2019年11月05日

家電のオーバースペック問題について考える〜私がこの2台の掃除機を愛する理由

66A9405B-1DBE-4864-8D94-393E238979E0.jpeg

こんにちは。家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリーです。

先日、「家電のオーバースペック問題について考える〜エアコン編」という記事をここで書いたところ、ずいぶん反響がありました。必ずしもその製品を否定しているのではなくて、たぶん使う場所、使い方のマッチングや、出荷時の設定をどうするかということなのかもしれませんが、機能を詰め込み過ぎたり、一方向ばかりを見つめて(今回の例でいえば「省エネ」)ものづくりをすると、生活者が望んでいるものと乖離したものができてしまうのではないかなと思っています。

「技術を生かすための視点」を鍛えること、そして、本当の意味できちんと生活者に寄り添うことだと思います。なんだかね、「想像力の欠如」という言葉がぐるぐるしているのです。今回の記事に意見をくださった方からは「想像力を組織で持つことが難しくなっている」という声もありました。気づいているひとがいても、組織となったときにいつのまにかそれが消失してしまう。このあたりがうまく働く仕組みができるといいのになと思います。

さて、今日も引き続き、こんなオーバースペック問題について考えてみたいと思います。で、今回は掃除機。

いや、ダイソンのV11は本当に素晴らしいですし、シャープのラクティブエアパワーも軽いのにバッテリーが長持ちするし吸引パワーもすごいし、壁際にヘッドがつくとパワーアップされてきれいに吸い取るし、よく頑張っています。日立のコードレススティックもヘッドについているライトが便利だし、ごみも捨てやすいし、カーペットを掃除するときにも自走感がほどよくて軽やかです。でもね、やっぱり大きめのゴミは苦手です。


それで私が何を愛しているかというと、冒頭の画像のシャーク「エヴォパワープラス」。超コンパクトなのにパワフルなハンディクリーナーにフローリング用のアタッチメントがついたエヴォパワープラスは、目で見えているゴミの吸引力ならパワフルなコードレススティッククリーナーにも負けません。なまじ、創意工夫をし尽くした自走式のロールブラシなどが付いているから、かえって大きめのゴミを吸いにくくなっているのですね。確かに目に見えない微細なチリやホコリは吸い取ってくれるかもしれないけれど、今、目の前に見えているゴミを吸い取ってくれない悲しさと言ったら。

ミーレしかり、海外メーカーの掃除機の一般的なヘッドにはブラシも自走のためのモーターもついておらず、ポカンと口が開いているだけのものが多いです。もちろんカーペット用としてブラシ付きのものも付属していたりしますが、フローリングの床と階段に限るなら、軽くて大きなゴミもスイスイ吸い取るヘッドのほうが実は使い勝手がいいのでは?


とそこで、今更ながら思い当たったのが通販生活をはじめ、ある一定の人たちに圧倒的な人気を誇るマキタの掃除機。これこそがシャークのエヴォパワープラスの使い勝手の良さにいちばん似ていますよね。しかもエヴォパワープラスは本体とフローリング用の延長ノズルをプラスしても820gという軽さなのですから、マキタのコードレスのスティッククリーナーよりはるかに軽い。もちろん家中を掃除するのには流石におすすめしませんが、気になった時のササッと掃除なら本当にこれで十分。

436C4A0E-05D6-4273-9170-75293D2EA1A8.jpeg

エヴォパワープラスのフローリング用延長ノズルをひっくり返してみるとこんなふうになっています。先端に溝があることで壁際の汚れも前方からきちんと吸い取りますし、ビロードのような横一列の部分が細かなほこりを集めつつ、床を傷めないように工夫されています。もちろん、この部分のお手入れは必要になりますが、目に見えている汚れ(繰り返して言います、ここ大事)がぐんぐんきれいになっていくのは本当に気持ちがよく、ストレスがたまりません。

ダストボックスは小さいけれど、ボタンを押すだけでポンとゴミが捨てられる便利さも群を抜いていますし、掃除のたびに捨てればいいだけのこと。自走式も回転ブラシもフローリングの床にはオーバースペックな気がしている私です。


