2017年11月27日

【家電Watch】「そこが知りたい家電の新技術」に東芝 IHジャー炊飯器の記事を掲載いたしました

こんにちは。
アシスタントの森尾雪です。

本日、家電Watchにサリーさんの記事が掲載されましたのでお知らせいたします。
サリーさん自ら、新潟県加茂市にある東芝ホームテクノの工場にお伺いし、取材しております。

では、その1部をご紹介させていただきます。

toshiba_suihanki1.jpg

新発売のIHジャー炊飯器は外形が26%もコンパクトに! (記事では、前年の機種を横に置いて比較した画像も載ってます)
なんと、コンパクトにするために設計を見直したことで火力がアップし、炊き上がりがよりしゃっきりするようになったそうです。
つまり、もちもちからしゃっきりまで、炊き上がりの幅が広がり、さまざまなお好みに合ったごはんが炊けるということですね。

内釜の形状も、おいしさをさらに引き出すために、炊飯時により大きな対流が生まれる形へと変化しています。

また、東芝が10年以上にわたってこだわる真空ひたし技術。
お米の甘みを引き出すには、炊く前に芯までしっかり吸水させることが重要で、それによって内部に熱を伝えることができるそうです。
記事の中では、そのひたしの技術をカットした大根を使って可視化していたりするのがとても興味深いです。

そのほかにも、最近ニーズが高まってきている玄米と白米を混ぜて炊くときのための「白米混合コース」が登場しています。

toshiba_suihanki2.jpg

「玄米だけを炊くと風味や食感がちょっと苦手なので、白米を混ぜて炊く」という方もきっと多いはず。
ですが、玄米と白米ではひたし時間が違うため、玄米に合わせたひたし時間にすると白米が柔らくなってしまうそうなんです。
そこで、ひたしと炊飯時の圧力コントロールによって、玄米を白米を別々に炊いて混ぜたような食味に近づけたそうです。

サリーさんも「なっとく」のお味については下記のリンクから、記事をご参照くださいね。
おいしく炊ける技術についてもインタビューを交えて深く堀り下げています。


posted by sally at 16:46| 家電Watchの執筆記事

2017年11月26日

【朝日新聞土曜版別冊「be」】第5回「かしこく選ぶ」掃除機編の最終回です。

こんにちは。
アシスタントの森尾です。

be_1118.jpg

11月18日版の朝日新聞土曜版「be」『かしこく選ぶ』のコーナーは掃除機編シリーズ最終回です。

「用途に合わせ掃除機を使い分けるのが最近のトレンド」と話すサリーさん。
大掃除では、車、網戸や窓ガラス、浴室などのガンコな汚れをどうにかしたいものですよね。

be_1118honbun.jpg

そこでおすすめなのが、高圧洗浄機やミットタイプのスチームクリーナー。
近ごろのものは小型で高性能、しかも音も静かにできているので集合住宅のベランダでも使えたりするそうです。

また、コーヒーや食べこぼしなどで、カーペットを汚してしまったときにおすすめな水の噴射と吸引を同時に行うあの掃除具、充電式の窓用バキュームクリーナー等もご紹介しています。

もうすぐ年末なので、大掃除が気になる方もいらっしゃるのではないかと思います。


いずれも、力を入れず時間を掛けなくても業者さんに依頼したようなピカピカの仕上がりになるそうなので、ぜひぜひ記事をお読みいただければと思います。



2017年11月25日

【朝日新聞土曜版別冊「be」】「かしこく選ぶ」に登場しました(掃除機編 第4回)

こんにちは。
アシスタントの森尾です。

cleaner4.jpg

すでにおなじみのことと思いますが、11月11日版の朝日新聞土曜版「be」『かしこく選ぶ』のコーナーは掃除機編の第4回目です。

今回のサリーさんは、手軽にさっと使えるスティック型についてお話ししています。
今や、「2台目というより、メインで使っている方も多い」そうで、モーターも吸引力も進化しています。

