

ホームベーカリーでは四角い食パン型のものしかできない・・・と思っていた人、ブーランジェリーには、15種類の専用メニュー(食パン、フレンチスタイル、アレンジ食パン、スイート、早焼き、グルテンフリー、バゲット、ペストリーなど)ボタンが用意されていて、それぞれのレシピにあったねり、発酵、焼き加減、焼き時間がプログラムされているので、オーブンなしでも幅広いパンや焼き菓子が作れます。

食パンや0.6斤のミニサイズ、1斤、1.5斤の3サイズの焼き上げが可能。2斤用が欲しい方は、これまでのモデルも並行して販売していくそうなので、そちらを選んでくださいね。

Tfal_bakery_5.jpg

前のモデルにも素敵なレシピブックが付属していましたが、今回も65種類のオリジナルレシピが載ったブックが付いてくるとのこと。パン作りのためのオリジナルキットも一緒になっているのも初めてのパン作りの人にとってはうれしい配慮ですね。

Tfal_bakery_6.jpg
(新製品のリリースより)

posted by sally at 18:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

2011年08月03日

ビタントニオのプレミアムセット2012はクオカとコラボのマドレーヌプレート!

baker_3.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。

ビタントニオから毎年クリスマスシーズンに向けてのプレミアムセットとして発売されるワッフル&ホットサンドベーカーのプレミアムセット。本体のカラーが毎年変わることや、新たなプレートが追加されることで楽しみにしているファンが多いんですよね。

2011年はパンケーキプレートでしたが、2012年は何? もうご存じの方もいらっしゃることと思いますが、次はマドレーヌプレートがセットになります。そして、本体のカラーは「カフェオレ」。やわらかで優しい色合いはどんなキッチンにもなじみそうですね。

baker_1.jpg

こんなふうに小ぶりのマドレーヌが8個焼けるプレートで、製菓メーカーとのコラボレーションによって生まれたこのプレート。同時にマドレーヌ用のミックス粉も発売されるもようです。


baker_6.jpg


これまでは、ホットケーキミックスを使っておいしく作る方法などがレシピ集に載っていましたが、今回はさらに気合が入っている様子。

baker_4.jpg

マドレーヌといっても、アレンジ次第でさまざまなバリエーションが楽しめそうですね。


baker_7.jpg

そうそう、担当者に教えてもらったのですが、マドレーヌは貝殻模様の筋の部分に目が行ってしまうけれど、おいしく作る秘秘密はプレートの上の部分にあるのだそうです。丸くくり抜かれたように見えるこのくぼみこそが、ふっくらしっとりと焼ける重要なポイントなんですって。

このマドレーヌプレート付きのプレミアムセット、発売は11月で12600円。すでに本体を持っている方は2625円でマドレーヌプレートだけを購入することもできます。


posted by sally at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

2011年08月02日

モッフルメーカーで水玉模様のトーストを焼く♪

moffle_1.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。

少し時間に余裕ができたので、6月初旬に取材をしてきたインテリアライフスタイル展の画像や資料をまとめているところです。毎年楽しみにしている展示の中にビタントニオやモッフルメーカーで知られる三栄コーポレーションのブースがあります。今年の展示では、お餅を使ってさまざまなスナックを作るモッフルメーカーの新しい使い方提案として、「トーストを焼いてみよう」というのがありました。

もともとはワッフルメーカーを使ってお餅を焼いてみたら、新しい食感のスナックが出来た・・・ということで、お餅に適した温度帯や凹凸にして作られたのがモッフルメーカーですが、これをさらに応用するというか、初心に帰ってパンを焼いてみようというわけですね。

で、ユニークなのは、上の写真のように水玉模様のトーストができて、とても可愛らしいんです。なので、私もぜひわがやのモッフルメーカーでやってみようと思いつつ、なかなか試してみる機会がなかったのですが、やってみたら、本当に可愛い!

moffle_3.jpg

はい。これがわが家のモッフルメーカーです。1個用なのでちょっと小さめの本体で使いやすいです。電源をオンにして、「OK」ランプが緑に光ったら予熱完了です。

moffle_4.jpg

これは8枚切りの食パンを1枚使って焼いたもの。少しプレスされてしまうので、独特の食感になりそれがかえって食べやすいかも。バターとメープルシロップを添えれば、おやつにもぴったりですね。

moffle_5.jpg

こちらは、8枚切りの食パン2枚を使い、ハムとチーズを挟んで、いわゆるホットサンドの要領で焼いてみました。水玉模様が何ともユニークです。

もちろん、おもちを使ったモッフルもサクッ、モチッとした食感とさっぱりとした味わいで日本人好みでおすすめですし、こうした食パンでのアレンジも楽しいです。お正月を過ぎるとなかなかお餅が登場する機会がなくて・・・とモッフルメーカーをしまいっぱなしにしている方、ぜひこんなふうに水玉模様のトーストやホットサンドを作ってみてくださいね。



インテリアライフスタイル展でチェックしてきた、「ワッフル&ホットサンドベーカーのプレミアムセット2011」の情報は次の記事で紹介しますね!


タグ:モッフル
posted by sally at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

2011年07月25日

夏こそ便利!スチームクッカーで蒸し物&おもてなし料理

IMG_8962.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。

台風の影響で一気に涼しくなったと思ったら、また暑さがぶり返してきましたね。わが家は独立型のキッチンなので窓もなくリビングと行き来できる入口があるだけで料理中の熱気はかなりのものです。でも、ここで扇風機を回してしまうと、ガスコンロの上の換気扇にうまく空気が吸い込まれず、かえって換気が悪くなってしまうこともあるのでガマンガマン。

でもね、そんなときに便利なのが食卓で使えるスチームクッカー。昨晩は、家人がお土産にと冷凍のシュウマイを持ち帰ったものを蒸してメニューの一品に加えたのですが、その際にも、コンロの上で蒸し器を使うことなく、家族の目の前で蒸すことができてとても便利でした。

しかも蒸し器(&ガスコンロ)の場合、蒸気が上がるまでにけっこう時間がかかるものですが、スチームクッカーの場合は40秒で蒸気が上がるんですよね。「おっ、もう蒸気が上がった!」と家人もそのはやさにあらためて驚いていました。

IMG_8966.JPG

で、途中で水が少なくなっているようだったら、脇にある注ぎ口から水を足すこともできます。

IMG_8965.JPG

ここを引き出して…

IMG_8964.JPG

水を入れればOK。本体を持ちあげなくてすむので便利です。

IMG_8967.JPG

エビがたっぷり入った大きめのシュウマイもご覧の通り、ふっくらとおいしく出来上がりました。こうした蒸し物の場合、いちいち取り出してお皿に並べなくてもいいし、ふたを閉めれば冷めにくい…というのもいいですよね。

---------

ついでに、もう1つこんなオシャレなメニューも出来てしまうので、ご紹介しましょう。

IMG_8634.JPG

7月上旬にティファールさんの新製品の発表会の内覧会があったのですが、その際にふるまわれたのが、「サーモン ラタトゥイユ」。

IMG_8633.JPG

サーモンの上に、夏野菜たっぷりのラタトゥイユソースがかかっていて、とても美味。しかも見た目だっておしゃれです。

これをスチームクッカーでどんなふうに調理するのだろうと思うでしょう? それが、まさにオーブンレンジなどで盛んに提案されている「2段調理」のスチームクッカー版!

