2016年12月17日

【メルマガ第79号発行】「今年、AllAboutの家電アワードの審査員を降りた理由」

IMG_1435.JPG

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

2014年10月から岡安学さん、一条真人さんと3人で始めたメルマガが3年目に突入し、通産79号になりました。はじめは、2年間限定で続けてみようということでしたが、毎月7日、17日、27日の3回、落とすことなく毎回3人とも執筆し、書き続けたことは財産になっているし、いいリズムにもなっているということで、まだまだ続きます。

今日発行された79号の私のコラム「本日も家電日和。#079」のタイトルは、「今年、AllAboutの家電アワードの審査員を降りた理由」です。

今回、とても深い思いがあって書きましたので、冒頭の一部を公開しますね。

----
本日も家電日和。#079

「今年、AllAboutの家電ワードの審査員を降りた理由」

◇12月某日(晴れ)

師走に入り、今年もさまざまなメディアで「家電大賞2016」「家電アワード2016」のような企画が催されて、その審査結果が発表されています。私は元々、家電というのはその人の暮らしの中に寄り添うものなので、「その人のためのベストバイ」はあっても、業界全体を指して「今年のベストバイ」的なものはあるはずがないと思っています。

ただ、家電製品そのものの技術開発の進化や着眼点のよさ、ストーリー性があるかどうかなど、たとえ自分自身には不要なものであっても、「よくがんばりましたね」「特筆すべき価値のある製品ですね」という評価のために、アワードを設けるのは間違っていないとは思います。生活者たちもそれを読んだり、話題にしたりするのは興味深いことでしょうし、メーカー側にとっても励みになることでしょう。

なので、この10年間、それなりに取材を重ねて見識を深め、執筆だけでなくテレビやラジオなどにも出演させていただいたり、日経その他で評価委員を務める私も出来る限り、アワードの審査員として関わることをよしとしてきました。

そうした中で、今年、AllAboutの家電アワードの審査員を降りたのは、どうしても納得のいかないもやもやしたものがあったからです。AllAboutで家電ガイドの中に名を連ねるようになってから、4〜5年経っていると思いますが、じっくりと書き込むような記事を掲載する媒体ではないということもあり、記事をあまり書いていません。

それでもAllAboutで家電アワードが始まった初年度から審査員の1人として名を連ね、2015年(昨年)までは真摯に審査員として関わってきました。当初は家電以外のガイドさんも含めて、各部門において投票してコメントし、総合得点で判断して順位付けをするという形でした。その代わり、家電のプロである家電ガイドたちの持ち点は、他の人たちよりも多く、比重が大きいというもの。

その後、毎年審査方法を模索しながら変遷があったわけですが、昨年はガイド1人1人が『自分にとっての大賞(1位、2位、3位)』を選出し、それがそのまま記事になって掲載されるという形に大きく変わりました。つまり、「○○さんという家電ガイドが一番いいと言って評価してくれている洗濯機がこれ」というように「人と家電」が紐づけられて発表されるわけですね。

いったん提出した後で、ガイドたちが集まって、話し合いの場を持ち、大賞を決めるなり、部門賞を決めるなりという形であれば、まだ納得がいくのですが、ぽーんと投げ出されるように「誰が何を1位に推したか」が発表されてしまうのには疑問が残りました。

それでもその時点では、もやもやしたものの、来年は絶対に引き受けるのをやめようとまでは思わなかったのですが、それからの一連の出来事が決定的に拒否反応を起こしてしまったのです。

それは…

--------

続きは、メルマガにてお読みくださいませね。
登録した月の分は、バックナンバーもお読みになれますし、初月は無料です。


今、バックナンバーの電子書籍化も考えていますので、決まったら詳細をお知らせいたしますね。バックナンバーを10号分ずつ分冊して発行することになると思います。どうぞよろしくお願いいたします。




2016年12月07日

【テレビ出演のお知らせ】明朝 12/8(木)日本テレビ「スッキリ!!」に出演します

sukkiri.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

明日の朝、日本テレビ「スッキリ!!」に出演いたします。スタジオにはお伺いしませんが、番組のアナウンサー岩本乃蒼さん、木曜日のコメンテーターを務める松嶋尚美さんと一緒に、新宿のビックロでロケをしてきた様子が放送されます。紹介する家電製品のインサート撮影も広尾にある私のアトリエで行ないました。

とても楽しくお店を回りましたが、はたしてどんなふうに編集されているでしょうか。スタジオの皆さんの反応はいかに!?

家電のプロ&主婦の代表ということで、店頭でのロケもエプロン姿で行なっています。ご覧になれる方はチェックしてみてくださいませね。



matsushima_naomi.jpg

2016年12月04日

【ラジオ出演のお知らせ】本日(12/4)朝10時〜MBSラジオ「茶屋町ヤマヒロ会議」に出演します!

yamahiro.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

本日、まもなく放送が始まる、MBSラジオ「茶屋町ヤマヒロ会議」に出演いたします。タイトルは『最新家電会議2016』。

ヤマヒロさん(山本浩之さん)、お量さん(山本量子さん)のお二人のほか、岡Pさん、作家のワニさんなど、いつもお会いする方々とのトークはとても楽しく、幅広い家電をご紹介してきました(※すでに収録済みです)

radiko.jpでも聴けますので、お聴きになってくださいませね!





