2016年12月30日

アイロン掛けが苦手な人の“人生観を変える”ほどのアイロン、2つ。

5.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

少しでも早くに皆さんにご紹介したいことがたくさんあり過ぎて、ここのところ毎日、ブログを更新しています。今日のお話は、嫌いな家事ランキングの1位2位を争うと長年言われている「アイロン」。これまで争ってきたのは「掃除機」ですが、最近はロボット掃除機やすぐに使えるコードレススティッククリーナーのラインアップが充実してきて、普及率も上がっているので、もしかするとアイロンのほうが分が悪いかもしれませんね。

ただ、アイロンも実はすごく進化していて、使われている素材や形、重さ、スチーム孔の数や形など、従来のものとはずいぶん異なっています。アイロンを掛ける時に邪魔だとされていたコードがない、コードレスタイプも増えてきています。アイロンは他の家電よりも使用頻度が多くないので、一度買うと買い替えまでのスパンがとても長いもの。だから「とりあえずの1台」が壊れないからと、不満を抱えたり、「こんなものかな」と妥協したままずっと使い続けている人が多いのです。

さて、今回、私の独断で“人生観を変えてしまうほどのおすすめのアイロン”を2つご紹介したいと思います。

4.JPG

1つめは、東芝から12月16日に発売されたばかりのコードレスアイロン「美(ミ)ラクルLa・Coo(ラクー)」TA−FLW900。東芝が国産第1号の電気アイロンを発売したのが1915年のこと。その『100年記念モデル』として開発された力の入ったモデルです。本来なら、昨年発売したかったそうですが、東芝のトップの問題で、経営的に大揺れになっていたために断念したとのこと。1年遅れではありますが、さすが100年記念モデルと名打っているだけあって、びっくりするくらいアイロンとしての完成度が高くなっています。

7.JPG

重心が低くなっていて、広い掛け面でしっかりと掛けられ、かけ面に熱を加えることで滑りが軽くなる「ボロンコート」を施しているため、重さがしっかりあってプレス感があるのに、手首や腕への負担がないのです。

8.JPG

これは私の冬もののワンピースですが、スチーマーでしわを伸ばすのとは一味違ったプレス感で、クリーニング店に出したような仕上がりになってうれしくなりました。

9.JPG

先端が独特の形状になっているため、ワイシャツのボタン周りなども丁寧にアイロンを掛けることができ、衣類や縫い糸、ボタンに負担をかけません。

11.JPG

後方部はかけ面で“踏みシワ”がつかないように少し斜めになっていて、先端よりは広めの形状に。プリーツスカートのプレスはもちろん、細かなところをしっかりとプレスしていきたいときに便利です。

そして、これまでスチームアイロンを使ったことがある人なら経験があると思うのですが、だんだんカルキがたまってきて、スチームすると白い粉が出てきたりすることがありますよね。

でも、東芝のスチームアイロンの水タンクはカルキがたまるのを防ぎ、さらには除菌効果の高いプラチナボールに抗菌ガラスを加えた「プラチナ・アクアクリーンユニット」が入っているため、カセットタンク内の水の除菌を行い、その水を衣類へ霧吹きすることで、衣類そのものの抗菌までができてしまうのです。

コードレスながら、スチームの持続も最長4分20秒とたっぷり。ストレスなくアイロンかけができるのです。

今人気のスチーマーのような使い方もできますが、これは本体が重いのであまりおすすめできません。しっかりと丁寧にアイロンかけをしたい方に向いていると思います。

1.JPG

そして、もう1つ。コードレスタイプでなくてもいいという方におすすめなのが、クラシカルなデザインで重さがある、ドイツのDBK社の「ジ・アカデミック」というアイロンです。

これは2010年に日経プラス1の「何でもランキング」のアイロン編で、20台以上のアイロンを実際に使ってみた時から惚れ込み、私自身は1位をつけました(その記事では総合6位)。

⇒その時の記事はこちら。

すでに6年も前の記事ですが、今でもちゃんと販売されているロングセラーのアイロンです。私も昨年、アトリエを構えた際に、念願かなってこのアイロンを購入しました(家にはアイロンが何台もあったため)。

2.JPG

このアイロンはとにかく重いので、「自重」でしっかりとプレスできるのが素晴らしいのです。スチームとドライの両方で使えますが、おすすめは霧吹きを使って衣類にミストを吹きかけ、ドライモードでかけていくこと。

重さのこともあり、このアイロンは男性にもとても評判がいいようです。私の友人もこのアイロンを買った人が多いのですが、皆さん満足していらっしゃるようです。

3.JPG

ちなみに、二子玉川にある蔦屋家電のアイロンコーナーにも、このDBKのアイロンが置いてありました。説明がないので、クラシカルなデザイン推しでここに置いてあるようにしか見えませんでしたが、機能も優秀なんですよ。