IMG_8631.JPG

1段目でサーモンを蒸しつつ、2段目に耐熱容器を入れて、1つではトマトやナス、玉ねぎ、ズッキーニなどの夏野菜でラタトゥイユを煮込み、その脇に小さめの容器を置いて、オリーブオイル&みじん切りのニンニクを。

仕上げの際には、野菜の煮込みの中にニンニクの香りが溶け込んだオリーブオイルを混ぜ合わせてラタトゥイユソースを作り、ふっくら蒸されたサーモンの上にかければ出来上がりというわけです。

1つの容器にサーモン、野菜、オリーブオイルなどを全部まとめて入れずに、別々の容器に入れて(でも、同時加熱し)、仕上げの段階で合わせるからこその、食感のよさ、彩の美しさ、味の確かさなのでしょうね。

これをフライパンでサーモンを蒸し焼きにし、鍋でラタトゥイユソースを作る…という方法でやったとしたら、時間も手間もかかりますものね。これからは、こうしたレシピ提案が大事になってくるのだろうなと思った私でした。

オーブンレンジを否定するわけではないけれど、お手持ちのスチームクッカーを利用することで、何だかまた新たな料理の世界が広がるようでわくわくしませんか? 私も、いろいろとレシピを考案してみたいなと思います。

posted by sally at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

2011年06月13日

象印展示会2011〜パンくらぶで作る「ごはん入り食パン」とコーヒーメーカーのこと。

zojirushi_1.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。

先週、品川で開催された象印マホービンの展示会に行ってきました。大阪に本社のあるメーカーさんなので、なかなか担当者の方とお目にかかってお話をうかがえる機会がなく、興味津津で出かけてきました。会場では、リリース前の製品も並んでいるため、「ここからならOKです!」と広報の方にOKが出た1カットのみの撮影となりました(なので、新製品についてのことはまだまだ内緒です)。

すでに発売されている製品で、「これは素敵!」と思ったのが、3段階の濃度調節ができる、コーヒーメーカー「珈琲通」EC-KS50。

EC-KS50RATB.jpg

見ておわかりのように、ステンレス製のサーバーでまほうびんタイプになっているため、煮詰まる心配がなく保温ができ、抽出後は自動で電源がオフになる仕組みで、まさに節電家電。

同じ豆を使っても、お湯の注ぎ方によってストロング、レギュラー、マイルドと3段階の濃度調節ができる機能もついています。会場で、実際に「マイルド」と「ストロング」を試飲してみましたが、同じ豆でもこんなに違う?というほど、味の違いが出てびっくり。豆の種類や挽き方によって、自分の好みの味を探すのも楽しいのではと思いました。

今は、浄水器を使っているご家庭が多いと思いますが、カルキ抜きの浄水カートリッジもついていて、コーヒーの味と香りにこだわる方にも満足のいく1台かなと。

私がこんなふうに力説してしまうのも、大のコーヒー好きなことと、ミルクを入れて飲むことが多いエスプレッソタイプのものよりも、ドリップ式で淹れた普通のコーヒーのほうが好きだからなんですよね。一度の抽出量は1杯分〜5杯分まで。多めに淹れても魔法瓶仕様のステンレスサーバーで保温しておけば、いつでもおいしくのめて便利です。

zojirushi_5.jpg

そして、もう一つ。会場ではホームベーカリーの「パンくらぶ」のコーナーも人気を集めていました。残念ながら焼きあがりのタイミングと合わなくて、試食をすることができませんでしたが、昨年の三洋電機の「GOPAN」の登場後、売場で盛んに「ごはん食ぱん」を提案していたのが、この象印の「パンくらぶ」とパナソニックでした。

『パン+お米』というキーワードに注目が集まっている中、生産が間に合わずに受注をストップし、売場からも姿を消してしまった「GOPAN」。ならば、既存のホームベーカリーを使って、小麦粉+残りごはんでおいしいパンが焼けないものかと、レシピづくりに奔走したのだそうです。そうして、象印からは、ごはん入り食パンのレシピとして、「ごはん200グラム+小麦粉(強力粉)250グラム」のごはん入り食パン、「玄米ごはん150グラム+小麦粉(強力粉)250グラム」の玄米ごはん入り食パン、「赤飯150グラム+小麦粉(強力粉)250グラム」の赤飯入り食パンの3種類のレシピを売場でも提案。ホームベーカリーを買いに来た人たちの心に響いて売上アップに役立ったとのお話でした。

ほぼ同時にパナソニックからも「ごはん入り食パン」レシピの提案がされていましたが、流通への訴求は象印のほうが一足早かったそうですよ。

ちなみに、この「ごはん入り食パン」ですが、ほんの少しごはんの粒々感が残るものの、もっちりとした食感でおいしいとのこと。残りごはんを使う…という発想もいいですよね。

zojirushi_6.jpg

三洋電機さんからすれば、「GOPANは、お米そのものからパンができるのだから、それとは違う!」と叫びたかったかもしれませんが、結果として、ホームベーカリー市場が大いに盛り上がったので、よかったのではないでしょうか。

------

ここからは、余談ですが、展示会の記念品としてこの夏、うれしい扇子をいただきました。

zojirushi_2.jpg

シックな紺色で、扇子の右端に白抜きの文字で「ZOJIRUSHI」の文字があるのみの、シンプル仕様。ほどよくしなる材質なので、とても使いやすく…

zojirushi_4.jpg

よく見ると、こんなぞうさんのチャームがついているところも、心憎いのでした。

実は、この写真を撮ったすぐ後で、家人が手にとって「これはいいなあ!」と一言。結局、とられてしまったのでした(象印さん、もう1本、お願いします)。
posted by sally at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

GOPANにも使える“グルテン”がついに製菓コーナーに!

kyoritsu.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。

お米からパンが作れると人気のライスブレッドクッカー「GOPAN」。発売後も三洋電機の担当者が購入者との交流を図るファンミーティングを開いたり、日本各地の米の生産農家とのコラボをしたりと、売りっぱなしでない“一歩踏み込んだ”取り組みの数々に、ますます注目を浴びています。