2016年12月01日

デロンギのマルチダイナミックヒーターWi-Fiモデルが快適で便利!

1.jpg
こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

寝室兼書斎では長年、デロンギのオイルヒーターを愛用してきましたが、一昨年の冬から、オイルヒーターの進化版ともいえる「マルチダイナミックヒーター」に切り替えています。

オイルヒーターのいいところは、エアコンのように風を吹き出さずに輻射熱で暖め、石油ファンヒーターのように燃焼系でもないため、「空気を汚さない(=換気の必要がない)、ホコリが舞い上がらない、空気が乾燥しない、音が静か、比較的低めの温度なので触ってもすぐに火傷をする心配がない」など。ただし、暖まるのに時間がかかったり、使い方によっては電気代がかかったりという弱点もあります。なるべくドアの開閉をしないで、コンパクトな空間で長時間使うのに向いているのですね。

そんなオイルヒーターの弱点を限りなく克服し、使い勝手をよくしたのが「マルチダイナミックヒーター」なのです。速暖性が高まったうえに、0.5度刻みで温度制御ができるなど、一度使うと手放せない感じです。

2.jpg


15歳と5か月になる長老の黒ラブ・大和が夜は同じ部屋で寝ているので、寒がりの大和のためにもマルチダイナミックヒーターは必需品なのです。

そのマルチダイナミックヒーターがさらに進化して、Apple TVを使うことでWi-FiでiOS端末(iPhone、iPad、iPod touch)でのリモート操作が可能になりました。

IMG_5145.jpg

専用のアプリをダウンロードすると、電源のオンオフやモード設定、温度設定などが簡単にできます。リビングにいる間に、寝室を暖めておきたいというときにも、手元のiPhoneで操作できるので便利です。初代モデルのマルチダイナミックヒーターではタイマー設定などが少々面倒でしたが、iPhoneを使えるようになって格段に使いやすくなりました。

appleのホームアプリとも連動していて、室温の確認や、ヒーターの動作状況をチェックすることができたりします。

IMG_5146.jpg
※クリックすると画像がおおきくなります

私はそこまでの必要性を感じていませんが、地図アプリと連携させることで、自宅の近くに帰ってくると自動で電源オンになる…というようなことまでできてしまいます。

IMG_5354.jpg

私はホームアプリで「ベッドルームにデロンギのヒーターを置いている」と設定してあるので、こんなふうに確認できます。

で、さらにおもしろいのは、siriと連携しているので、音声での操作も可能なんです。

IMG_5355.jpg IMG_5356.jpg

このことに気がついたときには、本当に「やったー!」と思ってしまいました。

少しずつIoTが日常に浸透していくのだなと感慨深い感じです。

Wi-Fi対応のものでなくとも、寝室や年配の方のお部屋、赤ちゃんが過ごす部屋などでは、マルチダイナミックヒーターおすすめです。ちょっと高いですが、それだけの価値があるなと思います。


2016年11月30日

電子雑誌「デジモノステーション2017年1月号」〜年末までに買って間違いない自慢の家電ランキング

kaden.jpg

こんにちは。家電コンシェルジュのSallyこと、神原サリーです。

電子雑誌「デジモノステーション2017年1月号」の巻頭企画、「自慢の家電ランキング」に登場しています。家電のプロ15人のうち、紙面ではトリを務めております。

以下、ディレクターの滝田勝紀さんからのコメントを掲載しますね。

------
<特集>
家電のプロ15人が
ガチで使っているモノだけ見せびらかします

年末までに買って間違いない
自慢の家電ランキング

近年、魅力的なシロモノ家電が続々と登場しています。でも、その数が多すぎて、実際どれを買ったらいいか、どの家電が自分に合うのかって分からないですよね? 今回本誌ではそんな皆様の悩みにお答えするために考えました。

現在それらに最も詳しいのは誰でしょう? 日々家電製品の取材を行い、検証しているこちらの15人の家電のプロたちです。今回は彼ら/彼女たちが、日々実際に使っている家電品を公開してもらい、どうしてその家電を使い続けているのか? その魅力をメーカーの顔色を伺うことなくランキング形式で語ってもらいました。

題して『自慢の家電ランキング』! 年齢性別編集部をまたいで、さまざまな家電のプロたちが使い続けているということは、それは買って間違いのないもの。これぞどこよりも正直な“真の買って間違いない家電カタログ”です!

〜15人の家電のプロたち〜

家電コーディネーター
戸井田園子さん

アスキー家電部
盛田 諒さん

ライター・家電プロレビュアー
石井和美さん

IT&家電ジャーナリスト
安蔵靖志さん

女優・タレント(元SDN48)・家電アドバイザー
奈津子さん

家電王
中村 剛さん

家電ライター
倉本 春さん

ドヤ家電老師
小口 覺さん

白物家電ライター
田中真紀子さん

カデンプラス主幹
近藤克己さん

価格.comマガジン編集部
高橋美幸さん

デジタル&家電ライター
コヤマタカヒロさん

家電Watch編集部
西村夢音さん

本誌ディレクター
滝田勝紀

家電コンシェルジュ
神原サリーさん

---------
私が自慢した家電5つはさて何でしょう?

お読みになりたい方は、下記からぜひ!
d'マガジンで読めます。

発売から4日目でdマガ男性weeklyで自慢の家電ランキング特集が1位(総合で3位)になったそうですよ。