IMG-3439.JPG

もう1つ、私が愛してやまない掃除機がケルヒャーのコードレスクリーナー「KB5」です。1.2sと軽量でコンパクト。女性でも指1本で持ち上がるほど軽いのです。自立する設計で部屋の隅に立てておいても気にならないシンプルなデザイン。スティッククリーナーを手に取る自然な動き(=スティックを手前に倒すとスイッチが入ります)で、手軽に使えて、しかも目で見えるゴミをきれいにしてくれます。

IMG-3438.JPG

こういう軽い紙ごみは普通のクリーナーは苦手ですが、KB5は大の得意。

IMG-3440.JPG

ゴミ捨ても脇からダストボックスを引き出すだけでOKとシンプルです。汚れたら丸ごと洗えばいいですしね。

ただし、このクリーナーはゴミを吸引するわけではなくて、ブラシでかき出して集める「電気ほうき&ちりとり」のような仕組みなので、メインの掃除機には不向きです。こぼしてしまったコーヒーの粉やお砂糖、子供が散らかした紙のゴミ、ペットの毛、砂ぼこり…そんな“今、ここにある汚れをきれいにしたい”というときにサッと使えて便利なのです。

IMG-3441.JPG

似たような製品がいくつかありますが、ケルヒャーのKB5は片側の端までブラシがついているから、取り残しが驚くほど少なく、ストレスなく掃除ができます。吸引しない分、排気もないですし、パワフルなモーターを積んでいるわけではないから1回の充電でかなり長い時間使えるのもうれしいポイントです。

アトリエにもこのKB5のホワイトのモデルが置いてあるのですが、取材に来られた方が、必ず「これ何ですか?」とたずね、ちょっと触ってみただけで感動されます。

これ1台でなんでもOKとはいいませんが、こうした視点の掃除機があってもいいですよね。






2019年11月02日

創立11周年のご報告と御礼

sally2019.jpg

こんにちは。家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリーです。

先週10月30日で会社を立ち上げて11年経ちました。ちょうどこの日の会食でご一緒した方もお誕生日で、私の会社の11歳の誕生日もお祝いしていただきました。

昨年、創立10周年と出版を記念してパーティーを……という話も出たのですが、まだまだ道半ばという気持ちで、その気になれず。でも1年経った今、なんだかとてもいい風が吹いているような気がして、毎日が楽しくて充実しているなあと思います。

企業の思いを生活者に伝え、生活者の願いを企業に伝える橋渡し」のために起業した11年前の決意を忘れずに、12年目も頑張ります。

いつか、お世話になった皆さまへのお礼のためのパーティーを思いますが、あと3年弱で還暦(!)なので、その時がいいかなあと思ったりしています。もっともっと皆さまのお役に立てますように。

いつもありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。


posted by sally at 16:14| Comment(0) | ご挨拶&自己紹介

2019年11月01日

【RADIO版 配信】Dysonのビューティトークイベントに行ってきました!

ArtWork

こんにちは。家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリーです。

Radiotalkのアプリでお届けしているSallyの家電アトリエ〈RADIO版〉、第2回を配信しました。今回のテーマは、Dysonのビューティトークイベントの様子と衝動買いしたエアラップスタイラーのこと。


こちらからお聴きいただけますので、お時間のある時にぜひ。
アプリでクリップ登録していただけると、配信のたびにお知らせが届きます。バックナンバーももちろん聴けます!

IMG_8486.jpg

IMG_8491.jpg

ラジオでもお話ししましたが、冨永愛さんのスタイルの良さと肌のきれいさにはびっくり。その理由を聞くとなるほどねと思いまきた。

IMG_8499.jpg

そしてこちらが衝動買いしたエアラップスタイラー。11月4日まで表参道ヒルズの地下2階でDysonのイベントをやっているのですが、期間中に購入した人は革のパッケージにアルファベットを刻印してもらえるのです!

IMG_8493.jpg

使い方にコツが要りますが、髪を傷めずに弾力のあるきれいなカールができるのが魅力です。

今、人生最後かも!と思って髪を伸ばしていて、鎖骨の下くらいまで伸びたので巻くのが楽しいんです。どんなふうに使うの?という方、この三連休のうちに表参道ヒルズにぜひ!