そんなGOPANの新製品発表会当初から、私が気にしていたのが、お米パンを作るのに必要な「グルテン」の存在です。もちろん、小麦ゼロコース(この場合は上新粉を使う)もありますし、強力粉を使う方法もありますが、GOPANで作るお米パンの標準レシピには、パンとして膨らませるための材料として、小麦由来の「グルテン」が必要不可欠なのです。

三洋電機さんでは、同社のHPで専用のグルテンを通信販売したりと、GOPANを気軽に使ってらえるような取り組みをしていましたが、一番いいのは、大手食品スーパーなどの製菓コーナーでいつでも買えること。いつかそれが実現した時が、「GOPANがメジャーになったとき」なのではないか…と私は事あるごとに発信してきました。

その「グルテン」が、この6月6日からついに製菓コーナーにて発売されたとの連絡を受けました。発売元は、製菓メーカーとして大手の共立食品さん。200グラムで346円とのことです。

共立食品さんのHPを見ると「米粉パンをふんわり仕上げる粉末状の小麦グルテンです。『GOPAN』にも使えます」と紹介されています。GOPANで作るお米パンの場合、1斤あたり50グラムのグルテンが必要なので、4回分になりますね。

新製品発表から約1年。グルテンが手軽に買えるようになってよかったなあと、しみじみ思う私です(これで、本当の意味で、『おうちのお米でいつでも手軽にお米パンが焼ける』というキャッチフレーズが実現しましたものね)。


posted by sally at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

2011年04月21日

GOPAN、いよいよ来週4/27から注文受け付け再開!

gopan_white.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。

昨年の12月以降、注文受け付けがストップしていた三洋電機のライスブレッドクッカー「GOPAN」。いよいよ来週4月27日から注文受け付けが再開されるとの発表がされましたね。ただし、カラーは上の写真のプレミアムホワイトのみ。「赤いGOPANがよかったのに〜」という方、ちょっと残念ですが、これは生産効率を高めるための苦肉の策だそうですので、ここは一つ、ホワイトでご了承願います。

gopan_2.jpg

実は、「GOPANの再開のお知らせです!」と先日、三洋電機の広報担当の方々が銀座の事務所までお越しくださり、お土産にGOPANで焼いた「お米パン」を持ってきてくださいました。発表会のころに何回か試食をしたことはありましたし、テレビ番組でもタレントさんたちと一緒に食べたことはあったのですが、1斤丸ごとは初めて! (ちなみに後方にかすかに写っているのは、ティファールの電気ケトル『アプレシア』の新製品。赤が素敵でしょ?)

gopan_3.jpg

ほらね、底に羽の後が残って、なんだかおへそみたいです。

gopan_4.jpg

ふわふわもちもちのお米パン、薄く切るのは難しくて、かなりの厚切りになりました…(お恥ずかしい)。

このもちもち感、しっとり感は、やっぱりお米パンならではでしょうね。無駄な香りがしないというか、かすかに香ばしさがある、シンプルさ。今回初めて食べるお米パンに、夫も息子も「これがGOPANか〜。なるほどしっとりしているし、和食にも合いそうだな」と感激しきり。みるみるうちに1切れ食べてしまって、結局和食に合うとかそんなことではなくて、そのままの味が(バターなどもつけずに)おいしかったようです。

gopan_5.jpg

で、私はというと、この日は鶏の唐揚げだったので、野菜と一緒にお米パンにのせて、マヨネーズを少しかけて端からもぐもぐ。本当にバターやマーガリンは必要ありません。だって、ごはんにバターをのせないでしょう?(って、のせてもおいしいけれど、それはまた別の話)

というわけで、大感激でGOPANのお米パンを食べたのでありました。


posted by sally at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

2011年04月04日

炊飯器みたいな形のコンパクトなホームベーカリーと、省エネのスロークッカーのこと。

bakery_1.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。

アルファックス・コイズミのオリジナル商品「AL COLLE」シリーズのこと、第2弾はホームベーカリーとスロークッカーについてご紹介しますね。そもそも、ある雑貨店で上の写真のようなとてもコンパクトなホームベーカリーを見かけて「これ、どこのだろう?」と思ったのが、今回アルファックス・コイズミさんに取材をするきっかけでした。

まるで5.5合炊きの炊飯器のような形で、ボタンもたった2つ。これなら、「ホームベーカリーが欲しいけれど、置き場所がなくて…」という人にもよさそうです。

bakery_3.jpg

スタート(取り消し)ボタンのほかは、メニューボタンのみ。

・食パンコース
・早焼きコース
・全粒粉パンコース
・生地コース
・焼きコース

…の5つのコースが用意されています。生地をこねるだけのコースも用意されているので、ピザの生地をこねたり、オーブンとの併用でアレンジパンを作ったりという応用も可能。基本の食パンコースでは焼き上がるまで4時間、全粒粉パンコースは4時間30分、急ぎたいときのための早焼きコースで2時間50分となっています。

このホームベーカリーには予約タイマーがついていませんが、「ボタンの数を極力減らしたかった」というこだわりによるもの。アルファックス・コイズミのアルコレシリーズは、年配の人にも使える“入門機”という位置づけで企画・開発されているため、なるべくシンプルな機能にしているのだとのこと。

bakery_4.jpg

作業工程が見えるように、ふたには窓が付いています。ホームベーカリーを使ってみるとわかるのですが、この「中が見える」ことがけっこう重要なポイントなんですよね。生地がこねられている様子、発酵して生地が膨らんでいる様子、香ばしいにおいとともに焼けていく様子…ついつい覗いてみてしまいます。

bakery_5.jpg

このホームベーカリーは1斤用ですが、パンの大きさ(焼き型の大きさ)と比較しても、いかにコンパクトかわかるでしょう?

bakery_2.jpg

こねたりしている時のモーター音は静かとはいえませんが、「タイマー予約して朝食べる=つまり真夜中にちょうどこねている」ということはないので、心配することはないのかも。この小ささなら娘のマンションにも置けるはず…と、おばあちゃんが娘や孫のためにプレゼントするというギフト需要も多いのだそう。四角い箱型のホームベーカリーが多い中で、こうしたコロンとした形は何だか懐かしいような、それでいて新鮮なような気がします。

slowcooker_3.jpg

そしてもう一つ、こちらが「スロークッカー」。材料を入れてタイマーをセットするだけで、そばについていなくてもおいしいシチューやスープ、煮物ができる優れモノ。強:210W、弱:110W、保温:90Wと消費電力が少ないので、「節電」対策向けの調理家電ともいえそうです。

slowcooker_2.jpg

昨年秋に発売されたニューバージョンから、内鍋が直火対応になったので、下ごしらえの際にガスで調理することも可能に。こうした下ごしらえをすることでスロークッカーでの煮込み時間が1時間程度短縮されるメニューもあるのだとか。

