2019年11月01日

【RADIO版 配信】Dysonのビューティトークイベントに行ってきました!

ArtWork

こんにちは。家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリーです。

Radiotalkのアプリでお届けしているSallyの家電アトリエ〈RADIO版〉、第2回を配信しました。今回のテーマは、Dysonのビューティトークイベントの様子と衝動買いしたエアラップスタイラーのこと。


こちらからお聴きいただけますので、お時間のある時にぜひ。
アプリでクリップ登録していただけると、配信のたびにお知らせが届きます。バックナンバーももちろん聴けます!

IMG_8486.jpg

IMG_8491.jpg

ラジオでもお話ししましたが、冨永愛さんのスタイルの良さと肌のきれいさにはびっくり。その理由を聞くとなるほどねと思いまきた。

IMG_8499.jpg

そしてこちらが衝動買いしたエアラップスタイラー。11月4日まで表参道ヒルズの地下2階でDysonのイベントをやっているのですが、期間中に購入した人は革のパッケージにアルファベットを刻印してもらえるのです!

IMG_8493.jpg

使い方にコツが要りますが、髪を傷めずに弾力のあるきれいなカールができるのが魅力です。

今、人生最後かも!と思って髪を伸ばしていて、鎖骨の下くらいまで伸びたので巻くのが楽しいんです。どんなふうに使うの?という方、この三連休のうちに表参道ヒルズにぜひ!






【Sallyの家電アトリエ〈RADIO版〉の最新記事】

2019年10月30日

家電のオーバースペック問題について考える〜エアコン編

unnamed.jpg

こんにちは。家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリーです。

9月に終了したメルマガで盛り上がった話題の1つに「家電のオーバースペック問題」があります。その発端は、アトリエで使っているエアコンがなぜだか快適に冷えないということから始まりました。

アトリエでここ数年愛用している機種の最新モデルを春から使っていたのですが、それまでのモデル同様にサイドファンを使った送風運転が初夏の間は心地よく、気に入っていました。ところが夏が到来したら、冷えが悪いのですね。昨年までのものはそんなことがなかったのにおかしいなあと思いつつ、24度設定まで下げてみたりしたのですが、いつのまにか冷気が弱まってしまっているように感じて「ちゃんとひやしてー」と叫んでしまうことがあったほど。

もっと困るのは猛暑の中、お客様が汗だくで来ているのに、例によっていつのまにか冷気が弱まってしまう事態が起きてしまい、さすがにおかしいと思って取扱説明書やパンフレットを熟読したところ、次のようなことがわかりました。

・「不在ECO」の設定が初期設定の『オートセーブ』のままで使っていたため、室温が高い場合、人と体温との差が小さすぎるため、人がいないと判断して、設定温度を最大で2度上げてしまう。

・たった10分ほどの不在(検知)でこの機能が発動するため、いくらか冷えてきたタイミングでも、動かないでじっとしていると不在とみなされ、設定温度が勝手に上がってしまい、冷房運転が弱まってしまう。

・サイドファンを活用した「快適おまかせ気流」は“冷えすぎない自然な涼しさ”を追い求めているため、部屋がしっかりと冷えて室温が安定してからは威力を発揮するが、そこに達するまでの間は「冷気+生暖かい室温の風」が届くため、涼しさを感じにくい。

つまり、とことん優しい冷房のため、高齢者や冷房が苦手な女性にはいいのかもしれませんが、来客が多かったり、長時間過ごすことの少ないアトリエのような場所には向いていないということなのですね。

それにしても、人感センサーが不在を検知して10分経ったらもう設定温度が2度上がってしまう機能があるなんて、しかも不在ではなく動いていないだけでそのように判断してしまう機能を出荷時の設定にしてあるなんて、「余計なお世話」としか言いようがありません。だって、みんなで顔を突き合わせて打ち合わせしているのに、それを「不在」だとしてしまうなんて。

そういえば、私が打ち合わせ中に「設定温度を24度まで下げたのに変ですね。おーい、エアコン冷えて―!」と立ち上がったと思ったら、エアコンから冷気が出始めて、お客さんに「あれ、冷たい空気がぐんぐん出てきましたよ。声が聞こえたんでしょうか」と言われたことがありましたっけ。これは、私が立ち上がったから、動きを検知して「不在から戻ってきた」と判断したのですね。

省エネや節電ということが声高に叫ばれるようになってだいぶ経ちますが、高機能なものほど自動で省エネモードになる機能が満載になっていて、「暑さを緩和して涼しいところで過ごしたい=冷やしてほしい」という基本機能がどこかへ行ってしまったような気がします。

不在ECOをオフにして、サイドファンを「切」にしたとたん、アトリエがちゃんと冷えてきたことに驚き、余計なお世話の機能たちに絶望さえ感じたこの夏の私なのでした。

センサー機能の充実(!)で、たった10分の不在、しかも動いていないことさえも不在と判断して、設定温度を2度も上げてしまうという事実。そしてそれがデフォルトで設定されていて、取説などを読んでその事実に気が付かないと「なんで冷えないのだろう?」と疑問に思ったまま、悶々として使わなければならにという不毛さ。まさに「冷えないことの絶望」です。