2019年10月30日

家電のオーバースペック問題について考える〜エアコン編

unnamed.jpg

こんにちは。家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリーです。

9月に終了したメルマガで盛り上がった話題の1つに「家電のオーバースペック問題」があります。その発端は、アトリエで使っているエアコンがなぜだか快適に冷えないということから始まりました。

アトリエでここ数年愛用している機種の最新モデルを春から使っていたのですが、それまでのモデル同様にサイドファンを使った送風運転が初夏の間は心地よく、気に入っていました。ところが夏が到来したら、冷えが悪いのですね。昨年までのものはそんなことがなかったのにおかしいなあと思いつつ、24度設定まで下げてみたりしたのですが、いつのまにか冷気が弱まってしまっているように感じて「ちゃんとひやしてー」と叫んでしまうことがあったほど。

もっと困るのは猛暑の中、お客様が汗だくで来ているのに、例によっていつのまにか冷気が弱まってしまう事態が起きてしまい、さすがにおかしいと思って取扱説明書やパンフレットを熟読したところ、次のようなことがわかりました。

・「不在ECO」の設定が初期設定の『オートセーブ』のままで使っていたため、室温が高い場合、人と体温との差が小さすぎるため、人がいないと判断して、設定温度を最大で2度上げてしまう。

・たった10分ほどの不在(検知)でこの機能が発動するため、いくらか冷えてきたタイミングでも、動かないでじっとしていると不在とみなされ、設定温度が勝手に上がってしまい、冷房運転が弱まってしまう。

・サイドファンを活用した「快適おまかせ気流」は“冷えすぎない自然な涼しさ”を追い求めているため、部屋がしっかりと冷えて室温が安定してからは威力を発揮するが、そこに達するまでの間は「冷気+生暖かい室温の風」が届くため、涼しさを感じにくい。

つまり、とことん優しい冷房のため、高齢者や冷房が苦手な女性にはいいのかもしれませんが、来客が多かったり、長時間過ごすことの少ないアトリエのような場所には向いていないということなのですね。

それにしても、人感センサーが不在を検知して10分経ったらもう設定温度が2度上がってしまう機能があるなんて、しかも不在ではなく動いていないだけでそのように判断してしまう機能を出荷時の設定にしてあるなんて、「余計なお世話」としか言いようがありません。だって、みんなで顔を突き合わせて打ち合わせしているのに、それを「不在」だとしてしまうなんて。

そういえば、私が打ち合わせ中に「設定温度を24度まで下げたのに変ですね。おーい、エアコン冷えて―!」と立ち上がったと思ったら、エアコンから冷気が出始めて、お客さんに「あれ、冷たい空気がぐんぐん出てきましたよ。声が聞こえたんでしょうか」と言われたことがありましたっけ。これは、私が立ち上がったから、動きを検知して「不在から戻ってきた」と判断したのですね。

省エネや節電ということが声高に叫ばれるようになってだいぶ経ちますが、高機能なものほど自動で省エネモードになる機能が満載になっていて、「暑さを緩和して涼しいところで過ごしたい=冷やしてほしい」という基本機能がどこかへ行ってしまったような気がします。

不在ECOをオフにして、サイドファンを「切」にしたとたん、アトリエがちゃんと冷えてきたことに驚き、余計なお世話の機能たちに絶望さえ感じたこの夏の私なのでした。

センサー機能の充実(!)で、たった10分の不在、しかも動いていないことさえも不在と判断して、設定温度を2度も上げてしまうという事実。そしてそれがデフォルトで設定されていて、取説などを読んでその事実に気が付かないと「なんで冷えないのだろう?」と疑問に思ったまま、悶々として使わなければならにという不毛さ。まさに「冷えないことの絶望」です。

その後、昨年モデルではありますが、同じ機種を自分の部屋に設置した息子にこの話をしたところ、「去年、同じ経験をした。絶望という言葉がよくわかる」と。いやはやなんということでしょう。よかれと思って搭載した機能が、購入者(使用者)をこんなにも苦しめているとは。

息子曰く「メーカーの商品開発の人はこのエアコンを家で使っていないのかな」。いえ、使っているのを知っています。でも、たぶんリビング。個室では使っていないはず。そしてもしかすると、不在エコ機能はオフにしているのかもしれません。本当に不在であるなら、これは省エネになるのかもしれませんが、動かないだけでそれを不在としてしまうのだとしたら、便利な機能とは言いかねますよね。息子の部屋も私のアトリエも「不在エコ」機能は、デフォルトで設定済みなことに気が付いてからはリモコンを操作して「オフ」にしたので、もう大丈夫。かなり快適になりました。