どんな人に愛用されているのかを調べてみたら、思いのほか多いのが、家なんですって。朝食後に材料を入れてタイマーをセットしておけば、畑仕事をしている間に自動で料理をしてくれて、帰ってきたらほかほかの煮込み料理が出来ているというわけ。コンビニエンスストアのおでんのように沸騰しない程度の80〜90度の温度帯でじっくり煮込むため、焦げ付くこともなく、味が芯まで染み込んで美味しく料理が出来るのだそう。
slowcooker_4.jpg

美しい料理写真とわかりやすい説明のレシピが40種類掲載されているレシピブックも同梱されています。煮込み料理だけでなく、ケーキやプリンも出来ると聞いて楽しくなりました。圧力なべは「時短」の家電ですが、これは「時間」に調理をまかせる家電。ちなみに圧力なべは材料を短時間でやわらかくすることには長けているけれど、味の染み込みはスロークッカーのほうがいいとのこと。もちろん、じっくり煮込むので肉や魚もホロっとやわらかく煮えるそうですよ。

と、ここまで話を聞いたら、ぜひ使ってみたくなるというもの。サンプルをお借りしようとお願いしたのですが、今、内鍋を中国製のものから三重県四日市の「万古焼」に変更すべく準備中なのだとか。ゴールデンウィーク明けには、リニューアルバージョンの出荷体制が整うそうなので、そうしたら届けてくださるようにお願いしましたので、レビューは5月までお待ちくださいませ。



posted by sally at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

2011年04月01日

「AL COLLE」のミニライスクッカーのこと。

mini_rice_1.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。

今日は、埼玉県草加市にあるアルファックス・コイズミさんにうかがって、TV通販やカタログ通販、ネット通販などで人気の「AL COLLE」シリーズについてお話をうかがってきました。アルファックス・コイズミというのは、小泉成器の関連会社でヴィダルサスーンやフィリップスなどの海外ブランドのほかコイズミブランドなどの生活関連商品を通信販売やテレビショッピングなどで販売しています。

その中で「AL COLLE」(アルファックス コレクション)というのは、調理器具や季節商品を中心としたオリジナルブランド。海外製品で「これは!」というものを見つけ、それを日本人向けに改良して、「こんな商品を待っていた人がいるに違いない」というものに仕上げ、同社ならではのチャンネルで販売しているとのこと。今回、初めて見せていただいたものもあり、楽しい時間を過ごさせていただきました。

で、まず紹介したいのが、このランチジャーみたいな形に「ミニライスクッカー」。0.5合、1合、1.5合の少量のごはんが蒸らし時間も入れて20〜25分で炊きあがります。

mini_rice_2.jpg

専用のメジャーカップ、しゃもじ付き。コードはしまうときにも邪魔にならないように取り外せる仕様になっています。しゃもじも小さい内がまのごはんをすくいやすいようにと、コンパクトなものを作ってもらったとのこと。厚みも薄手で隅々まで残すことなくきちんとお茶碗によそえそうです。
mini_rice_4.jpg

あまりに小さいので、まるでおままごとのような感じもしますが、これ、一人暮らしの若者よりは、60〜70代の一人暮らしのお年寄りに売れているのだそうです。本体のカラーは写真のピンクのほかにホワイトもありますが、人気はピンクなんですって! ピンクの家電は若い女性用…なんて考えるのは間違いのようです。

mini_rice_3.jpg

内がまの目盛部分をアップで見てみると、こんなふう。ね、ものすごく少量のごはん専用ということがわかるでしょう? 消費電力わずか250Wなのに20分程度でごはんが炊けてしまうのは、小さい小さい炊飯器だからこそ。

一人暮らしの人のほか、最近は2台目炊飯器としても人気が出ているとのこと。遅く帰ってくる人用には、帰り時間に合わせてこれで1人分炊いて、“炊きたて”を食べてもらう…という使い方なのだとか。たとえば子供とお母さんが18時に夕飯を食べて、お父さんの帰宅が23時だとしたら、その差は5時間。その間保温しておくよりは、新たに炊いたほうがおいしいというのを聞いてなるほど!と思いました。IH炊飯ジャーや高級炊飯器のごはんにはかなわないかもしれないけれど、どんなごはんでも“炊きたて”に勝るものなし…ですものね。

まさに、最近の「個食」対応炊飯器といえるかもしれません。

ちなみに、似たようなミニ炊飯器で、ごはんを炊く際に上にレトルトカレーなどを置いておいて「ごはんを炊く間におかずも温められる」というものもあるようですが、あえてそうした機能をつけなかったのは、「おいしいごはん」にこだわったからだとのこと。内がまの上にそうした容器を備えると、ごはんににおいがついたりして、味が変わってしまうこともあるし、商品の単価も上がってしまうので、あえて付けなかったのだそう。

白いごはんを炊くだけでなく、炊き込みごはんを作ることもできるし、「蒸し器」として使って“蒸し野菜”を作ることも。テレビショッピングでは、こうしたレシピ提案を必ずしていると聞いて、なんだか楽しくなりました。

このほか、5.5合炊きの炊飯器くらいの小さな(&しかもオシャレなデザインの)ホームベーカリーや、アルファックス・コイズミならではのスロークッカーのことも聞いてきたのですが、長くなるので、それはまた次回に!






posted by sally at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

2011年03月07日

スチームクッカーに新色&公式レシピ本登場!

IMG_6773.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。

千葉方面の方、先週金曜日のbayfmのラジオを聴いていただけましたか? 私がお話した一人暮らしのための家電「三種の神器」とは、電気ケトル、空気清浄機、タテ型洗濯乾燥機…の3つでした! 詳しくは、DELINAVIのサイトに掲載されていますので、読んでみてくださいね!