ということで、最新の東芝のコードレスアイロン「TA−FLW900」と、ドイツ発のロングセラーのアイロンをご紹介しました。通電して試すのが難しいアイロンですが、ご参考になれば幸いです。

そうそう、東芝のアイロンは同シリーズで、TA−FLW900、TA−FLW800、TA−FLW700と出ていますが、熱が加わることで驚くほど滑りやすさが増すボロンコートや、カセットタンク内の水の清潔機能が充実しているのは、フラグシップモデル(TA−FLW900)なので、購入されるなら、価格が高くても奮発したほうが、満足度が高いと思います。





2016年12月29日

パーソナルな加湿器ならエレコムの「エクリア ミスト」がおすすめ!

IMG_5619.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

乾燥する季節になりました。今年の秋冬は、王様のブランチでの加湿器特集や、いろいろな媒体での加湿器特集の監修など、さまざまなところで加湿器についてお話しする機会が多かったのですが、私がアトリエで愛用しているのは、カドーの加湿器(部屋全体、特に打ち合わせスペース)と、デスクの上に置いているエレコムのエクリア ミストというパーソナルタイプのもの。

私は気化式の空気清浄機が苦手で、スチーム式もしくは、除菌・抗菌のしっかりしたタイプの超音波式が好きです。というのも、やはり目に見える加湿感が心にも効く…というか、リラックス感があるから。

IMG_5633.JPG

エクリアミストは、パッケージにもこんなシールが貼ってあるように、Ag+(銀)イオンを素材に練り込むことで、滅菌率が99%以上ととても安心して使えるのがポイント。タンク内のバクテリアやカビ菌などの繁殖から半永久的に守ってくれます。抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開されたSIAA登録商品になっているということですから、より安心感が高まりますね。

IMG_5617.JPG

使い方も簡単で上部のカバーを開けて、水を80CCタンク内に入れるだけ(アトリエには炊飯器の計量カップがたくさんあるので、だいたい半分まで水を入れると80CCになります)。

IMG_5618.JPG

まあ、計らなくてもタンクの半分くらいのところに水位目盛があって、そこを目安に水を入れればいいのですけれど。電源はUSB給電が可能なので、パソコンのUSBポートに挿せばOK。コンセントを探したりしなくて済むし、デスク回りがごちゃごちゃしなくていいですね。

IMG_5626.JPG

ちょっと見えづらいかもしれませんが、顔周りを中心に加湿するにはちょうどいいミストの量。超音波式の場合、この調整がうまくいかないと、周りが水で濡れてしまうことも多いのですが、そこはさすがエレコム。電子機器の近くで使っても大丈夫なように、最適化されています。

IMG_5635.JPG

しかもアロマ対応! 好きな精油をたらして加湿&アロマディフューザーとして使えます。

IMG_5632.JPG

こんなふうに水を入れた後で、精油を1〜2滴たらせばOK。

そして、画像を見てお気づきのように、7色に変化するLEDライトもついているんですよ。

IMG_5620.JPG

IMG_5621.JPG

IMG_5622.JPG

IMG_5629.JPG

一定時間ごとに変わっていく仕様のほか、好きな色で固定したり、ライトを消すこともできるので、使う時間帯や気分に応じて使い分けられます。

今、使っているのはホワイトですが、本体カラーはほかにもブルーがあって、その色合いがとても素敵なので、ホワイトを自宅用に持って帰り、ブルーをもう1台買いたそうかなと思っているところ(アトリエのアクセントカラーがブルーなので)

パーソナルな加湿器は窓の結露も防ぐのでいいですよ。そうそう、抗菌仕様ですが、使った後は残った水を捨てて、軽く水気を拭き取るなどのお手入れは忘れないでくださいね。


posted by sally at 11:08| 美容&健康家電のこと

2016年12月28日

お餅の保存にブラック・アンド・デッカーの真空パック器が便利!