最後に、ノクリアX(←読んでいれば機種名、お分かりになる方が多いと思います)を全否定したいのではなくて、初期設定問題に苦言を呈したいだけだということをわかってほしいなとは思います。そして、使う場所によって機種を選ぶ必要があるということ。リビングダイニングのような広い空間で24時間ずっとつけっぱなしというような使い方をするなら、ノクリアXは最適なように思います。

それとノクリアXのサイドファンがいちばん活躍するのは、春や初夏や秋などの季節に窓を開けたままで使う「送風」の時なのかもしれません。窓が1つしかなくても外気をうまく取り込んで自然(高原)の中にいるようなそよそよとした風の心地よい気流を作り出して、極上の空間にしてくれますから。




2019年10月29日

過去に製品化したものを再定義してみることの重要性

img2dcee5a418mqr3.jpeg

こんにちは。家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリーです。

相変わらずタピオカが人気のようですが、先日朝の情報番組では次に来るものはなんだろうという予測をしていました。アンケート結果では「バナナジュース」となっていて、銀座その他、いろいろなところに行列ができるバナナジュース屋さんがすでにあるのですね。アトリエの並びにも昨年の秋くらいにバナナジュース屋さんができましたが、まだ行列はできていないようです。

でね、タピオカも若い人には新鮮でも、私にしてみれば「あれ?前にも流行らなかったっけ?」というわけで、少し不思議に感じています。どうやら、今回のブームで人気のタピオカは前のブーム時のものよりも粒が大きめで、味のバリエーションもタピオカミルクティーだけでなく、豊富にそろっているのですね。さらにインスタ映え的な要素も加わって、新しいブームを作り出しているようです。

新ブームと噂されているバナナジュースも完熟バナナが入荷していない日にはお店を閉めていたり、世界中のバナナの種類に応じたバナナジュースを作っていたりと、話題性には事欠かない様子。何も新しいメニューを考えたり、どこかから珍しいスイーツを引っ張ってこなくても、まだやれることはあるというわけです。

こうした事例は行列のできるスイーツ店に限らず、家電製品にも当てはまるのではないかと思っています。つまり「過去に製品化したものの再定義」です。一度手掛けてヒットしなかったから除外するのではなくて、今のライフスタイルにフィットした形とは何なのかをじっくり考えて新しいものとして再定義するのです。

特に家電製品においては、革新的なイノベーションを求められていると思いこみ過ぎて、生活者たちの現実を見失ってしまうことが多々あります。メルマガで何回かに分けて書いてきた「多機能・高機能過ぎることへの絶望」問題も、革新的なイノベーションを追い求め過ぎているから出てきたことです。

それよりも過去に製品化したものの中で「これは!」というものを違う視点で見直してみたり、過去にその製品をどのように伝えてきたのかを見直してみること。つまり「意味のイノベーション」です。

私自身が再定義化して復活させてほしいと思っている家電には、シャープの『塩で洗うコンパクトな食洗機』があります。洗剤が要らないという点でも魅力的ですし、3人分程度の食器が入るコンパクトさも今の世の中にぴったりです。もしもここに新しい要素を加えるとしたら、タンク式にして水栓の工事不要にすることでしょうか。

つい先ごろ、シロカが工事不要のタンク式の食洗器を発表しており、5万円弱という価格や大きさなどで人気を集めそうな気配です。同社はヒーター系などで不具合を起こしたりもしていて、安全面での信頼性に若干欠けるところがあるため、この製品についても様子見ではあるのですが、賃貸住宅に住む人や、シニア層にはうれしいですよね。5リットルの水を自分で入れる手間はかかりますが、それは反対に「5Lしか使わない」ことを意識できるということでもあります。

水栓につなぐ工事をしてしまえば、水を入れる手間は省けるけれど、実際にどれくらい節水になっているのか(使っている水はどれくらいなのか)はわかりません。ある意味、逆転の発想といえるかもしれません。シャープが工事不要のタンク式の「塩で洗える食洗機」をぜひ作ってほしいなあと思います。

ほかにも見直していけば素敵によみがえるもの、いろいろあるのではないでしょうか。