【DELANAVI】http://blog.bayfm.jp/delinavi/2011/03/post_210.html

さて、今日の話題はティファールのスチームクッカーのこと。2月中旬にティファールさんの新製品の発表会&内覧会があったので、出席してきまして、スチームクッカーのほか、いろいろな新製品のお話をうかがってきました。上の。写真は「シンプリースマート」のニューカラー2つ。これまでのクリーム色とメタリックに加えて、新しくライムとホワイト×メタリックが加わりました。

シンプリースマートの特長は、バスケット内を常に80度前後に保つ、保温機能がついていること。いつでも出来立てが食べられる点が人気です。

IMG_6770.JPG

こちらは、ふたを開けずに給水でき、しまうときにはコンパクトに重ねられる「ウルトラコンパクト」の新色2つ。左がライム、右がブラウンです。

IMG_6778.JPG

ほらね、こんなふうに約半分の高さにすることができます。しまうのにも便利だけれど、ティファールさんによると「いつも出しておける“定位置”を確保すること」が毎日気軽に使う秘訣とのこと。マネージング・ディレクターのペア ラスムセンさんにお話をうかがったところ、海外では「しまう」という発想はなくて、いつも出しっぱなしが当たり前なのだとか。まあ、キッチンが広いということもあるのでしょうけれどね。

それと、中板をフッ素樹脂加工してお手入れを簡単にしたのも、日本人仕様なんですって。普通は蒸し器を使う際には、クッキングペーパーやキャベツの外葉などを敷いて、食材が蒸し板にくっつきにくくしますよね。でも、このスチームクッカーはフッ素樹脂加工なのでそうしたものを敷かなくてもくっつきにくいし、お手入れも簡単というわけ。海外家電も、今では日本人仕様のものを作って、販売しているものがどんどん増えてきているのですね。そして、それが海外に逆輸入されて「これって、便利ね」なんていうふうになったり。取材をしていると、ちょっとしたことでも、おもしろいお話が聞けたりして、楽しいです。

で、あらためてスチームクッカーの(というよりは、“蒸し料理”の)よさを振り返ってみると…

IMG_6775.JPG

野菜の甘みが増したり、ビタミンCの損失を防いだり、カロローダウンにつながったり。つまり、「おいしくてヘルシー」ということなのですね。

IMG_6893.JPG

わが家にも、クリーム色のウルトラコンパクトがありまして、頻繁に活用しています。この日は、根菜やソーセージを蒸して、「温野菜のサラダ」にしました。

IMG_6894.JPG

スイッチを入れてからわずか40秒で蒸気が上がるので、蒸し料理なのにスピーディー。わが家の場合、キッチンでは使わず(あまり広くないので)、ダイニングテーブルの上で使っています。

T-fal_steam.jpg

スチームクッカーで固めに蒸し上げたブロッコリー、カリフラワー、人参、じゃがいも、ソーセージに。ローメインレタスと茹で卵を加えて、サラダの出来上がり♪ 塩でシンプルに食べるのもよし、コクのあるシーザードレッシングをかけるのもよし。

…こんな具合にシンプルに蒸し上げる料理を作ることの多いわが家ですが、このたび、スチームクッカー初の公式レシピ本「大満足!スチームクッカー おいしい&ヘルシーレシピ90」が出たそうで、ティファールさんから本をいただきました。

ページをめくってみると、蒸しスープなど心魅かれるレシピがいっぱい載っていてわくわくします。ここのところ、あまり作っていない海老シュウマイも近いうちに作りたいなあと思いました。ガスコンロをふさがないので、ほかのおかずを作りつつ、テーブルでもう一品できるのもうれしいスチームクッカー。お料理好きのひとにも、そうでない人にもおすすめしたい1台です。


IMG_7172.JPG
大満足!スチームクッカー おいしい&ヘルシーレシピ90 (タツミムック)

posted by sally at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

2011年02月27日

簡単&美味な「ケーク・サレ」、作ってみました♪

IMG_7024.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。

この週末、前々から作ってみたいと思っていた「ケーク・サレ」づくりに初挑戦しました。「ケーク・サレ」って何?という方のために簡単にご紹介すると、甘くないパウンドケーキというか、塩味のケーキのことで、小麦粉・卵・チーズなどのほか、野菜やハム、魚類などが素材で、砂糖は一切使用しませんし、バターも基本的には使いません。

味の感じは、キッシュを軽くしたものをイメージしていただければいいかもしれません。朝食にもよいし、お昼を食べ損ねた!なんていうときの軽食にもぴったり。もちろん、ビールやワインなどお酒のおつまみとしても気が効いています。

IMG_7029.JPG

今回、レシピの参考にしたのは、東京・中目黒にあるケーク・サレの専門店「カフェ・ド・ヴェルサイユ」が監修したケーク・サレの本 (マイライフシリーズ 743 特集版)

紹介されているレシピはどれも魅力たっぷりなのだけれど、その中から、たまたま冷蔵庫に材料がそろっていた、「サーモンとじゃがいものケーク・サレ」をチョイス。基本の生地は「小麦粉100グラム、ベーキングパウダー3グラム、塩少々、ガーリックパウダー、卵2個、マヨネーズ25グラム、牛乳1/2カップ、パルミジャーノ・レジャーノ40グラム」というシンプルなもので、そこにスモークサーモン、ディル、下ゆでしたジャガイモ、グリーンペッパーを加え、チーズをトッピングして焼きあげます。

今回、材料の分量をはかるのに、先日購入したデジタルクッキングスケールが大活躍! ベーキングパウダー3グラム…だなんて言われても、これまでの秤だったら無理でしたが、0.5グラム単位で計れるスケールなら大丈夫。パンやケーキ作りなどにはこうしたスケールって大事だなあとあらためて実感したのでした。

IMG_7046.JPG

断面はこんなふう。ディルの香りがよく、ほくほくしたジャガイモの味わいも絶妙で、白ワインに合うことこの上なし! チーズの種類をさまざま取り揃えておくと、風味や食感が異なって、また格別な美味しさなのではと思います。

次回はオリーブやパプリカ、スモークハムのほか、グリュイエルチーズをトッピングしたものに挑戦して、赤ワインに合わせたいなあと。スポンジケーキのように泡立てに命をかけなくても大丈夫ですし、材料をレシピどおりに混ぜ合わせて焼きあげれば出来上がるので、本当に簡単。栄養満点でカロリーもキッシュなどよりは控えめ。ここ1〜2年、人気急上昇の「ケーク・サレ」、ぜひ作ってみてはと思います。
posted by sally at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

2011年02月23日

「ゆきり名人」で揚げ物を美味しくヘルシーに。

IMG_6688.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。

最近はスチームオーブンやヘルシオなどで“揚げない唐揚げ”や“フライ”が作れるようになりましたし、揚げ物は「買ってくるもの」と決めているという声もよく聞かれます。揚げ物をする際にも、出来るだけ少ない油で揚げる、“揚げ焼き”の方法が料理本などにも載っていますよね。

でも、私はいまだにたっぷりのサラダ油を使って、フライや唐揚げをしています。すでに成人した息子2人ですが、これまでの子育ての中で「美味しくてボリュームがあって喜ばれるもの」というと、やはり揚げ物が一番だったからかもしれません。それに揚げ物に使った油も、次は炒め物に…というように使い回せば、揚げ油の処理や保存というもたいして問題にはならないと思っているし。