PC280400.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

毎年暮れになると、岡山に住む義母から、野菜と一緒にたくさんの丸餅が届きます。私は元々、千葉県生まれなので角餅を焼いて小松菜と鶏肉を使った醤油味ベースの出汁で食べるお雑煮で育ったのですが、20歳で結婚して30年以上経ち、丸餅をゆでて作るお雑煮の方がぐんと長くなりました。

さて、このお餅。こうしてたくさん送っていただくのはありがたいのですが、困るのが保存のこと。辛子やわさびと一緒に保存容器に入れて冷蔵してみたり、小分けにして冷凍したりと、毎年様々なやり方で保存してきましたが、いくつかはカビでダメにしてしまったりということも。

それで今年は、真空パックにしてみることにしました。愛用しているブラック・アンド・デッカーの「マルチフードキーパー」と専用の袋を使うとみるみるうちにキュッと真空パックにされて楽しいのです。よく考えてみたら、サトウの切り餅など市販されているお餅も真空パックになっているんですものね。もちろん出来立てを無菌状態で真空パックにしているので、家庭でするのとは違いますが、七草や鏡割りの頃までもたせるのなら、これで十分なのではと思います。


PC280397.JPG

お餅だけでなく、私はコーヒー豆の保存や、お料理の下味をつけるときなどに活用しています。数ある中でもブラック・アンド・デッカーのマルチフードキーパーは、デザインが素敵でかさばらないのが気に入っている理由です。

今、いくらくらいで販売されているのだろうとAmazonで確認してみたら、あまりに安価でびっくりしました。この機会に調理家電の一つとして持っておかれると便利ですよ。


posted by sally at 10:42| 調理家電のこと

2016年12月27日

シャワー用軟水器「アクアソフト」のメンテナンスのことなど。

PC270387.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

昨日ご紹介したシャワー用軟水器「アクアソフト」。水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの硬度成分を取り除くことで、せっけんやシャンプーとの化学反応による悪影響を防ぎ、皮脂膜をつくってしっとりした肌や髪にしてくれる優れ物なのですが、ちょっとしたメンテナンスが必要です。

それは本体内のイオン交換樹脂が硬度成分を取り込んでいるうちに、軟水化することができなくなるから。2人家族なら約4日ごと、3人家族なら約2〜3日ごと、4人家族なら2日ごとに本体のイオン交換樹脂に取り込んだ硬度成分を洗い流すためのメンテナンス(再生)を行なう必要があります。

とはいっても、面倒なことはなくて、用意するものも、同梱されているメンテナンス用のキットと1回あたり120gの食塩、1Lの水だけです。

PC270373.JPG

わが家ではお料理には天塩など精製されていない塩を使っていますが、メンテナンスに使うのは1kg115円程度で販売されている精製塩で十分。

※ちなみに120g入りが12包入った「メンテナンス剤」という名目の別売品も販売されています。かなり細かな粒子なので溶かすのが簡単なようです。でも、精製塩のほうがずっと安価なので、あえて「メンテナンス剤」を購入する必要はないと思います。たぶん、本体を購入した人へのおまけのような意味合いで作られているのかもしれません。

PC270376.JPG


付属の目盛付きの容器の黒い線のところまで塩を入れると120gが計測できます。

PC270379.JPG

市販の2L用のペットボトルを洗って、付属の漏斗をセットすれば、塩をこぼすことなくペットボトルに入れられて便利です。このあたり、とてもよく考えられているなと感心しました(後ろに写っているのは、黒ラブ・大和です)

PC270381.JPG

ペットボトルの半分強の水を入れたら、捨てずに取っておいたふたを閉めて思い切りふって塩を溶かします。

はい、これで準備完了。さて、浴室に向かいましょう。

PC270384.JPG

本体手前部分のカバーを外しましょう。

PC270388.JPG

上と下の2か所にキャップがついているので、これを外します。

PC270392.JPG

上から先ほど作った食塩水を注ぎます。すぐに下から水が出てきますが、一気に1Lは入らないので、3回程度に分けていれるのがポイント。だいたい3分くらいで、下から出てくる水が止まるので、そうしたら、再びキャップを閉めます。

PC270394.JPG

家族の人数にも寄りますが2〜4日に1度のメンテナンスが必要という点をどう感じられるかは、軟水の良さを実感できるかどうかによるかもしれませんね。1回に使う塩の値段は13円程度なので、たいしたことはないですし、少しとろみのある水が普通の水に変わってしまうと何だかとても残念な気がして、「あ、メンテナンスしないと!」という気持ちになります。

普通の石けんやボディソープ、シャンプーを使っている人はもちろんですが、肌が弱かったり自然環境に配慮したものを・・・と自然派の純石けんを使っている方には特におすすめしたいと思いました。というのも、泡立ちがとてもいいから。

IMG_5595.JPG

それと、昨日の記事でも少しお話ししたように、浴槽や洗面器、鏡などに白いせっけんカスの汚れがつきにくいのも大きな利点だと思います。白っぽい汚れがつきにくくなるだけでなく、このせっけんカスを栄養にして繁殖するカビを防ぐことにもなるのですから、うれしいですよね。