その後、昨年モデルではありますが、同じ機種を自分の部屋に設置した息子にこの話をしたところ、「去年、同じ経験をした。絶望という言葉がよくわかる」と。いやはやなんということでしょう。よかれと思って搭載した機能が、購入者(使用者)をこんなにも苦しめているとは。

息子曰く「メーカーの商品開発の人はこのエアコンを家で使っていないのかな」。いえ、使っているのを知っています。でも、たぶんリビング。個室では使っていないはず。そしてもしかすると、不在エコ機能はオフにしているのかもしれません。本当に不在であるなら、これは省エネになるのかもしれませんが、動かないだけでそれを不在としてしまうのだとしたら、便利な機能とは言いかねますよね。息子の部屋も私のアトリエも「不在エコ」機能は、デフォルトで設定済みなことに気が付いてからはリモコンを操作して「オフ」にしたので、もう大丈夫。かなり快適になりました。

最後に、ノクリアX(←読んでいれば機種名、お分かりになる方が多いと思います)を全否定したいのではなくて、初期設定問題に苦言を呈したいだけだということをわかってほしいなとは思います。そして、使う場所によって機種を選ぶ必要があるということ。リビングダイニングのような広い空間で24時間ずっとつけっぱなしというような使い方をするなら、ノクリアXは最適なように思います。

それとノクリアXのサイドファンがいちばん活躍するのは、春や初夏や秋などの季節に窓を開けたままで使う「送風」の時なのかもしれません。窓が1つしかなくても外気をうまく取り込んで自然(高原)の中にいるようなそよそよとした風の心地よい気流を作り出して、極上の空間にしてくれますから。




2019年10月29日

過去に製品化したものを再定義してみることの重要性

img2dcee5a418mqr3.jpeg

こんにちは。家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリーです。

相変わらずタピオカが人気のようですが、先日朝の情報番組では次に来るものはなんだろうという予測をしていました。アンケート結果では「バナナジュース」となっていて、銀座その他、いろいろなところに行列ができるバナナジュース屋さんがすでにあるのですね。アトリエの並びにも昨年の秋くらいにバナナジュース屋さんができましたが、まだ行列はできていないようです。

でね、タピオカも若い人には新鮮でも、私にしてみれば「あれ?前にも流行らなかったっけ?」というわけで、少し不思議に感じています。どうやら、今回のブームで人気のタピオカは前のブーム時のものよりも粒が大きめで、味のバリエーションもタピオカミルクティーだけでなく、豊富にそろっているのですね。さらにインスタ映え的な要素も加わって、新しいブームを作り出しているようです。

新ブームと噂されているバナナジュースも完熟バナナが入荷していない日にはお店を閉めていたり、世界中のバナナの種類に応じたバナナジュースを作っていたりと、話題性には事欠かない様子。何も新しいメニューを考えたり、どこかから珍しいスイーツを引っ張ってこなくても、まだやれることはあるというわけです。

こうした事例は行列のできるスイーツ店に限らず、家電製品にも当てはまるのではないかと思っています。つまり「過去に製品化したものの再定義」です。一度手掛けてヒットしなかったから除外するのではなくて、今のライフスタイルにフィットした形とは何なのかをじっくり考えて新しいものとして再定義するのです。

特に家電製品においては、革新的なイノベーションを求められていると思いこみ過ぎて、生活者たちの現実を見失ってしまうことが多々あります。メルマガで何回かに分けて書いてきた「多機能・高機能過ぎることへの絶望」問題も、革新的なイノベーションを追い求め過ぎているから出てきたことです。

それよりも過去に製品化したものの中で「これは!」というものを違う視点で見直してみたり、過去にその製品をどのように伝えてきたのかを見直してみること。つまり「意味のイノベーション」です。

私自身が再定義化して復活させてほしいと思っている家電には、シャープの『塩で洗うコンパクトな食洗機』があります。洗剤が要らないという点でも魅力的ですし、3人分程度の食器が入るコンパクトさも今の世の中にぴったりです。もしもここに新しい要素を加えるとしたら、タンク式にして水栓の工事不要にすることでしょうか。

つい先ごろ、シロカが工事不要のタンク式の食洗器を発表しており、5万円弱という価格や大きさなどで人気を集めそうな気配です。同社はヒーター系などで不具合を起こしたりもしていて、安全面での信頼性に若干欠けるところがあるため、この製品についても様子見ではあるのですが、賃貸住宅に住む人や、シニア層にはうれしいですよね。5リットルの水を自分で入れる手間はかかりますが、それは反対に「5Lしか使わない」ことを意識できるということでもあります。

水栓につなぐ工事をしてしまえば、水を入れる手間は省けるけれど、実際にどれくらい節水になっているのか(使っている水はどれくらいなのか)はわかりません。ある意味、逆転の発想といえるかもしれません。シャープが工事不要のタンク式の「塩で洗える食洗機」をぜひ作ってほしいなあと思います。