でも、さすがに私もこの年齢になって、カロリーのことや健康のことが気になるように。そんな折、揚げ物の油を“振り飛ばして”くれるという調理家電、『ゆきり名人』のことを知り、これは!と思いました。

オーシーエムさんが作っている、この『ゆきり名人』は、そもそも、業務用として遠心力で揚げ物の余分な油を取り去る厨房機器として開発され、「ぜひ家庭用も」という声が高まって、誕生したもの。たとえば、海老フライ4本をこの『ゆきり名人』にかけて5秒程度回すと、ペットボトルのキャップ約2杯分(11グラム)もの油が容器にたまるのだとか。

自宅で揚げたてのものに使うのが一番オイルカットできるのだそうですが、惣菜店などで購入した冷めたものでも、電子レンジで温めてから使えばOK。

私自身はまだ試食してみていないのですが、単にヘルシーになるというだけでなく、サクサク感が増して、おいしさも格別なのだといいます。「天ぷらなどは、素材本来の味が引き立ちますよ」とのお話に、ちょっと感動してしまいました。

IMG_6687.JPG

遠心力で油を振り落とすため、モーター音や振動が気になるところ。でも、『ゆきり名人』の底には、ご覧のように吸盤がついていて、安定して設置できるようになっています。使用後はコードを巻きつけて収納可能。

--------

とても魅力的な『ゆきり名人』ですが、少し本体が大きいことと、「揚げ物のオイルカット」以外のものにも使えたらいいなあという点において、さらに改良されたらいいなあというのが正直な感想ではあります。たとえば、サラダの野菜の水切りとか、中の回転かご部分を付け変えて、フードプロセッサーとしても使えるとか。カラーももう少しおしゃれな感じにしてね。

さまざまなメディアに取り上げられて注目度大の『ゆきり名人』、今後の改良バージョンも含めて、行方が気になります。



posted by sally at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

2011年02月20日

料理にもお菓子作りにも…デジタルクッキングスケールをぜひ。

scale_old.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。

実は先週の3連休に、ノロウィルスによる感染症で倒れてしまい、ようやく体調が完全に戻ってきたかなという感じです。TBSの「クチコミ☆シュラン」の収録があったのが2月8日、その後も連日ハードなスケジュールが続いていてどうやら免疫力がかなり落ちていた様子。家族はみんな元気なのに、一人で苦しんでいました。とはいえ、ずっと寝ているわけにもいかず、先週はかなり仕事をしぼっていました。どうか皆さんも体調には十分に気をつけてくださいね。

そんな情けない先週でしたが、どうしても出席したいと思って楽しみにしていたのが、スパイスライフアドバイザーの大平美弥さんhttp://ameblo.jp/miyazotengoku/)によるスパイス講座。「スパイスは美の近道」というテーマで、1時間強のものでしたが、毎日に生活の中にすぐに取り入れたくなる“スパイスの使い方”が満載でとても充実していました。

中でも、「なるほど!」と思ったのがターメリック(うこん)の素晴らしさ。飲み会の前や、飲みすぎたときや「ウコンの力」(ハウス食品)を1本…なんていうことがイメージされるかもしれませんが、決してそれだけではないんですって。老化防止や代謝の促進、脂肪の燃焼アップ、コレステロールの予防、そして美肌まで、いろいろな力を秘めたスパイスのよう。

それで、朝のスープにターメリックを1グラム、ジンジャーミルクにターメリックを1グラムというように「1グラム」を目安にとるといいですよ、とのお話。でも、1グラムってどれくらい?って思いますよね。

そこで、前々から欲しかった「デジタルクッキングスケール」をついに購入することにしました。結婚して以来28年(!)、お菓子作りや料理に活躍してきたキッチンスケールは冒頭の写真のようなレトロなもの。しかも、いつのまにか目盛が「0」に戻らなくなってしまって、いつも280グラムから足し算をして計算していた次第。目盛だって5グラム単位です。

scale_new.JPG


本日、購入したデジタルタイプのものがこれ。よく見てみたら、28年愛用のものもタニタのもの。そして今回購入したのも同じくタニタさんのものでした。でも、何がすごいって、これ、「0.5グラム」単位という細かい単位で測れるんです! 最大量は1キログラム(1000グラム)まで。

scale_new2.JPG

でね、こんなふうにお皿などを置いてから「入」を押すと、この時点の重さが「0グラム」となって、風袋引きで測れます。「そんなの当たり前」と思うかもしれないけれど、これまで28年選手のはかりを使ってきた私としては「ひゃー。便利ー!」と感激しきり。単3電池2本使用で、「切」を押し忘れても、6分後には自動で電源が切れるオートパワーオフ機能もついています。

と、せっかくなので、まずはターメリック1グラムを計量してみました。

scale_new3.JPG

けっこう多いです。美と健康のためのターメリックの量は、小瓶から1振り、2振りくらいでは足りないみたい。

turmeric_soup_3.JPG

朝のカップスープにもこれくらい入れればOKということですね。ほんの少しスパイシーな味わいでのんでいるそばから、体の芯からぽかぽか温かくなって、新陳代謝がよくなってきているのが実感できました。私はきのこ入りのポタージュに入れましたが、かぼちゃのスープやコーンスープなら、もっとのみやすいかも。

----------

今回、スパイスがきっかけでデジタルクッキングスケールを購入しましたが、最近はホームベーカリーをはじめとするパン作りのほか、おうちごはんを充実させたいという世の中の流れの中で、スケールやブレンダー、電動の泡立て器などの需要がますます増えてくるように思います。

私自身、料理やお菓子作りが好きなので、今年は調理家電はもちろんのこと、こうした調理小物家電なども使い方やレシピを含めて、積極的に情報をお伝えしていきたいなと思っています。

posted by sally at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

2010年12月14日

象印の「みまもりほっとライン・i-POT」を知っていますか?

cv-da22.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。

先日、知人に「一人暮らしをしている母親にもしものことがあったら心配なので、暮らしの様子を見守ってくれる電気ポットを買いたいと思って。確か、象印かどこかで出していたと思うけれど、デパートで聞いてみても、そういうポットがあることも知らないというし、家電量販店の売り場を見てみても、並んでいないみたいだし…。もう、あの電気ポットはなくなったの?」と尋ねられました。

扱いを中止したという話は聞いていないけれど、そういえば最近、テレビCMでも見かけなく成ってしまったなあと思って、調べてみました。

知人が探している電気ポットの名は、象印の「みまもりほっとライン・i-POT」というもので、これはリース制になっているのですね。象印の専用電話へ直接申し込む(もしくはネットで申込用紙を申請する)ようになっているようです。