最後に、この「アクアソフト」を作っているハウステックというメーカーについて少しご紹介しますね。ヤマダ電機グループに属していて、キッチン、ガス給湯器、浴室、浄化槽などを製造・販売している総合メーカーで、BtoBがこれまで主体でした。軟水機も、住宅設備の1つとして浴室もしくは住宅全体に設置するなどの取り組みを長年続けてきたそうです。

今月発売されたばかりのシャワー用軟水器「アクアソフト」は、初めての家庭用として開発されたもの。購入した人が自分で設置でき、価格を抑えてどんな人にも使ってもらえるようにと考えてデザインなども女性の意見を取り入れて作ったのだとか。

ということで、販路がヤマダ電機の店頭もしくはウェブサイトに限られるのですが、気になった方は店頭でチェックしてみてはと思います。

週末の折り込みチラシをチェックしてみたら、目立つところにアクアソフトが掲載されていました。ずいぶん力が入っているのですね。


IMG_5573.JPG




posted by sally at 11:09| 美容&健康家電のこと

2016年12月26日

ツルツルになってびっくり! 肌と髪のために使いたいシャワー用軟水器「アクアソフト」

IMG_5571.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

今日、ご紹介する「aqua soft(アクアソフト)」は通電して使うものではないので、家電製品ではないのですが、取り扱いがヤマダ電機だけということ、私が多く発信している美容家電と同じような美容健康機器ということで、ぜひ詳細をお知らせしたく思います。

この「アクアソフト」は浴室の水栓に接続すると、シャワー使用時にシャワーヘッドから硬度0の超軟水が出てくるというもの。実はその製品の取材をするまでは、日本の水はヨーロッパと違って元々軟水なのだから、そんなに軟水にこだわることはないのでは?と思っていました。でも、実際のところ、日本の水も高度にずいぶん差があって、福岡や神奈川、東京都は比較的やわらかく、沖縄や千葉県は硬度が高めなのですね。日本の平均硬度は60で、ニューヨークよりも高いと聞いて少し驚きました。

硬度0の超軟水をシャワー時に使うと何がいいのか。通常、石けんやシャンプーに含まれる脂肪酸イオンと、水の中の硬度成分(Ca2+,Mg2+)とが結びついて石けんカスとなり、肌や水周りに付着してしまい、これが肌を傷める原因となり、肌の水分が過度に蒸発してつっぱり感やかゆみを感じる原因にもなるのですね。つまり、汚れだけでなく、肌のバリアまでを取り、洗剤カスを残すということが起きていたわけです。

ところが超軟水と石けんやシャンプーを組み合わせて使うと、石けんカスが発生せず、肌の皮脂膜が形成されやすくなるために、シャワーで流した後はツルツル、しっとりとした洗い上がりになるというのです。

私も使ってみるまでは半信半疑だったのですが、もうね、一回使っただけで肌の感じが違うので「こういうことだったのね!」と納得しました。

IMG_5590.JPG

本体のほかに、こんな部品が同梱されています。

IMG_5591.JPG

接続ホースが2本のほか、簡易レンチや水栓に合わせて選べる接続アダブター(4種類)が入っていて、女性でも簡単に取り付けられますよ…とちうことでしたが、私自身、レンチなんて使うのは初めてのこと。自宅の浴室の水栓がどこの会社のものなのかさえ、知らなかったくらいですから、ドキドキしましたが、取扱説明書を見ながら20分くらいでちゃんと取り付けられました。

それが冒頭の画像です。

丸味のあるデザインと、シャンパンゴールドのカラー、浴室に置いても邪魔にならないサイズで違和感なく置けます。

私はP.G.C.D.(ページェーセーデー)というメーカーの洗顔石けんを10年以上愛用しているのですが、この超軟水で使うと肌のしっとり感が、さらに上がってお風呂から出た後にびようえきをつけるのを忘れてしまうくらい。シャンプーも、同じメーカーのノンシリコンタイプの固形石けんを使っているのですが、いつも毛先にちょっぴりつけているトリートメントも不要になりました。

そして! 石けんカスが出ないため、浴室の鏡や浴槽の外側、お風呂用の椅子や洗面器などが汚れなくなったのです。白く曇るのは、みんな石けんカスのせいだったのですね。しかも、この石けんカスはカビの餌にもなるため、最後に浴室を軟水シャワーで流しておくと、カビの繁殖も防げるというわけ。ということで、これは、本当におすすめです。肌の弱い方にもいいのではと思います。

本体のメンテナンスのことなどは、次の記事にてご紹介しますね。

★ヤマダ電機のWEBサイトはこちらです。


posted by sally at 12:22| 美容&健康家電のこと