長年、スウェーデンのエレクトロラックスやイギリスのダイソンがけん引してきたこの市場ですが、ここ数年、国内メーカーも開発に力を入れて、かなりの進化をしています。

スティック式は、気軽に頻繁に掃除機を使いたい人におすすめだそうです。

かくいう私も家ではスティック式を使用しています。
料理中に粉ものをまいてしまった時、ドライヤーをした後の洗面所など、狭い範囲をちょっと掃除したいときに特に重宝しますよ。

詳しくは、↓の記事をお読みいただけたら幸いです。




2017年11月24日

【朝日新聞土曜版別冊「be」】「かしこく選ぶ」に登場しました(掃除機編 第3回)

cleaner3.jpg

こんにちは。
アシスタントの森尾雪です。

先日からお伝えしております朝日新聞土曜版「be」『かしこく選ぶ』のコーナー、11月4日版は掃除機編の第3回目です。

ここでは、コードレス掃除機の進化系タイプとして、コードレスキャニスター式をご紹介しています。

今やスティック式の主流は、充電式のコードレスタイプで手軽にサッと使えるところがメリットです。
それに対して、キャニスター式はコンセントの抜き差しの手間や移動時のコードが邪魔になったりするデメリットが挙げられていました。

そこで登場したのが、シャープ「コードレスキャニスター EC-AS700-N」。
軽量で、使用時の体の負担が少ないし、バッテリーを2つ使うことで約60分の連続運転ができるといいます。
また、同時に、紙パック式のタイプも発売されています。
紙パック式の「うふふポイント」については、掃除機編の第2回でお話ししていますので、そちらも合わせてお読みいただけたらと思います。

次に東芝「VC-NXS1」をご紹介。
こちらは大きな車輪を搭載した独特のボディが特徴的です。
ボディが裏でも表でも進むので、進行方向を逆転させても本体がくるっと反転して、すんなり前進してくれます。
狭い場所での方向転換も楽でよいですね。

こちらはサリーさんのアトリエにあり、私も使用しました。

本体が軽く、大きな車輪ですいすいお掃除できました。
豊富なアタッチメントも魅力です。

掃除を終えてダストステーションに戻すと、なんと、自動でフィルターのチリを落とし、そして掃除機本体からダストステーションのカップの中にゴミを移動させてくれるのです。
ゴミ捨てがとっても楽チンで素敵ですね。


他にもたくさんの「うふふポイント」が詰まったサリーさんの記事をお読みいただけたらと思います。




2017年11月23日

【pen連載コラム】10月15日号は「コーヒー好きだからこそ選ぶグラインダー」です

pen_1015.jpg

こんにちは。
サリーさんのアシスタント森尾雪です。

私は、サリーさんと出会ってからコーヒーにこだわりを持つようになり、「いかにおいしいコーヒーを家で飲むか」という考えに至るようになりました。
スーパーでコーヒー粉を買っていた私が、コーヒー豆の専門店で買うようになったり、挽き方や入れ方を気にしてみたりといった風に、サリーさんから多大なる影響を受けたものです。

何が言いたいかというと、とにかくサリーさんのコーヒー愛はすごい! のです。

pen_1015_honbun.jpg


そんなサリーさんが「pen」の白モノ家電コンシェルジュのコーナーで取り上げたのが、デロンギ デディカKG521J-M〈コーヒーグラインダー〉。

最近では、コーヒーメーカー、エスプレッソマシン、コーヒー豆のロースター等の登場により、コーヒーに関する家電製品がにぎわいを見せておりますが、コーヒーグラインダー(コーヒーミル)も急成長をしているとのことです。

中でも今回ご紹介のこの商品は、見た目のカッコよさや粒度の調節の多さだけでなく、なんと2.1インチ液晶ディスプレイ搭載と使いやすさにも配慮されている点が魅力的……他にも「うふふ」なポイントはたくさんあるのですが、詳しい内容は「pen」10/15号をお読みいただけたらと思います。