「みまもりほっとライン」の電気ポットのことをご存じない方のために、その仕組み簡単に説明すると…


1.リースされた電気ポットを“みまもりたい人”(=一人暮らしをしている高齢の親など)のところに設置。
2.ポットには無線通信機が内蔵されているので、普通にお湯を沸かすようにポットの電源を入れればOK。
3.電源オン、湯沸かし、保温などの使用状況を離れた家族に1日2回メールで通知。
4.もしも、急にお年寄りがお出かけする際には「お出かけ」ボタンを押すことで「不在」も分かる仕組みに。

03a_cv-da22.jpg


定期配信されるメールのほかにも、「メールリクエスト機能」や「パソコンからのチェック機能」などもついています。お茶を飲む…などの毎日の暮らしに必要とされる「電気ポット」の使用状況で、「元気にいつもどおり暮らしているらしい」という様子が遠方からも把握できるのがこのポットのポイントです。

昨今は、年配の人でも携帯電話やメール機能を使いこなしている人が増えてきているので、このポットが開発された当時とは状況が変わっているかもしれませんが、「電話をかける」「メールのやりとりをする」などのアクションを起こさなくとも、陰ながら見守ることができるこのポットは、まだまだ必要としている人が多いのではないでしょうか。

mimamori_1.jpg

これが、メールでの通知の一例です。

気になるリース料金ですが、契約料=5250円、利用料=毎月3150円で、6か月以内に解約すると解約手数料がかかるようです。リースとはいっても、ポットは新品を貸与。来年3月31日までは1か月おためしキャンペーンも実施しているようなので、「そんなポットがあるのなら、試してみよう」と思われた方はぜひ。

◆象印「みまもりほっとライン」 http://www.mimamori.net/index.html

 電話(フリーダイヤル) 0120-950-555
 携帯・PHSの方は 0120-145-770
 ※フリーダイヤルがお使いになれない場合 06−6356−2517
 【受付時間】9:00〜17:00 月〜金曜日(祝日、弊社休業日は除く) 

posted by sally at 17:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

2010年09月24日

秋、お芋の美味しい季節に活躍する「スチームクッカー」

steam_cooker_2.jpg
こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。
 
“暑さ寒さも彼岸まで”―その言葉どおり、記録的な暑さもようやく終息して、一気に秋がやってきたようです。秋の味覚と言えばキノコ、ぶどうや柿などの果物、秋刀魚などいろいろありますが、サツマイモも美味しい季節ですね。
 
先日、岡山に住む義母からサツマイモが届いたので、小さめのキタアカリ(じゃがいも)と一緒にふかして食べることにしました。使ったのは、ティファールのスチームクッカーキッチンに置かずに、リビングの棚の上や、テーブルの上でも調理できるので、とても便利です。
 
steam_cooker_4.jpg
 
バスケットの上段・下段を利用して一度にたくさん蒸すことができるのがうれしいです。これは、キタアカリ。
 
steam_cooker_3.jpg
 
下段にこんなふうに、サツマイモを置いて、一緒にふかしました。電子レンジを使う方法もあるけれど、甘みが増して美味しいのはやっぱりこんなふうにふかす(蒸す)のが一番。こうして時間をかけることで、甘みが引き出せるのですよね。
 
先日ご紹介した、三洋電機のスチームコンベクションオーブンも蒸し料理が得意で、使い勝手もよさそうですが、発売は10月8日。待ち遠しいです。
 
steam_cooker_1.jpg
 
時間はタイマーで設定できるようになっていて、水の量も目で見て確認できるので安心。絵で示してあるように、使った後はコンパクトに収納できます。(わが家ではリビングの棚に出しっぱなしなんですが)
 
steam_cooker_5.jpg
 
お芋をふかすだけではなくて、ヘルシーな蒸し料理がたくさん楽しめます。レシピブックを参考に私もいろいろ試してみたいと思っています、まずは、野菜の上に薄切り肉をおいて蒸したてを食べる「スチームしゃぶしゃぶ」あたりから。
 
ブロッコリーや人参、じゃがいも、キャベツとソーセージなどの温野菜サラダも手軽にできそうです。
 
 
 
posted by sally at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと

2010年09月06日

ティファール、木製フレームのホットプレートは大人の雰囲気♪

IMG_5102.JPG
 
こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。
 
8月の終わりにティファールの新製品展示会があったので、のぞいてきました。初めての試みだそうですが、開催されていたのは、奥沢にあるキッチンスタジオ。まるで誰かのお宅に招かれたような雰囲気で、実際に通電して料理の実演などをしながらの展示会で、とても楽しいひとときが過ごせました。
 
数ある調理家電&アイロンの新製品の中でイチオシは、木製のホットプレートでしょうか。これまでの日本製のものには見られないオシャレなデザインで、一緒に見て回った女性誌の編集者さんと思われる方が思わず「これ、撮影の小道具にもいいですねー」と。確かに絵になるホットプレートです。
 
真ん中にある赤い「お知らせマーク」はティファールのフライパンでおなじみのもの。オレンジで描かれたマークの図柄が消えたら180度〜200度になった合図です。
 
IMG_5101.JPG
 
プレートをはずすと、こんなふうに電熱線が登場。使用後はこの部分をはずして、水受けトレーとプレートを丸洗いできる仕組みになっています。 
 
 
IMG_5100.JPG
 
ほらね、こんな感じ。平面プレートのほか、波型のプレートもあって、ステーキや焼き肉など脂を落としたい料理の際はこの水受けプレートに水を張って使います。
 
IMG_5109.JPG
 
はい。こちらが波型プレート。これにも、真ん中にちゃんと「お知らせマーク」がついています。
 
IMG_5116.JPG
 
波型プレートの端っこにはこんなふうに細長い穴が開いていて、プレートの溝を流れた脂がここから水受けトレーに落ちるというわけ。
 
IMG_5115.JPG
 
温度設定は大変シンプル。くるりと回して好みの温度に合わせます。160度くらいだったら、ホットケーキやパンケーキ、200度前後はお好み焼き、250度だとステーキとか焼き肉でしょうか(このあたり、適当なので確認してくださいませ)。
 
IMG_5135.JPG
 
会場では、実際に野菜を焼いたりしたものを、ごちそうしてくださいました。確かに雰囲気があっていいなあと思います。
 
ちなみに、希望小売価格は31500円とのこと。日本のものはずいぶん値段が下がってきていて、付属品も多かったりするので、ちょっと高めに感じる人もるかもしれませんが、デザインや質感から「これなら家で使いたい」と思う人もいるのかも。
 
ただ、調理上、残念なのが“ふたがない”こと。蒸し焼きにしたい、中までふっくらと火を通したい…などという際にはふたがあると便利なんですけれどね。フライパン用の大きめのガラス製のふたなどを使えばいいのかな。
 