ほかにも見直していけば素敵によみがえるもの、いろいろあるのではないでしょうか。


2019年10月26日

ルイスポールセンのあかりとグリニッチのビンテージ家具とヒュッゲと

D33A57D6-18A1-4A21-8C25-A2BE1C8A0E77.jpeg
こんにちは。家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリーです。

今年60周年のアニバーサリーを迎える北欧デンマークのルイスポールセンのショールームで取材をさせていただく機会を得ました。名前は知らなくとも「その照明、見たことがある!」というのが多いのが同社の代表的なPH5という名作です。

これは1958年にポール・ヘニングセンがデザインしたもので、「PH5」という名前もその頭文字からきたものです。大きなポイントが電球を覆い隠してまぶしさを取り除いている「グレアフリー・デザイン」だということ。そして、「対数螺旋」というカーブを持ったシェードが光を効率よく集めて、テーブル面に500ルクス以上の明るさを得ることができるのです。ちなみに対数螺旋とは、37度の角度で光が入って出ていくもの。ショールームにはこの仕組みをわかりやすく説明した機器も置かれていて勉強になります。


北欧ではシーリングライトのように部屋全体を煌々と照らすあかりを使っていませんが、あかりを上手に組み合わせて居心地のいい空間を作っています。今回取材したショールームも間接照明しか使っていないので部屋全体としては明るすぎない落ち着いた空間になっているのですが、このPH5の下にあるテーブルでお話をうかがっていると手元のノートがものすごく明るく照らされてメモを取りやすいことにびっくりしました。


C8A772EC-CB15-4E68-A952-9438BA46EBB6.jpeg


PH5の吊り下げ方にも秘密があって、卓上から器具の下端の距離を60cmと低く吊り下げることでテーブルを囲む人々の表情を柔らかく美しく見せる効果があるのですね。そして、十分に明るいのにまぶしくなく、シェードによって生まれる光のグラデーションがなんとも心地よいというこれまでにない照明体験ができたのでした。


ヒュッゲな世界観を作るのに重要な照明について取材した後で足を運んだのが、代官山にショップを構え北欧のヴィンテージ家具を扱う「グリニッチ」の隠れ家。目黒から徒歩7〜8分に位置する築30年ほどのマンションの1室で、同社の家具を中心にそれ以外の家具や雑貨も置かれた実験的な住まい。「実際に人が住んでいないと生きていない空間になる」という考え方から、なんとここは同社の社長さんの住まいでもあるのです。グリニッチは鳥取県の米子市にも拠点があり(店舗とヴィンテージ家具のリペア)、代官山と米子を行き来しているため、東京の住まいがこの隠れ家というわけですね。


AFB21F09-C467-415E-90DE-076586929E08.jpeg


窓の外には緑が広がって、目黒にいるとは思えない立地なのも素晴らしいのですが、濃いブルーの壁紙や椅子の張地を使って特注したカーテン、数々のヴィンテージ家具やグリニッチオリジナルの椅子などが共存し、なんとも居心地のいい空間になっています。週末の夜には低いガラステーブルを囲んでボードゲームをしたり、これまたヒュッゲな暮らしそのもの。


この日、案内してくださった安達さんは「インターネットの発達などで買い物などに費やす時間が少なくなり、家の中で過ごす時間がますます増えていく今、人生100年時代ともいわれている中で、どうやって過ごすのがいいのかを提示する場所にしたい」としています。「こだわった家具などを置くことで気持ちが前向きになったり、趣味に打ち込めたりする。壁のクロスを張り替えるだけでも気持ちが変わるし、それが趣味の一歩になることもある」と。

独立したキッチンも見せていただきましたが、そこにあったのは木製の取っ手がついたamadanaの冷蔵庫! あらためてみるとやっぱり「木目調」ではなく、「本物の木」が使われた冷蔵庫は本当に素敵でした。

5CEBE228-AA91-4796-ADD3-1312B610CB9E.png


で、1つ思ったのがヒュッゲな暮らしに絶必なのは食洗機なんじゃないかなと。みんなでゆったりとした時間を過ごすには音が静かでみんなが使った食器をまとめて洗える食洗機があればだれかがキッチンにこもって後片付けというのがなくなりますものね。そしてリビングやダイニングにケトルやコーヒーメーカー、コンパクトでインテリア性の高い冷蔵庫などがあったらもっといいなと。秋になったら、そんな記事を家電Watchのコラムで書きたいなと思っています。

posted by sally at 11:22| デザインと暮らしと

2019年10月25日

音声配信「Sallyの家電アトリエ〈RADIO版〉」始めました!

ArtWork

こんにちは。家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリーです。

前々から挑戦してみたかった音声での配信をいよいよスタートしました。
名付けて「Sallyの家電アトリエ〈RADIO版〉」です。

スマホアプリのRadiotalkiotalkで聴けますし
クリップしていただければ、新しい配信の際にお知らせが届きます!

Sallyの家電アトリエ〈RADIO版〉


第1回は「変わりゆくほぐし家電の世界」と題して
最近のトレンドの手のマッサージ家電のことや
夏に体験してきたマッサージチェアのことなどをお話しています。


皆様、どうぞよろしくお願いします!!!!!



posted by sally at 17:37| Sallyの家電アトリエ〈RADIO版〉