発売は11月1日だそうです。
 
posted by sally at 18:00| Comment(0) | TrackBack(5) | 調理家電のこと

2010年08月30日

蒸す・焼く・煮る…の万能調理家電「スチームコンベクションオーブン」、注目です。

steam_7.jpg
 
こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。
 
ここ1か月ほど、厨房機器メーカーのWEBサイトリニューアルの仕事を手伝っているため、“家電”と似ているようでちょっと違う“プロ仕様の厨房機器”についてずいぶん詳しくなりました。そんな厨房機器の中でもひときわ目立っているのが『スチームコンベクションオーブン』(通称:スチコン)です。
 
スチコンは、通常のオーブン調理だけでなく、スチームやファンなどを組み合わせることで、蒸気加熱と熱風対流過熱の2つの機能を兼ね備えた加熱調理機で、低温スチーム、高温スチーム、煮込み、炒め、焼きもの、フライ風…ととにかく万能選手なんですよね。
 
このあたりの機能を取り入れたのが、昨今の家庭用・高機能オーブンレンジなのだと思いますが、元々、スチコンには電子レンジはついていません。
 
こうしたプロ仕様のスチームコンベクションオーブンを見事に家庭用にアレンジしたものが、10月8日に三洋電機から発売されます。
 
上の画像を見てもおわかりのように、少し大き目のオーブントースターといった感じで、とてもコンパクト。価格も想定売価25000円程度といいますから、オーブンレンジに比べたら驚くほど安価! なのにレンジの温め機能以外は何でも出来てしまうし、庫内が小さいために予熱時間も必要なくて使いやすいです。
 
steam_2.jpg
 
たとえば、ちょっと蒸し料理をしたいなというときには、スチームタンクに水を入れれば準備完了(満水で450ミリリットル入ります)。
 
steam_1.jpg
 
「白身魚と野菜の蒸しもの」だったら、こんなふうにお皿に材料を盛り付けて、そのまま庫内に入れます。
 
steam_3.jpg
 
「蒸す・100度」に設定し、タイマーを10分にしてスタート。
 
冷たい庫内だったはずなのに、みるみるうちに庫内に水蒸気が充満して、「蒸し料理をしているな」ということがわかる状態になります。
 
steam_4.jpg
 
蒸し器を使って調理をする際に、「出来具合はどうかしら?」と途中でふたを開けて確認することがあると思いますが、このスチコンの場合、調理の途中にあけてもOK。まあ、何回もやり過ぎると、温度が下がってしまうので注意が必要ですが、蒸し器のような感覚で調理ができるのはとてもうれしいところです。
 
しかも、蒸し器の場合は「蒸気が上がってから材料(器)をセットする」のが通常のやり方ですが、その必要がないのですから、蒸し器を使うよりも簡単というわけです。
 
steam_5.jpg
 
はい、これが10分経って扉をあけたところ。庫内の水蒸気が出てきて、ちょっと画面がくもったけれど、臨場感があるでしょう?
 
steam_6.jpg
 
水蒸気が全部なくなったところで、ミトンを使ってお皿を取り出し、お醤油とゆずこしょうをつけて美味しくいただきました♪
 
これは蒸しものの一例ですが、たとえば「ヘルシオ」のような過熱水蒸気調理もできるので「揚げないヘルシー唐揚げ」もOK。茶碗蒸しやハンバーグ、パエリアなど多彩な料理ができます。
 
IMG_5171.JPG
 
初めて使う「スチームコンベクションオーブン」なので、ソフト面も充実させたいと、約100種類のレシピが載った「おうちで作るスタイリッシュごはん」も、もれなくついてくるとのこと。このレシピ、著名な料理研究家にお願いしないで、スチコンの開発チームがひたすら毎日調理して「これは!」というものを編み出して、掲載したのだそうですよ。
 
IMG_5172.JPG
 
私はカラーコピー版をいただいてきましたが、わくわくするような美味しそうなメニューがたくさん載っていて楽しいです。しかもどれも簡単そう…というのがポイントが高いです。
 
この製品、10月8日にGOPANと同時に店頭に並べるつもりで、カラーもGOPANと同じにしたのだそうですが、GOPANのほうは11月11日に延期になってしまって残念と担当の方がおっしゃっていました。
 
家庭用のスチコン、これまでオーブン機能をあまり利用したことのなかった人にも気軽に使えるし、蒸し器になじんできた年配の方にも簡単に使えていいのではと思います。これ、かなりおすすめです。
 
posted by sally at 16:29| Comment(3) | TrackBack(1) | 調理家電のこと

2010年07月03日

ビタントニオのオーブントースターでピザを焼く!

Vitantonio_1.jpg
 
こんにちは。家電コンシェルジュのSallyです。
 
先日、インテリアライフスタイル展で見かけてから「欲しい!」と熱望していたビタントニオのオーブントースター、やっぱり買ってしまいました。実際に使ってみていいなあと思ったのは、オーブントースターなのに「上段」「下段」があって、ワイヤーラック・受け皿の位置を変えられること。
 
焼き鳥などは、受け皿を上段にセットして調理すると、12〜15分程度で焼き上がるようです。近いうちにぜひ試してみたいなあと思っています。
 
昨晩、試してみたのは、ピザを焼くこと。今まで、オーブンで焼いていた時の不満点として、下火が弱いので裏側がフニャッとしてしまってクリスピーに焼き上がらないこと、焼き上がりに時間がかかること…があったのですが、このオーブントースターにはピザストーンが付いているので、期待感が高まりました!
 
まず、下段にセットしたワイヤーラックの上にピザストーンをセットして、260度、1200Wで10分間予熱をします。そうしたら、その上にそっとピザをのせ、同じく260度、1200Wにセットしてだいたい6〜8分程度で焼き上がり完了。
 
Vitantonio_2.jpg
 
ほらね、これがお皿に取り出したところ。ピザストーンにこびりつくこともなく、スルリと取り出せました。ただし、火傷には気をつけないとね。
 
Vitantonio_3.jpg
 
さらに、このオーブントースターにはピザカッターもついているのがうれしい!さっそく使ってみたら、ナイフよりもずっときれいに簡単に切れて感激です。
 
で、食べてみると・・・。さすがにカリッと焼き上がっていて「ピザストーン」の威力にびっくりしました。ちなみにこのオーブントースター、見た目はコンパクトなのに、背面にピザ焼き用のふくらみがあるので23センチのピザまでOK。 

 
Vitantonio_4.jpg
 

ほらね、後ろにふくらみがあるでしょう?
 
今回のはプレーンなピザにバジルソースをかけるシンプルなものでしたが、次回は水分の多いトマトなどの具材をのせてもサクッと焼き上がるか試してみたいと思います。


 

posted by sally at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理家電のこと